自信喪失…彼氏がフェラでいかない!原因・いかせる方法とは!?

fela-ikanai

一生懸命頑張ってるのに、彼氏がフェラでいかない…。悲しくなるし自信喪失しちゃいますよね。でもこのままじゃ困る。なんとかしたい!

そこで今日は男性がフェラでいかない原因とその対処法を詳しくご紹介します。「彼氏を気持ち良くしてあげたい…」その想い、絶対に成就させましょう!

彼がいかない原因って!?

1.テクニックが足りない

「彼女のフェラでいけない」という男性が口にする一番の理由…それは残念ですがテクニックの無さです。彼は「気持ちいい」とは言うけど、いかないんじゃありませんか?

まず、ペニスを舐めているだけでは男性はいけません。かと言って最初から最後までひたすらピストンしっぱなし!というやり方でもいかない人が出てきます。さらに、ピストンする時の吸引力が強すぎても弱すぎてもダメ。

フェラにはギリギリまで興奮を高めるための“舐める・吸い付く”といったパフォーマンス、射精感を高めるためのピストン、彼が気持ちいいと感じるバキュームの強さ。この3つが必要です。

大丈夫、最初からどんな男もいかせられる女性はいません。みんなフェラテクを勉強しつつ、彼の反応を見て覚えて上達していくんです。ここからレベルアップしていきましょう!

2.興奮できる材料が足りない

彼の股の間に顔を伏せて、ペニスにひたすら集中してピストン…というフェラをしていませんか?意外かもしれませんが、こういう純粋なペニスへの刺激だけではいかない男性も少なくありません。

正直男性って、竿を擦っていればイクようなイメージですよね。でも思わず興奮して射精したくなるようなセクシーな光景や、脳にクるエッチな声・息遣いなど、直接の刺激以外にも興奮する何かがないとイけないんです。

こういう材料がなくペニスへの刺激だけが続いた場合、最悪は続けていくうちに萎える事もあります。

3.痛がらせている

彼氏がアナタのフェラでいかないのは気付かないうちに痛くさせているから、かもしれません。彼女が頑張ってくれてるから…と気を遣って痛いと言わない男性はけっこういますよ。

1.時々でも歯が当たってしまう

2.初めに唾液で濡らさないで出し入れしている

3.頑張って強く吸っている

4.包茎だから皮を剥いてやっている

こんな特徴に当てはまった場合、彼は痛いのを我慢している可能性があります。歯が当たる事があれば痛いだけじゃなく「次はいつ痛みが来るか…」とビクビクして快感どころではなくなってしまいます。

ぬめり(唾液)が足りなければ唇・舌とペニスの間で摩擦が起きてかなりの痛みを伴います。吸引も、彼に合った強さ以上の力で吸っていたら痛いだけ。いかないのも頷けます。

そして包茎の場合はちょっと剥いただけで痛みを感じる男性もいます。たとえソフトに舐めるだけでも、剥くのは控えた方がいいでしょう。

4.強い刺激に慣れている

彼が普段から刺激の強いオナニーに慣れていた場合、膣内射精障害(膣の締め付けでは物足りなくて射精できない障害)と同じ状態になっていて、いかないのかもしれません。

ギュッと強く握ってゴシゴシ擦る、床や布団に擦りつけるなどのオナニーはそれ以外のやり方では刺激が足りなくていけなくなる原因。もしかして、繋がった後もなかなかいかない…なんて事はありませんか?

一度、それとなく彼のオナニーのやり方を確認してみてはいかがでしょうか。膣内でいかない原因もあわせてチェックしてみて!

5.緊張している

彼とエッチする関係になって間もない、彼の経験値が少ない…という事はありませんか?緊張していたり、イかなきゃ!というプレッシャーがあったりするといけません。こういう問題は女性がよく経験しますが、やっぱり男性でも精神面に左右されるんですね。

また、気になっている事や悩みがあって集中できない時もなかなかいけません。女性より簡単にイくイメージがありますが、意外と複雑なよう。時間や慣れが解決してくれる事も多いですよ。

6.リラックスできていない

環境や体勢などが原因で彼がリラックスできていなかった場合、フェラされてもいかない事があります。彼が快感に集中・リラックスできるようなシチュエーションでしましたか?

また、人によってリラックスできる体勢=イきやすい体勢は違います。オナニーで癖がついていると他の恰好ではなかなかいかない事も…。

いつもはどんな格好でしているのかリサーチしてみると解決の糸口になるかもしれませんね。

確実にイかせるには!?

