フェラが嫌いな男性もいる!?舐められるのを嫌がる彼氏の心理7つ!

彼氏を気持ち良くさせたい。もっと愛情表現したい。だからフェラしたいのに、なぜか断られる…。男なら喜びそうなイメージがあるから余計にビックリするし、触れる事を許してもらえないってショックですよね。

なぜ彼は嫌がるんでしょうか!?今日はフェラチオが嫌いな男性の心理を暴きます!

1.ペニスに自信がないから

男性って意外とナイーブで、特に男性器のことになると女性顔負けの繊細さを発揮したりします。フェラが嫌いなタイプに「見られたくない意識」が強い事もその証拠ですね。彼は口淫だけじゃなくて、明るいところで見られたり触られたりするのも嫌いませんか?

包茎、短小、臭い…こういったコンプレックスを持っている日本人男性って実は少なくなくて、彼らは間近で見られたり舐められたりすることが恥ずかしくて耐えられないんです。フェラチオではペニスを女性の顔の目の前に固定しなければいけませんからね。

彼がフェラが嫌いと言うなら無理にする必要はないと思いますが、そもそも根本にある一番強い気持ちは「嫌われたくない」「ガッカリされたくない」などの不安です。

だから彼が「この子なら大丈夫かも」と思えるような安心感のある女性になれば変わる可能性はありますよ。「好きだから、ただ気持ち良くさせてあげたい」というアナタの気持ちを伝えることも大切ですね。

2.やり方が下手・痛いから

「過去に数回したことがあるけど、なぜか拒否されるようになった」なんて状況なら、彼氏がフェラ嫌いを演じているのはアナタのやり方が痛かったからかもしれません。

男が嫌がるフェラの1位、2位を断トツで占める「歯が当たる」「口・舌が乾燥していて皮膚が引きつる」といった特徴に心当たりはありませんか?男性のペニスって意外とデリケートで、こういうやり方をされると本気で痛いんだそう。

「だったらしてもらわない方がマシ!」と半ば嫌いになってしまうのも当然の反応と言えそうです。でも拒否されたままなんて、ちょっと寂しいですよね。もしかしたら痛くさせたかもしれないけど、レベルアップして気持ち良くさせてみたい…。

そのためには、基本のコツを少しずつ押さえることが大切です。まず、①痛みを感じさせない事。次に、②特に気持ちいい性感帯&攻め方を知る事。最後に、③飽きさせない工夫。リベンジする前に一通り頭に入れておく事をオススメします!



3.過去にトラウマがあるから

例えば元カノに「小さい」「早い」「臭い」「形が変」など、傷つくことを言われてそれがトラウマになっていた場合、なるべく見られたくない・恥ずかしいなどの心理、恐怖感が生まれてフェラが嫌いになる事もあります。

また、単純に過去に痛い目に合って以来フェラが苦手…というように、物理的なトラウマから嫌いになる男性もいますね。またあの痛い思いをするんじゃ…と思うと、女性の口が近付いてくるのに恐怖を覚えるワケです。

もともと自分のペニスに自信がある!と言い切れる日本人男性はそう多くないですし、トラウマに近いものを持っている男性は少なくありません。彼氏が嫌がる以上、今は無理にしないのが正解です。

人って変わりますし、アナタとの経験を重ねるうちに少しずつ和らぐ可能性もありますよ。本番の性行為ができるなら、今は気にしすぎなくて大丈夫!

4.汚いから舐めさせたくない

フェラが嫌いな男なんているの!?って思いますよね。でも中には本気で汚いと思っているからダメ、という男性も存在するんです。「洗ってからならOK」という人もいれば、「洗っても汚いからダメ」という人もいますね。

そして実は「そういう行為を彼女にさせたくない」と、超紳士的な考え方をする男性もいます。フェラを愛情表現の一種というよりは性欲処理的なゲスい行為と感じるから、大事な彼女にはさせたくない、という心理です。

こちらは性欲が強くない男性が当てはまりやすいですね。また、真面目でちょっと神経質だったり、潔癖さも持ち合わせていたりする事が多いです。

もし嫌いな理由がこれなら、フェラに拘らなくてもいいのではないでしょうか?アナタの「気持ち良くしてあげたい」も、彼の「申し訳ない」「させたくない」も、お互いを想ってこそ生まれる気持ち。無理やり決行してこじれたら残念です。

口で愛撫しなくても、彼は充分に愛情を感じ取ってくれるはずですよ。

5.早漏と思われたくないから

フェラチオがある程度上手、という事を前提にすると、「中に入れてる時よりもフェラされた時の方が早くイってしまう」という男性は少なくありません。

膣に入れる時は基本的にコンドーム越しなので感度は落ちますし、舌・唇ほど器用な動きもピンポイント責めもしてきません。だから長くもたせる事ができる。でもそれに対してフェラチオの刺激はダイレクトすぎるんです。

しかも女性が自分のペニスを舐める…というエッチな見た目から興奮が高まることもあって、早めにイってしまう男性もいるんですね。でもちょっとフェラされてすぐイくって、男性的には凄く恥ずかしく感じます。

つまり早漏と思われるのが嫌で“フェラ嫌い”を装っている可能性もあるんですね。もし彼が当てはまりそうなら、ピストンするフェラテクはNG。一気に射精感が募るのですぐに果てさせてしまいます。

裏スジやカリ部分などの特に気持ちいい場所をペロペロするか、タマタマを可愛がるくらいが丁度いいですよ!

オトコが一番感じるペニスの部位

6.早漏+1回イったら回復しないから

さて、今しがた「早漏と思われたくないからフェラ嫌いを演じる」男性がいる事をお話ししましたが、コレに関係しているだけでなく、さらに致命的な問題を心配しているタイプもいます。

それは早漏+1回イったらペニスが回復しない=本番ができなくなる、というパターンです。たとえ早漏ですぐに果ててしまっても、スタミナがあれば復活してセックスを続けられます。でも、1回でもイったらその日はもう無理…という男性も実は珍しくありません。

特に男性の性欲のピークは10代後半ですから、年齢を重ねるほど回復しにくくなる=フェラが命取りになる可能性があるワケです。

本番ができなくなったらアナタに申し訳ない。男として恥ずかしい。そういう心理を持っているから、彼はフェラが嫌いなように見せかけて避けているのかもしれません。

7.立ちにくい自覚があるから

実はまだ1回もセックスできていないor数えるくらいしかしていない、そしてフェラも嫌い…という場合、①極端に性欲が弱い②アナタの事を大切にしている、という可能性もありますが、もしかしたら③性機能に問題を抱えているパターンも考えられます。

何をされても立ちにくい自覚があったり、ED(勃起不全)に陥っていたり。嫌いというよりは、触られたり見られたりするのがいたままれない感じですね。この場合とてもセンシティブな問題なので、無理に押すのは禁物です。

彼が勃起している所を見たことがありますか?現代ではストレスが原因で勃起障害を起こしてしまう男性も増えているので、「もしかして…」と思うなら、そちらの可能性から慎重に探ってみたほうがいいかもしれません。

おわりに

なんとなく、「彼氏にはフェラしてあげるもの」「男性はそれを喜ぶもの」というイメージがありますが、好き嫌いは人それぞれです。理由はどうあれ、彼が嫌いと言うなら拘る必要はありません。体だけじゃなく、心も無理なく気持ち良くなれることが一番ですよ♡

Pocket