不倫を後悔!既婚者との恋愛やめとけばよかったと思う理由6つ

furin-koukai

「彼は結婚してるけど好きな気持ちを止められない!」そんな風に始まる不倫の恋愛。バレてはいけないというハラハラ感で、最初は盛り上がるかもしれませんが、そんな熱い不倫の恋愛にはリスクがあります。

最初は良くても後から「やめとけばよかった・・・」と思うのはよくあることです。既婚者との恋愛を後悔する理由をお伝えします。

1.思い続けていたのに最後は捨てられた

最初は「奥さんがいてもいいから彼と付き合いたい」という気持ちで始まる既婚者との恋愛。ずっと続けているとそのうち彼に強い情が湧いてきます。

また、彼になかなか会えない寂しさが募り、耐えているうちに「奥さんと別れて結婚してほしい」という気持ちが出てくるかもしれません。不倫の恋はどうしても女性の方の負担が大きくなりがちです。

不倫する男性の多くが「妻とはうまくいっていない」「そのうち離婚するから」と言います。ですが大抵がリップサービスで、本当に実行してくれることは滅多にありません

女性がそれを信じて、最後に捨てられた時に嘘だったと気づいた時、裏切られた気持ちになって、「あんな男と付き合わなければよかった」と後悔するのです。

2.不毛な恋愛のせいで婚期を逃した

既婚者との恋愛は、未来のない恋です。心の中で「どうせいつかは別れないといけないんだけど」とは思いつつ、「でも彼と離れるのは寂しい」と別れを先延ばしにしてしまう気持ちもよくわかります。

でも、不毛な恋愛をずるずる続けていると、結婚適齢期が過ぎて婚期を逃してしまうかもしれません。不倫している最中は彼を好きな気持ちがどうしても捨てられなくて、つい見ないふりをしてしまうのです。

後から彼と別れた時に冷静になって、「女として一番大切な時期をどうしてあんな男に捧げてしまったんだろう」と後悔するのです。

気づいた時には「後悔先に立たず」で手遅れになっているケースもあります。結婚願望があるのなら、彼への恋心はとりあえず脇に置いて、自分の未来を真剣に考えてみましょう。



3.奥さんにバレて修羅場になった

既婚者とのの恋愛は「いつか奥さんにバレるかもしれない」と覚悟しておかないといけません。もしバレたら裁判になって慰謝料を請求されるかもしれませんし、不倫の事実を会社や親に暴露されてしまうかもしれません。

何より、人の恨みを買ってしまうのは恐ろしいことです。奥さんとしては愛する夫を奪われたのですから、あなたが妬ましく憎らしいに決まっています。

バレれば慰謝料というかたちで責任を問われるかもしれませんし、彼の家族に嫌がらせを受けるかもしれません。

彼の家族の恨みや憎しみを目の当たりにして、不倫を後悔する女性も少なくないようです。

4.妊娠したら中絶という悲劇が待っていた

不倫の恋愛で妊娠しないように、どんなに気をつけていたとしても、避妊は100%完璧にできるものではありません。

もし万が一妊娠してしまったとしたら・・・彼が「妻と別れるから結婚しよう。一緒に子供を育てよう」と言ってくれればいいのですが、大半は中絶するしかないという悲しい結末が待っています。

お互い了承の上でセックスしていたとしても、もちろん妊娠・中絶をするのは女性ですから、あなたにばかり負担が強いられます

せっかく妊娠したのに中絶するという女性として悲しい経験を経て、「彼と付き合うんじゃなかった」と後悔する女性も多いのです。そういう後悔をしないように、避妊はくれぐれも慎重に行いましょう。

5.会社にバレてクビになってしまった

たとえ結婚していたとしても、人の恋愛する心は自由なものです。誰にも禁止する権利はありません。とは言え、会社など公の場が関係してくると話は別です。

男女の恋愛沙汰というのは噂が広まりやすいものですし、「不倫するようなモラルのない社員を野放しにしている会社」というイメージがつくと、会社の信用問題にもなってしまうのです。

ということで、会社にバレると男女共に左遷や下手するとクビになってしまうこともあります。既婚者との恋がみんなにバレて事態が大事になって初めて、「やめておけばよかった」と後悔する女性も多くいます。

6.人を傷つける罪悪感で苦しくなった

既婚者である彼のことが好き!という気持ち自体は、とても純粋なものであり、その恋心は大切にするべきです。ですが実際に家庭のある人と大人の関係になってしまうと、その陰で涙を流す人が必ずいます。

最初は彼に対する気持ちが燃え上がって、まわりのことが見えなくなっているかもしれません。そういう時に人間は自分のことを優先させがちです。

でも、彼の奥さんや子供の立場になってみるとどうでしょうか。信じていた夫に裏切られるのはとても辛いことですし、子供もお父さんが浮気者だと知ったら、心の傷になってしまうかもしれません。

最初は自分さえ良くても、冷静になった時に罪悪感に駆られて、後悔する結果になるかもしれません。

おわりに

不倫の恋愛というのは敵もリスクも多い、イバラの道です。それでも彼を好きという気持ちは止められないものかもしれません。

不倫を止めるか、それとも彼との恋を貫くか、決めるのはあなたです。ただ、「あとで後悔するかもしれない」ということを強く覚悟して前に進みましょう。

Pocket