1.フェラテクの基本を押さえる

フェラでは必ず守るべき基本があります。逆に言えば、コレさえしっかり押さえていればちゃんと気持ちいいフェラになる!というポイントです。

まずは一つ目。初めにこれでもか!というくらいペニスを唾液でベタベタにして、ヌルヌルの状態で始める事。次に、的外れな場所を責めていても大して気持ち良くないので、男(彼)が感じるポイントをしっかり押さえる事。

一番好きな部分は個人差がありますが、男性はだいたい亀頭(特に先っぽの方の裏側)、裏筋(亀頭と棒部分を繋ぐ裏側の筋)、カリ(キノコの傘の部分)が最大快感ポイントです。

ヌルヌルの舌と唇で色んな舐め方をして、彼の反応がいいやり方を探りましょう。簡単にエッチを上達させるテクも参考にしてみて!これでもう彼がいかない悩みともサヨナラです!

2.部分舐め+ピストンを合わせる

気持ちいい、とイク感覚は少し違います。ペロペロ舐められて気持ち良くても、それだけじゃいかないんですね。射精まで追い詰めるには、「気持ちいい」と感じた後の“竿のピストン“が必要不可欠です。

という事で次のコツは、三大快感ポイント(亀頭・裏筋・カリ)を部分舐め+時々ピストンを混ぜる事。バキュームフェラに挑戦してみてもいいですね。このサイクルを休まないで繰り返していくと、彼は目に見えて高まっていきますよ!

3.照明はお互いの顔が見えるくらいに

フェラで男性が射精までいくには刺激的な見た目が必要。という事は、アナタの顔や口元、柔らかそうな胸やボディライン、下着が見えない暗闇だといかない原因になります。

フェラ・エッチをする時はこれらの興奮材料を彼が確認できるくらいの明るさにしましょう!

4.舐めながら時々目を合わせる

彼の興奮がグッと高まってイキやすくなる方法があります。それは舐めているところを見せつけるように彼をチラッと見つめる事。目が合った瞬間、彼は「エロ…!」とドキドキが止まらなくなります。思わずアナタの顔に釘付けになる可能性大!

フェラしてる女性の顔を見たがる男性って多いんですよ。もちろん興奮するからです。上目遣いすぎて怖くならないように、顔を傾けて横から舐めている時に見るのがオススメです。

5.セクシーな吐息・声を漏らす

無言で何の音も出さずにフェラ…では興奮しようにも気分が高まらず、いかない原因に繋がってしまいます。エッチ中の音ってかなり重要な役割を果たしているんですよ。

咥えながら「んっんっ」と声を漏らしたり、舐めながらor口から出した時に吐息を漏らすパフォーマンスはマストです!もちろん彼に聞こえるように(でもわざとらしくならないように!)意識してくださいね。

男性は吐き出された吐息でも気持ちいい!と感じてくれるので一石二鳥です。

6. 69をやってみる

フェラでなかなかいかない彼とは69プレイをお勧めします。いかない原因が緊張だった場合、フェラで彼だけが奉仕される状態は悪化する可能性アリ。69で同時にアナタを愛撫すればプレッシャーから解放されますよ。

それどころか、ドアップになる女性器やそれを触ったり舐めたりできるシチュエーションに彼の興奮は限界値に…!漏れ出るアナタの喘ぎ声も合わさって、ペニスは比べ物にならないくらいガチガチ。いつもより確実にイきやすくなりますよ!

7.ポジションを変えてみる

もしかして、いつもフェラする体勢が決まっていませんか?普段彼が寝た状態でいかないなら、ベッドの淵やソファに座らせたり立った彼の前にしゃがんでやったりと工夫してみる価値アリですよ。

今までの“イケない”という先入観がリセットされますし、上からアナタを見下ろす体勢になる事でS心が刺激されて、興奮が強くなる可能性もあります。

フェラはお口のテクが必要なイメージですが、先ほど話した音や体勢などでよりエッチな気持ちを高める工夫を忘れるべからず。彼がいかない原因を少しずつ解決していきましょう!



おわりに

いかがでしたか?あとは繰り返し実践あるのみです!フェラはコツを知ると同時に、何回も回数を重ねる事で上達します。男性の体も十人十色。彼が気持ちいいやり方を実践で見つけてください。

気持ち良くしてあげたい!という想いのもと、テクニックや工夫を少しずつ変えていけば必ずいい方向に向かいますよ!

Pocket