彼氏が「コンドームするといけない」?装着してイクためのコツ5つ!

condom-ikenai

「彼氏がコンドームするといけない」という状況は意外と珍しくありません。絶対に避妊が必要なのに困りますよね。

という事で、今日は装着したままいけるようになるコツを5つご紹介します。もしかしたら原因は知識不足から来ているかもしれませんよ。

1.サイズを確認する

コンドームにもサイズがある事はご存知でしょうか?メーカーによって呼び方や数ミリの違いはありますが、S~XLまで選べるようになっています。彼氏がゴムをつけるといけないという場合、もしかしたらサイズが合っていないのかもしれませんよ。

コンドームが実際のサイズよりも小さければ、キツイので締め付け感や痛みを感じます。そんな状態ではいくどころかセックスに集中できない事も…。

逆に大きいサイズを付けていた場合はフィット感が弱まるので、こちらもいきにくい原因になります。また摩擦しているうちに途中で外れてしまう危険も…。

ジャストサイズを選ぶ事ですぐにいけない問題を解決できるかもしれませんよ。勃起時の太さをメジャーで測って、ぴったりのサイズを選ぶようにしましょう。

2.ゴムを付けていく練習をしてもらう

コンドームをした状態に慣れていない男性の場合、ゴムの違和感のせいでいけないという事もあります。かと言って避妊しないわけにはいかないので、ゴムをつけた状態でいけるようにオナニーで訓練してもらってはいかがでしょうか?

彼に練習してもらう時の注意点は二つ。一つ目は手で強く握ったり擦ったりしない事。膣圧よりも強い力でいく事に慣れてしまうと本番でますますいけなくなってしまいます。

二つ目は床や壁に擦り付けたり物を使ったり…という特殊なオナニーをしない事。変な癖がつくとその刺激でしかいけない体になってしまいます。

あくまで普通のオナニーの範囲でコンドームに慣れてもらう。これを守れば試してみる価値はあるはずですよ。



3.ゴムが薄い商品を選ぶ

コンドームにも色々な種類がありますよね。今使っているゴムに厚みがあるという事はありませんか?もしかしたらそのせいで感覚が伝わりにくく、彼氏がいけないのかもしれません。

メーカーによってはゴムの薄さにこだわった商品を出しているので、そちらを試してみてはいかがでしょうか。感じ方に個人差はありますが「より温度が伝わりやすく、感覚がリアル」と選ぶ人も多いようですよ。

一つあたりのお値段が若干上がってしまうかもしれませんが、背に腹は変えられません。いけない事にお悩みなら、一度試してみる価値はあるのではないでしょうか。

ちなみに「薄いから破れそうで不安」と二枚重ねにすると、余計外れやすくなってしまうので注意。避妊失敗を防ぐためにも必ず正しい付け方を守ってくださいね。また、扱う時に袋の切れ端や爪が引っかからないように十分気をつけましょう。

4.潤滑剤を使っていないコンドームを選ぶ

少しでも性交痛を少なくするためにあらかじめ膣に触れる側に潤滑剤が塗ってある商品があります。普段使っている物は当てはまりませんか?もしかしたら、そのせいで摩擦が足りなくなっていけないのかもしれません。

ぬめりが多いと動きがスムーズになる反面、滑らかすぎて刺激が足りなくなる事もあるんです。ちなみに、あなたが濡れやすく膣が潤いすぎている場合にも同じ現象が起こります。

もしローションなど滑りを良くする物を使っているなら使用をやめて、コンドームも潤滑剤なしの種類を選んでみてはいかがでしょうか?摩擦抵抗が上がれば気持ち良さは増すはずですよ。

5.膣トレする

彼がコンドームするといけない理由は刺激が足りないからかもしれません。ゴムを被せれば当然感覚が鈍くなりますよね。そのせいでいくための刺激が足りなくなっている可能性もあります。

この場合、考えられる原因は彼氏が小さいかあなたの膣が緩いか。というのも、ある程度の摩擦があれば普通はいけるからです。ペニスと膣のサイズの問題で体の相性が悪くなるのはよくある事。

残念ながら彼氏が小さい問題は改善しにくいのが現実。いけない悩みを解決するために残された道は膣トレになります。通勤中、家事の最中、とにかくアソコ周辺やお尻の穴に力を入れたり緩めたり…を繰り返す事を意識してみましょう。

また、仰向けになって膝を立てた状態で胸、おへそ、膝が一直線になるようにお尻を上げる筋トレも効果的ですよ。膣の締まりが良くなればフィット感は上がります。気持ちいいセックスで彼氏をいかせるためにも、毎日少しずつ続けてみてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?避妊方法にはピルという道もありますが、ピルでは性感染症予防はできません。お互いの体を守るためにも、セックスではコンドームをつけるのがベストです。

もしピルのみで避妊する道を選ぶ場合は、事前に二人ともが専門機関で性病検査をし、その後も定期健診を受けるなどの対策を取りましょう。

Pocket