一発チェック!男の「抱きたいサイン!」誘ってる時の特徴6つ!

dakitai-sign

男性の心ならぬアソコが盛り上がる空気に気付く自信はありますか?気になる彼からの気持ちを見逃したくない時、はたまた興味ない男性のアピールを避けたい時…男の抱きたいサインを知っておくと便利ですよ!

今日は「したい!」という下心があるからこそ態度に表れるサインをご紹介します!

1.スキンシップしてくる

まずは体に触れようとする…付き合っていてもいなくても当てはまる、男性の抱きたいサインです。理由は「とにかく触りたくなる」という衝動的なものから「嫌がってるかOKか判断しやすい」「(女性が)流されやすくなるから」といった打算的なものまで。

すでに彼氏の場合は後ろから抱き着いてきたり、胸を触ってきたり、指で辿るようなエッチな触り方をしてきたり…と甘えてくるのが特徴です。

そして付き合っていない男性の場合は、まずは二人きりになりたがるところからスタートします。その方がいい雰囲気を作りやすいからです。また、“(男女ともに)興奮しやすくなる”という事を本能で知っているので暗い場所をチョイスする傾向があります。

その後は髪を触ってきたり、肩や腰を抱いてきたり、手や腕をスリスリしてきたり…大胆な男性は頬を触ってきたりもしますね。まずは距離を詰めてとにかく触ってくる。これを感じたら抱きたいサインだと思いましょう。

2.キス→ディープキスをしてくる

男女間においてキスは一瞬でいい雰囲気を作ることができる“最強の切り札”です。もし彼が長めのキス・離しては繰り返し押し付ける…というキスをしてくるなら、それは抱きたいサインなんですね。

そのまま許していれば必ずディープキスになって、彼の手はアナタの体を辿り始めるでしょう。この頃にはもう勃起している事も多く、男性が「いける」と判断し始める頃でもあります。

男性にとってのディープキスって、“キスの延長”というよりはもう“セックスの直前”のイメージなんです。モロ抱きたい!のサインなんですね。

だからエッチする気がない時はディープキスの前に拒否するのが正解。キスが深くなる予感があったら、舌を入れられる前に顔を離しましょう。



3.至近距離で目を見つめてくる

「あれ?ちょっと近い…?」と感じるくらいの距離で男性がじっと目を見つめてきたら、それはキスしたいの空気。そして本人も気付いていない可能性がありますが、抱きたいのサインでもあります。3秒以上見つめてきたら確実ですね。

男性は好きな女性に対してや深い関係になりたい時に相手をじっと見つめます。もっと深い時間を共有したい、と目で訴えているんです。これは感情が昂っていれば昂っているほど、真剣で熱のこもった視線になります。

実際、男女が4秒以上目を合わせ続けると性的な興奮が起こるとも言われているので、男性の本能的な抱きたいサインなのかもしれませんね。

4.暗い場所・二人だけの空間に行きたがる

付き合ってない男性がデートの終盤に暗い場所・二人だけの空間に行きたがったら、それは抱きたいサインの前触れと考えましょう。抱けるかどうか判断するため、またはこれから誘うためにまずはそういう場所に行くんです。

なんとなく想像がつくかもしれませんが、暗い場所に行くと不思議とそれだけでアダルトなムードになるんですよね。実際、男女が一緒に暗い場所にいると本能的に性的な興奮が起こると言われています。

そして周りが暗いと気が大きくなって大胆になる傾向もあります。だから女性も流されやすくなっちゃうんですね。男性はこういう事も知っていて誘導してくるワケです。

また、二人だけの空間に行けばもっと簡単。あの手この手で距離を詰めていい雰囲気を作れます。男性が自分のペースに誘い込みやすくなるんですね。

つまり、その気が全くないなら少なくとも二人きりの空間は避けるが吉。ペースに飲まれてキスくらいは奪われる可能性大ですよ。

5.「休憩したい」とホテルの選択肢を出す

真に受けて言葉の通りに信じると痛い目に合うのがこちら。「疲れたからちょっと休みたい」「寝不足だから寝たい」など何かと理由をつけてホテルの選択肢を出してくるのは紛れもない“抱きたいのサイン”です。

そして女性がホテルについてきた時点でほぼ100%の男性がOKされたと捉えています。もはや大人の恋愛における暗黙の了解と言えますね。

だからホテルに入ってから拒否すると不機嫌オーラ全開になったり、「正直ホテル代出してほしい気分になる」なんて理不尽な男性も出てくるんです。どんな理由を言われようと、セックスする気がないならホテルにはついて行かない事。

また、付き合う前に家に誘う時も下心がほぼ含まれています。行くことをOKした時点で「抱きたいのサインに応じた」と捉えられる事を覚えておいてくださいね。

6.アルコールを勧めてくる

男性がやたらとお酒を勧めてくる時は危機感を持ちましょう。いわゆる“酒の勢い”を狙っている可能性が高いからです。そしてその場合、同時に体目当てである可能性が高いんです。

その気がなければまずは「大丈夫?」と聞いてくるのが普通。下心があるからこそ「もっと飲みなよ」と勧めてくる=抱きたいのサインなんです。

アルコールが入れば入るほど判断力は落ちていきます。体に力も入らなくなります。介抱の名目でホテルに入ってなし崩し的に…という事もあり得ますし、抵抗してもまず敵いません。大人の女性ならそうなる前に自分で自分の身を守りましょう。

酔わせようとしてくるのは男の抱きたいサインの中でもゲス担当です。それなら「やりたい」とストレートに言ってくる男性の方がまだ男らしいですよ。

おわりに

いかがでしたか?男性の抱きたいサインに敏感になれば手に入れたいチャンスを逃さずモノにできます。そして関係を望んでいなかった男との黒歴史を作らないで済みます。これからはご紹介したような言動をちょっと気にかけてみてくださいね。

Pocket