彼氏との「エッチが疲れる」体力をキープするSEXのコツ5つ!

h-tsukareru

彼とのエッチが疲れる…もしこんな感想を持っているなら、アナタは危険な状況にいると言えます。負担が掛かっているのが明らか→遅かれ早かれ必ず限界が来るからです。

濡れてたのに、濡れなくなる。イけてたのに、イけなくなる。エッチが苦痛でしょうがない…こんな状態になる前に、今からご紹介する対策を試してみて!

1.彼が喜ぶセリフで前戯を短くさせる

アナタの彼、もしかしてサービス精神旺盛で優しくて長~い前戯を頑張ってくれたりしませんか?気持ちは嬉しいけど、こういうエッチって正直疲れるんですよね…。

一般的には短い前戯に不満を持つ女性が多いですが、長い前戯もなかなかしんどい。でも彼氏の気持ちもあるし、「疲れるからもうやめて」なんて言えませんよね。

そこでオススメするのは、彼が愛撫してくれている時、少し姿勢を変えたタイミングや一瞬体を離したタイミングを見計らって体を起こす事。そして「私も舐めたい」「次は私にさせて…?私も触りたい♡」と言って攻守交代するんです。

そのまま彼からの愛撫が終われば万事解決。仮に後でもう一回責められたとしても、一回休憩した分、ずっと快感が続くよりは楽になるはずです。

「もう我慢できない」というオネダリで挿入に移るのも手ですね。ポジティブ&彼が喜ぶようなワードを使って早めに前戯を切り上げてもらえば、疲れるエッチともおさらばです!

2.暗闇エッチで彼の視線から逃れる

彼とエッチする時、可愛い顔・可愛く見える仕草などに気を遣っていませんか?確かに一番可愛く、そして色っぽく見られたいタイミングですもんね。

だから仕草にも気を付けるし、ブサイクな顔を見られないように気は抜けません。でもこういう事が一つ一つ積み重なると疲れるんですよね。しかも理性が総動員されてるから自分はイけなかったりして、セックス自体をめんどくさく感じてしまったり…。

一番いいのは割り切って全てを見せる事ですが、(男性って意外と“本気”の姿に興奮するんです)女心的に難しいですよね。それなら、たまに“暗闇エッチ”を試してみてはいかがでしょうか?

ムードが高まりやすいのは薄暗い照明ですが、女性にとっては真っ暗闇が好都合。顔も反応も見られないから取り繕う必要がなくなる=疲れる事もなくなります。正直、これだけでかなり楽ですよ(笑)。

エッチな見た目で彼を興奮させる日も作りたいので、バランスを見るのがいいですね。



3.吐息スタートで喘ぎ声の演技を削る

実際はそこまで気持ち良くないけど、気を遣って喘ぎ声の演技をし続けている…これは多くの女性が当てはまるエッチで疲れる原因ですが、アナタは大丈夫でしょうか?

男は喘ぎ声に興奮するって言うし、声を出さないのも悪い気がするし、もはや使命感さえ覚えます。でも、出そうと思って声を出し続けるのって意外と疲れるんですよね。しかもある程度“可愛い声”を意識しなきゃいけないし…。

こんな困った状況は、ある程度割り切って「控えめ吐息」からのスタートで解決しましょう。「中盤までは声を出さない」と決めるんです。(“演技”をやめるという意味です。)

急に全く声を出さなくなるのも不自然なので、代わりに呼吸で対応する、というワケです。口から息を吐くと音が出やすいので、興奮や感じてる雰囲気はちゃんと伝わりますよ。

そしていよいよ行為が激しくなってきた頃、やっと声を出し始めます。これなら気を遣うのはエッチ中の半分だけで済みますよ!

4.前戯&騎乗位で挿入を短くさせる

挿入してからなかなかイかない…長いエッチって疲れるし苦痛ですよね。たまにならいいけど、毎回だとさすがに気も重くなります。この場合、まずチェックすべきは「挿入の前にフェラなどでイかせていないか」という点です。

男性は1回射精すると2回目は長持ちします。疲れるエッチの原因なので、1発目で勝負(挿入)する事をオススメします。そしてこれをクリアしたら、次は挿入の前にフェラや手コキでギリギリまで追い詰めるのがコツ。

ピストン運動で射精感を高めたところで挿入するんです。そうすれば、いつもより早く限界が来やすくなりますよ!また、正常位だと男性がペースを調整できる=長引かせようと思えばできてしまいます。

その点、騎乗位なら「ストップ!」なんて焦った彼の声を無視して動き続ける事で、早めにイかせる事も可能です。もし「イっちゃったじゃん~」と文句を言われたら、「凄く気持ち良くて止まらなかったの。ごめんね」で解決。男性は絶対に悪い気はしませんよ!

5.彼の愛撫を封じてオーガズムを避ける

アナタが敏感すぎて。または彼氏がイかせる事にこだわるせいで、エッチ中に何回かオーガズムを感じるから疲れる…そんな事はありませんか?女性にとって絶頂はかなりの大仕事です。

「エッチが疲れる」と言ってもその程度には個人差がありますが、本気で数回イくから次の日もだるくて動けない…なんて状況なら、生活に支障をきたすレベル。ちょっと危機感を覚えますよね。

これを解決するには、「今日は私に攻めさせて」と初めに宣言して、アナタがリードする日を作る…という方法が使えます。「今日はいいって言うまで触っちゃダメ」とプレイっぽくしたり、彼氏の手を縛ってソフトSM要素を入れたりするのもオススメです。

ただし、それでも結局彼が手を出してくるなら、「イきすぎると体力的に辛い」と正直に話すべきでしょう。気持ちいい行為をしていて、彼の気持ちも嬉しいのに、しんどくて板挟み…では本末転倒です。これからも付き合っていくためにも、必要な過程ですよ。

おわりに

エッチってセンシティブな問題なので、今の状況を変えたり彼氏に言葉で伝えたりするのはかなりの勇気がいると思います。

ですが、無理したままでは必ず今よりもこじれてしまいます。自分のためにも、彼との今後のためにも、少しでも疲れるセックスを改善する工夫が大切ですよ。

Pocket