彼氏とのエッチで濡れない?セックス中「感じやすくなるコツ」6つ!

H-nurenai

彼氏とのエッチで濡れないのは私が原因?なんて悩んでいませんか?でも、とりあえず安心してください。「感じない」「いけない」と悩む女性はとっても多いんです。

今回は、そんな女性のデリケートな問題を解消するコツを6つご紹介します。簡単にできますので是非試してみてください。意外とあっさり解決できるかもしれませんよ。

1.前戯に時間をかける

エッチの最中はリラックスできていますか?彼氏の事を信じて身を任せて、快感を追いかける事に集中できているでしょうか?感じない、濡れないなどの悩みを持った女性は、緊張が解けていない状態でセックスしている事が多いんです。

心と体が緊張したままの場合、行為に慣れた女性でも濡れにくい傾向があるんだとか。とはいえ「リラックスしよう」と思ってできたら苦労していませんよね。

そこで是非試していただきたいのが、前戯に時間をかけてみる事。エッチに精神的満足感を求める私たち女性は、前戯が長ければよりリラックスできて感じやすい体になれるんです。

濡れない事について一度彼氏に相談して、前戯の時間を増やしてもらってはいかがでしょうか?たくさん愛撫してもらううちにいつの間にか濡れていた、という事があるかもしれませんよ。

2.部屋を暗くする

エッチの時、「恥ずかしい」「どう反応したらいいかわからない」という気持ちはありませんか?濡れない原因は「気持ちいい」よりもそちらに意識が集中してしまっているせいかもしれません。

もし明るい状態で彼氏とセックスしているなら、試しに部屋を暗くしてみましょう。雰囲気も出ますし、顔をじっくり見られないで済む安心感から彼の愛撫に集中できるかもしれませんよ。

マンネリ化したカップルがあえて真っ暗な状態でエッチすると、普段より興奮できる事があるそうです。理由は視覚情報がなくなった分、耳や肌が敏感になるから。

濡れない事にお悩みなら、いつもより感じやすくなれる暗闇でのセックスを一度試してみるべきですよ!



3.一人エッチで体を磨く

「感じる感覚」がどういうものかはお分かりでしょうか。彼氏に触られて気持ちいいと思えなければ感じる感覚にはたどり着けません。体の開発不足が濡れない原因になる事もあるんです。

彼とのセックスを楽しむために、一人エッチで自分磨きする女性が増えている事をご存知ですか?自分の体を知る事が感じやすくなるコツなんです。

まずはベッドの上で体を触って、くすぐったい所や気持ちいい所=性感帯を探してみましょう。リラックスしながら性感帯やアソコの割れ目、クリトリスをゆっくりなぞっているうちに、なんとなく濡れる感覚がわかってくるはずです。

十分に濡れたら指の挿入…と段階を踏んでくださいね。指が入れられるほど濡れない場合はローションの使用もお勧め。自分の気持ちいい場所や感じる触り方がわかっていれば、彼氏とのエッチにも生かせそうだと思いませんか?

4.積極的に喘ぎ声を出してみる

意外かもしれませんが、積極的に吐息や喘ぎ声を出すだけで濡れないお悩みを解消できたりするんです。理由は2つ。1つは自分の感じている声を耳から聞く事で気持ちが高まるから。

2つ目は彼氏の興奮が高まる事でエッチな雰囲気が増して、あなた自身が感じやすくなるから。セックスを盛り上げるためには自分の感情をコントロールする事も大切ですよ。意識してあげていた声が気持ちいいセックスのスパイスになる可能性は十分にあるんです。

愛撫してもらって濡れないと、なんとなく気まずい空気になりますよね。もしかしたらうまく作用するかもしれませんので、次のエッチで実践してみてはいかがでしょうか?

5.ローションを使う

濡れないのは単純に痛いのが原因かもしれません。痛ければ気持ちよくないのも当然です。彼氏は爪を短く整えてくれていますか?女性の膣内はとてもデリケート。ちょっとした事で傷付いて思わぬ病気を引き起こす事もあるので、これだけは徹底してもらいましょう。

こちらをクリアした上で、ローションを使うのも一つの解決法ですよ。AVなどのイメージが強いかもしれませんが、痛みの軽減や快感を高めるのに絶大な効果があります。エッチに不慣れで濡れない場合、感じる感覚を掴むのにローションのぬめりはもってこい。

彼氏に言い出すのが恥ずかしければ、「一緒に気持ち良くなりたくて調べたらローションがいいって書いてあった」という感じで伝えてみてはいかがでしょうか?

6.「気持ちいい」「痛い」を素直に伝える

彼氏とのエッチで濡れない場合、テクニックや雰囲気など表面上の問題の改善も大切です。が、同時に信頼感も育てていく必要があります。もし彼氏の触り方が痛い時や触れられて痛い場所があれば、正直に伝えましょう。

工夫を重ねて一緒に気持ち良くなる行為がセックスです。痛みを我慢しているよりは教えてもらった方が彼も嬉しいはずですよ。

でもその分、少しでも気持ちいいと感じた時はちゃんと伝えてあげてくださいね。お互いに素直になって心が通い合った状態でのセックスは格別ですよ。

おわりに

いかがでしたか?濡れない、いけない、などエッチの悩みはたくさんあるかもしれません。でも思い詰めると今度はそれがプレッシャーになってしまいます。まずはリラックスできる環境と、彼氏との信頼感を高める事を目標にして、焦らず回数を重ねましょう。

Pocket