ムラムラじゃない!?朝勃ちの理由!男の仕組み・対応のコツ!

asadachi-riyuu

朝起きて隣にいる彼のアソコが硬くなってたら、ちょっとエッチな気分になっちゃいますよね。触りたくなったりイタズラしたくなったり…でもちょっと待って。実はその瞬間、彼はムラムラしてないんです!

いきなり襲ったら大ヤケドしてしまうかも!?じゃあどう対応すればいいんでしょうか?今日は男が朝勃ちする理由・彼が喜ぶ接し方をご紹介します!

「朝勃ち」の意外な事実!

1.実は生理現象だった!

男性が朝から勃起している理由…それはなんと、生理現象だったんです。いわゆる朝勃ちの正式な名前は「夜間陰茎勃起現象」。実は夜中寝ている間にも何回か勃起しては萎え…を繰り返していたんですね。

ペニスが硬くなる理由はご存知ですか?性的な興奮・生理現象によって血液がペニスの中の陰茎海綿体に流れ込むことで硬さが出てきます。そしてその勃起力・持続力を助けているのがPC筋(恥骨尾骨筋)。朝勃ちはこの筋肉を維持するために起こっていたんです!

ペニスをいつでも使える状態に保つには、この筋肉を定期的に使う事が大切。それで男性の体は一晩に4~5回くる浅い眠り=「レム睡眠」の度に勃起して、生殖機能が衰えないようにするためにプログラムされているんですね。

人間が目を覚ますのは脳が働いているレム睡眠の時。だからペニスのメンテナンスと重なって勃起している事が多いんです。エッチな夢を見たからって理由じゃなかったんですね(笑)

2.おしっこ・放置で治まる

「朝立ちや、小便までの命かな」という川柳があります。江戸時代に作られたとされている一句ですね。この川柳でも言われている通り、トイレに行っておしっこをすれば自然に治まるものなんです。

だから朝勃ちの理由として「夜中の間に膀胱におしっこが溜まったせい」と考える人もいるんですね。でも日中に尿意を我慢しても勃起し始める事はありません。この事からも、起きる直前のレム睡眠が理由で勃起が起こっている…と考えられるワケです。

ちなみに性的に興奮した時の勃起もそうですが、朝勃ちも放っておけば勝手に治まります。この後、男性が実際はどんな風に処理する事が多いのかをお話ししていきます。これがわかれば朝一緒に目覚めた時の対応のコツもわかりますよ!

3.放置派が多数!

男性は朝の勃起をどんな風に処理する事が多いんでしょうか?先ほどもお話ししたように、朝勃ちの理由は生理現象。起きて確認した時はムラムラしていません。(ただし、たまたまエッチな夢を見ていて、起きた後もそれを覚えているとムラムラしているそうです)

ここからの対応の仕方は年齢=性欲によって傾向がある程度決まっています。特に若い10代などは「勃っているならする」という選択がメイン。性欲が有り余ってる理由からですね。朝勃ちからオナニーする事も珍しくありません。

そして20代後半~30代にもなると、「治まるまで放っておくorおしっこをして萎えて終了」というところ。性欲も落ち着いてだいぶドライです。気持ちや時間に余裕があれば朝からする事もある…というくらいですね。

ムラムラしてないけど「せっかく勃ってるんだし…」とは思うそうですよ。さて、こんな前提を知ったところで引き続き彼を喜ばせる彼女の対応をご紹介していきますよ!

 「この子わかってる!」と彼を喜ばせる対応

1.フェラor挿入直前で起こす

意外や意外。なんと男性のほとんどが「目が覚めたらINしてた」「朝勃ちをフェラされて起こされる」「目が覚めてフワフワしている時に、入れるね?って言われて騎乗位で…」なんてシチュエーションに憧れているんです…!

でも朝勃ちの理由は生理現象。ムラムラしてないのに何で?って感じですよね。この心理の一番の理由は「せっかく勃ってるんだし」+「彼女もいる事だし」というもの。

そんなある意味で準備万端なところに、彼女が自分から跨って求めてくる。興奮せずにはいられないシチュエーションの完成ですね。どういうワケか、女性が跨ってきてそのまま騎乗位で…という流れに異常に興奮するようですよ。

「入っちゃった…なんて言われたらヤバイ!」そうですので、いつかお泊りの翌日に決行してみたいですね(笑)。ただし、忘れるとすれ違いになりかねない落とし穴も…。3番で詳しくご説明するのでお見逃しなく!

2.くっついてイチャイチャ→エッチ

目が覚めた直後こそ生理現象という理由で朝勃ちしている男性ですが、彼女に触られたり体を触ったりしているうちに高確率でエロスイッチが入るそうです。「朝からセックス」というシチュエーションにも興奮するんでしょうね。

好きな女性が隣にいれば触りたくなるのは当たり前。「ちょうどコイツも勃ってるし…」なんて考えているうちに、だんだんスイッチが入ってきてムラムラ。するとペニスもどんどん大きくなってくる…ここまで来たら、もうしたいことは一つですね。

ちなみに、強い性欲をもたらす男性ホルモンの代表“テストステロン”の分泌が最も多いのが起きてすぐの時間帯。しかも男女共に、です。しっかり休んで体力も回復しているこのタイミングなら、思いがけず濃厚で大興奮♡なエッチが期待できるかもしれません…!

3.彼の体調・予定次第ではそっとしておく

彼女に朝から襲われて喜ぶ男性が多いのは確かです。が、乗り上げる前に彼の状況を思い出すことを忘れずに!例えば一週間の疲れが溜まっていそうな時や、寝不足から睡眠を優先したそうな時はそっとしておくのが◎です。

また、その日の予定次第ではエッチな事をしている時間がないかもしれません。朝勃ちがさらに大きくなってムラムラもしてるのに、時間がない…中途半端に終わったらお互いモヤモヤしますよね。

朝勃ちの理由を知ったうえで、その場の雰囲気を読んで臨機応変に行動する。コレが大人の女性の正しい対応の仕方です。



おわりに

いかがでしたか?朝勃ちする理由はただの生理現象ですが、上手に対応すれば彼との仲をもっと深める事ができます。メカニズム・男の憧れもわかったことですし、次のチャンスに生かしてみてくださいね!

Pocket