愛ある…?いきなり入れてくる彼氏!SEXで前戯しないワケ4つ

体にほとんど触らないでいきなり入れてくる彼氏…アソコも痛いけど心も痛い。「なんで前戯してくれないの?」「私の事ホントに大切?」いろいろ考えちゃいますよね。

なかなか面と向かっては聞けないけど、モヤモヤが止まらない…今日はそんなアナタに、男性がセックスで前戯をしない理由とパターン別の解決策をご紹介します。彼は実際どういうつもりでいきなり入れてくるんでしょうか…!?

1.濡れてる=入れても大丈夫!と思うから

実は男性って、前戯は濡らすためにするものと思っていることが多いんです。つまりアソコを触った時にすでに濡れていれば、「なんだ、もう前戯する必要ないじゃん!」と思う人が多いワケです。だからいきなり入れてくるんですね。

前戯する前、膣の入り口はまだ硬く閉ざされています。だから実際は、この膣(筋肉)を柔らかく解して感じやすくする役割、大きくて硬いペニスが出入りする衝撃を少しでも和らげる役割が前戯にはあります。

もちろん、丁寧に愛撫されることで愛情を感じたり性感を高めたりする役割もあります。たくさん準備してもらえると安心するし、愛されてると感じるし、いきなり入れてくる時とは打って変わって気持ちも盛り上がるというものですよね。

実はこれが大切で、女性が今までにないほど感じたりオーガズムへの扉を開けたりする一番の方法だったりします。でも、こういう色んな目的に気付いている男性って、残念ながら多くないんですね。

→その場で教えるのが一番!

アナタの彼氏が、ちゃんと愛情はありそうなのに何故か前戯ナシでいきなり入れてくる…という場合は、ただわかっていない事が一番に考えられる原因。

彼は「これで問題ない」と思っている。でもアナタは前戯ナシのSEXにモヤモヤしたり不安を感じたりしている…とっても勿体ないすれ違いです。

今度、彼氏がちょちょっと触って前戯を終わらせようとしたら、すぐさま手を掴んで「先に手でいっぱいシてもらうと気持ちいい」とか、「もっと触ってほしい」と伝えていきなり入れてくるのを阻止しましょう。

この瞬間は思い切って羞恥心を捨てて女の顔で甘えるが吉。普段とのギャップに彼氏は必ずグッときますから!

2.前戯が必要、と知りつつ甘えているから

中にはもう少し前戯した方がいいかな…と気付きつつも、面倒くさい気持ち早く挿入したい気持ちが勝っていきなり入れてくる男性もいます。何も言わないで受け入れてくれる女性に甘えているパターンも多いですね。

もしかして内心ではモヤモヤしてるけど、彼氏には正直に言えなくてとりあえず喘ぎ声を出してる。気持ちいいフリをしちゃってる…なんてことはありませんか?

そういうセックスを何回かすると、彼氏も「なんだ、別に前戯ってなくてもいいんじゃん」「前戯ナシでも気持ち良さそうじゃん」と都合よく捉えてしまいます。挿入してる時が一番気持ちいい!と感じる男性は多いので、前戯はどんどん忘れ去られてしまうんですね。

また、付き合いが長くなるにつれて、いきなり入れてくる男性は増える傾向にあります。付き合いたての頃は丁寧にしてくれたのに、今じゃ…なんて声が女性からよく聞かれるのは、慣れと甘えが関係していたんですね。

→正直に言って二人で楽しめるSEXにしよう

今のセックスでも彼は楽しめているはずです。でもアナタは?いきなり入れてくる彼氏に「私の事ホントに大切に思ってるかな」と寂しくなったり、手抜きされてる感じがしてモヤッとしたりで、むしろ悩みの種になっていませんか?

このままじゃセックスする意味がわからなくなって、彼氏への気持ちも薄れてしまうかもしれません。やっぱり思った事は伝えなければ…!

解決法は2つあります。1つは、彼氏が前戯をやめそうな気配がしたら「もうちょっと」と繰り返して、いきなり入れてくるのを阻止する作戦。「ちゃんと準備しないと痛いから」と付け加えてもいいですね。

もう一つは、いつも通りいきなり入れてくる彼氏に対して、ちょっと大げさに痛いフリをして気付いてもらう作戦です。「イタッ…」と声に出して「ちゃんと準備しないと実は痛いんだ」と言えば、普通は学んでくれますよ。

カレの性格・愛情は前戯の時間に表れる…!?



3.どれくらい必要なのか知らないから

彼氏にとってアナタが初めての彼女。彼がアナタで脱童貞した。しばらく彼女がいなくてセカンド童貞になっていた…なんて場合、そもそも前戯の必然性・どれくらい必要なのかが全くわかっておらず、いきなり入れてくることもあります。

中には「普通」が通じない男性もいるんですね。でもこの場合は知らないだけですから、わかればちゃんと前戯してくれる望みがあります。もしかしたらメチャクチャ上達して凄テクの持ち主に化けるかもしれませんよ!

→言葉よりも実戦で教え込もう

1・2番でもお話ししたように、自分の気が済むまで「もっとして」とオネダリするのは効果的です。経験が少なければ「あっそういうものなんだ…」と思いますから。「もっと舐めて」なんてエッチな言い方を工夫して興奮させるのも賢い方法ですね。

それに、こんな風にセックス中に実践で教え込めばシリアスムードな説教タイムを改めてセッティングしなくて済みます。彼氏のテク・エッチのやり方について話すって、こっちも気が重いですもんね。それに経験の少ない繊細な彼氏を傷付ける可能性も低いですよ。

もしいきなり入れてくるだけじゃなく全体的にエッチが下手なら、男性のテクニックを上手に育てる方法があるので、参考にしてみてくださいね!

4.自分が早く気持ち良くなりたいから

こんな自己中な理由からいきなり入れてくる男性もいます。①相手よりも自分を優先させる自己中タイプ、②挿入の快感にハマってとにかく入れたい欲求でいっぱいになっている、③残念ながらアナタの気持ちより体が目的、という3パターンが考えられますね。

②番なら、慣れればまた違ったセックスをする可能性があります。例えば性欲真っ盛り!な10代の彼氏なら、しっかり前戯する余裕がなくても不思議ではないからです。

問題は①番と③番。結局はアナタがどこまで許せるかが鍵ですが、「もうちょっとこうしてほしい」と伝えた後の彼氏の態度によってはお付き合いを考え直した方がいい場合もありますね。体目当ての彼氏の特徴も合わせてチェックしてみてください。

前戯する時間が長ければ愛情があるのかと言うと、そういうワケでもありません。が、ある程度は比例します。少なくとも、ちょっとでも「痛いかもしれない」という考えがあればいきなり入れてくる事はないと思いませんか?

おわりに

まとめると、「いきなり入れてくる」という事実だけでは愛情のある・なしは量れないと言えます。彼氏のタイプや今までの恋愛経験から、ご紹介したうちのどのパターンの確率が高いのかを判断してくださいね。

Pocket