「久しぶりのセックス」が怖い!挿入の痛みを減らすコツ6つ!

hisashiburinosex

彼との初エッチのタイミングが来そうですか?でも久しぶりのセックスだと不安ですよね。経験が少なければエッチに痛いイメージがあっても仕方ありません。

という事で、今日は挿入の痛みを減らして快感を得やすくするコツをご紹介します。当日までに準備しておくといい事もありますよ!

1.前戯をたっぷりしてもらう

久しぶりのセックスなら、処女ほど膣口が固く閉ざされている事はなくてもなかなか入らないかもしれません。リラックスの仕方や力の抜き方、感じ方を忘れてしまっているからです。

ガチガチに緊張したままでは入り口も上手くほぐれませんし、体にも力が入っているので痛みを感じやすくなってしまいます。特に久しぶりのセックスではそれを少しでも和らげるために前戯をたくさんしてもらいましょう。

女性は肌にたくさん触れてもらう事で愛情を感じて性感が高まり、とろとろに濡れるようになっているんです。つまり、痛みを減らすにも気持ちいいセックスをするにも前戯がカギという事。キスをたくさんしながらゆっくり時間をかけて興奮を高めましょう。

エッチにかける時間の比は「前戯:挿入:後戯=4:2:4」がベストという説もあるんですよ。また、クンニしてもらえるとより効果的なので、あらかじめ彼氏が舐めてくれる工夫をしておくといいですね。

2.クンニしてもらうか、ローションで十分に濡らす

膣口の濡れが足りないまま挿入しようとするとダイレクトに痛みの原因になります。久しぶりのセックスでは緊張のせいで上手く濡れない可能性も大。そんな時はクンニしてもらうか、ローションを使って工夫しましょう。

ちなみに、クリームやベビーローションなどで代用する方がいまがこれはお勧めできません。敏感肌用、ベビー用と言ったって所詮は皮膚用。デリケートなアソコの粘膜につければ荒れたりかぶれたりする原因になります。

また、コンドームのゴムを溶かす成分が含まれている事もありますので避妊失敗の原因にもなりかねません。潤滑剤を使う時はセックス用のローションを使ってくださいね。



3.「すごく緊張してる」と初めに伝える

「初めて」と嘘をついたり、「久しぶりのセックスなの」と正直に言ったりはしなくても、「すごく緊張してる」とだけ伝えておく手はあります。気が利く彼なら照明や雰囲気など色々気遣ってくれるかもしれませんし、ゆっくり優しくしてくれるはずです。

そんな彼の対応次第ではあなたの心の緊張も解れるかもしれませんね。でも実は一つ問題が。緊張してる、と言うと「初めてなの?」「経験は?」などと聞かれる可能性があるという事です。あらかじめ上手な回答を準備しておくと後悔しませんよ。

4.リラックスできるシチュエーションにする

女性が久しぶりのセックスで痛みを感じないで気持ち良くなるには心と体の緊張を解くことが大前提。そのために、集中できる場所を選ぶ事やリラックスできる雰囲気作りが必要です。

例えばお互いの家族や隣人など、他の人の存在が気になるシチュエーションはお勧めできません。「ばれてはいけない」という気持ちがあると無意識に緊張してしまうんです。また、女性は声を出す事で自然と性感が高まって緊張が緩みます。

声を抑えなければいけない状態は久しぶりのセックスでは避けるべきでしょう。そして部屋の明かり。エッチする時の照明って案外大事なんですよ。完全に明るい状態と真っ暗な状態、薄明かりの状態を試してみると、まったく雰囲気が違う!と感じるはずです。

今回の久しぶりのセックスにお勧めなのは薄暗い状態。ムードが高まるので気持ちが盛り上がりやすくなりますし、顔もハッキリと見られないので集中しやすいはずですよ。

5.一人エッチで準備しておく

久しぶりのセックス…彼の前で裸になる。アソコを触られる。なんだか不安ばかりですよね。久しぶりだと痛いのかな…なんて思い始めたら、彼とせっかくいい雰囲気になっても集中できません。

そこで、そろそろ初エッチのタイミングかな…と思うなら、一人エッチをして心と体を慣れさせておく事をお勧めします。普段から一人エッチしていないのではないでしょうか?性的な事としばらく無縁だったなら久しぶりのセックスが怖くても当たり前です。

ベッドの上でリラックスして、彼の手を想像しながら体を触ってみましょう。少しずつで大丈夫ですよ。今日は胸を触るだけ、明日はクリトリスを愛撫…こんな感じです。挿入の痛みが心配なら指が2本くらい入るように慣らしておくといいかもしれません。

無理はしなくていいので、体を触っているとエッチな気分になる事、性感帯を触ると気持ちいい事、これだけ知っておきましょう。

6.挿入しやすい体位を探す

相性や体の特徴によっては痛みを感じやすい体位があったりします。久しぶりのセックスだと体勢の取り方や力の抜き方を忘れているのでなおさらです。挿入した時に痛みがあったり、変な場所が擦れて痛かったりしたら体位を工夫してみましょう。

体には相性があるので「前の彼とはバックが良かったけど今の彼とはバックが痛い」なんて事もあるんですよ。つまり今の彼とのベストな体位を探す事が大切なんですね。痛みを感じにくくするために、女性が気持ちいい体位参考にされてはいかがでしょうか?

ちなみに、正常位で入りにくい方は下付き(膣口がお尻寄りにある)の持ち主さんかもしれません。その場合、後ろ向きだと比較的簡単に挿入できるのでバックの体位を試してみる事をお勧めします。

おわりに

いかがでしたか?「久しぶりのセックスが怖い」という気持ちが彼と一つになりたい気持ちを上回るなら、まだ心の準備が整っていないのかもしれません。

彼に求められたからと言って無理は禁物。エッチは我慢してするものではありません。自分の意思と体を大切にしてくださいね。

Pocket