フェラは「体位」が重要だった!彼を視覚で興奮させるポジション6選

fera-taii

いつも同じ体位でフェラする事が多くなっていませんか?セックスで自然に突入…って形だと同じ場所・同じ流れで体位を改めて考える必要もありませんもんね。

でも実は、このポジションってかなり重要だったんです…!見た目次第でいくらでも興奮する男性をもっと盛り上げるフェラの体勢とは、一体!?

男性を興奮させるフェラチオ体位

1.仁王立ちの彼にひざまずく

いわゆる仁王立ちフェラと呼ばれる種類で、足を開いて直立した男性の前でしゃがんで舐めるというやり方です。女性が“奉仕する感”が最も強く、男性にとっては“男の本能”が一番刺激されやすい体位ですね。

女性がひざまずいて男性の大事な所を舐めて奉仕する点、それを上から見下ろすことができる点がポイントです。興奮しすぎてオスの一面が顔を出した結果、思わず腰を振ってしまったり頭を掴んでしまったり…とイラマチオ風味になる事もあります。

それくらい男心にガツンと来る体位ということですね。お気付きかもしれませんが、特にS気が強い彼に効果的です。また特別Sじゃない場合でも、男の本能を刺激することは間違いありません!

プラスαテクはたまに上目遣いしたり、フェラしながら自分でアソコやクリトリスを触ったりする事。ほとんどの男性が女性のこういうエッチな行動でさらに興奮を覚えるので、トライしてみて。

2.シックスナイン

フェラ中、おちんちんを咥えている女性の顔が見える事。これは男性にとって一番興奮する大切な条件ですが、1つだけ例外の体位があります。それがこちらの69です。逆さまに重なって、同時にオーラルセックスし合うプレイですね。

顔は見えないけれど、上に乗った女性が自分から足を開くという流れ、目の前に広がるエッチなアソコ・お尻という光景…と咥えている顔以上にグッとくるポイントがあるので、たまらなく興奮させる体位になるんです。

しかも舌や指でイタズラすると、女性の腰が揺れたり喘ぎ声が漏れたり…とエッチな反応がたっぷり!それでも頑張ってフェラを続けようとする女性の姿にもキュンとくる、という男性が多いですね。

他のやり方と一緒にローテーションに組み込む事をオススメしたい体位です。ちなみに、モワ~ッと臭いアソコが顔に近付いてきたら、「嫌だ!回避したい…!」と気持ちを萎えさせてしまうので、アソコの臭いケアはお忘れなく。

3.仰向けの彼をひっくり返す

M寄りの男性に効果抜群なのがこちら。仰向けになった男性の体を二つに折り曲げるように、足を胸につけるようにひっくり返す体位でのフェラです。勃起したペニス、タマタマ、会陰にお尻…と全部が見えてしまうこの格好では恥ずかしさが興奮を最大限に煽ります。

しかも舐めているところが彼からも丸見え、というのがさらなるポイント。快感と視覚効果、というWの刺激で早めに上り詰めちゃうかも…!

ちなみにこちらの体位ではペニスの裏側を亀頭まで舐め上げたり、裏スジ・カリを責めたり、タマタマや会陰を舐めたり…といった攻め方がオススメです。ペニスを反り返っている方と反対側(下)に向けると痛みを感じる場合があるので気をつけて。

また、体が硬い男性に長時間キープさせると辛い可能性もあるので、そこそこで切り上げてくださいね!

4.仰向けの彼に覆い被さる

気持ちを集中させられるのでゆっくり観察できる、しかも顔が見やすい、というのがこちらのポイントです。完全に女性主体のフェラになるので、ゆっくりねっとり飲み込むところを見せるなど、どちらかと言うとスローフェラに向いている体位ですね。

「舐めてほしいの?ほら舐めちゃうよ、見て…」という感じで言葉責めするのもオススメです。男性の枕を高くしておくと舐めているところが見やすくなるので◎。

また大切なのが、髪の毛の扱い方です。ショートヘアじゃない限り、この体位でフェラすると髪の毛がバサーッと顔にかかって貞子のようになります。

これでは色気はゼロ、せっかくの興奮ポイント「フェラ中の顔」も彼から全く見えなくなるので勿体ない!という事で、髪の毛は束ねるか、耳にかけてどちらかのサイドに全て流してしまうのがオススメです。

ちなみにこの時の髪を耳にかける仕草が男性にかなり人気なので、セットでしっかり見せましょう♡

5.膝立ちの彼に四つん這い

男性が膝立ちorあぐらをかいて、そこに女性が四つん這いでフェラする…というスタイルのこちら。とにかくエロい感じがいい!と男性に人気です。どちらかと言うとS寄りの男性向けで、仁王立ちフェラと同じで男性がイラマチオしやすい体位ですね。

アナタが、ちょっとくらい苦しくされても平気。むしろそういう雰囲気に興奮する…!というMタイプなら、これ以上にピッタリな体位はありません。好きなように腰を振ったり頭を押さえつけたりすることで興奮して気持ち良くなる性癖の男性は少なくありませんから。

でも、もし激しく動かれて辛い!と感じた時は、すぐに彼のものから口を離して「苦しい事するならフェラしないよ?」と言って大丈夫です。我慢する必要はありません。

オーラルセックスは「してあげたい」「気持ち良くさせてあげたい」という“心”から発生する行為。それに対して、お構いなしに無理な事をしてくる相手には「おあずけ」が正解です。

6.椅子・ベッドに座った彼にひざまずく

こちらも男性の”奉仕されてる感”が強く、本能をくすぐる事ができるフェラの体位です。椅子やベッドに座った男性の足の間で膝をついて舐めるスタイルですね。

彼が仰向けで寝転がったところに覆い被さるパターンよりも近くで舐めている様子を見せられるので、より視覚効果を期待できるやり方になります。彼は座っている分だけ仁王立ちフェラより楽ですし、女性の上目遣いも楽しめてまさにいい事づくめ!

ちなみにこの体位、彼が優しい男性なら頭を撫でてもらえますし、S彼氏なら頭をグッと押さえられる可能性大。彼とアナタのタイプに合ったポジションを選ぶのが吉です。

鏡を使うとカレの興奮度がアップ!

体位とセットで仕掛けるともっと彼氏を興奮させる事ができるのが、鏡を使ったテクニック。これがS男性とM男性、どちらにも効果的なんです!方法は鏡を近くに立てかけて、2人の姿が映るようにするだけ。エッチな行為をしている所を第三者的な視点から見ることで興奮が高まるんです。

AVを見慣れている男性は、時に”主体的”な感覚よりも”客観的”な立場から見ることで興奮が高まったりするんですね。

またアナタが四つん這いでフェラする時は、アナタの後ろに鏡を立てる事でお尻や濡れたアソコが彼氏に見えるようになります。AVで興奮スイッチが作られている“男”という生き物にとってたまらなく興奮する光景になるので、是非お試しあれ!

ちなみに、たまにこういう刺激の強いやり方を混ぜるとマンネリ防止にもなりますよ♡



おわりに

S寄り、M寄り…と男性のタイプに触れながらご説明してきましたが、実際のところは誰もが両方の要素を持っています。つまり全ての体位を試す価値があるという事!色々試してお互いの新しい一面を知るのもセックスの醍醐味ですから、ぜひ順番にトライしてみて♡

Pocket