女性の性癖もわりとエグい!?痴漢、3P…意外と過激なパターン11つ!

実は◯◯で興奮する私…アナタなら◯の中に何を当てはめますか?彼氏はもちろん、友達にも誰にも言えない。絶対私って変。そんな風に自覚している性癖はありませんか?

もしかしたらそれ、アナタだけじゃなくて世の中の女性みんなが思っている事かもしれません。今日は意外と過激な女性の性癖についてご紹介します!

1.露出癖

人には言えない。でも意外と欲求を持っている女性の数が多いのが、こちらの露出癖です。人に見られて興奮する…女性の性癖の中でもトップに上がってくるメジャーなものですね。アナタもフッと感じたことがありませんか?

男性の欲望が滾ったギラギラした目で見られて興奮するって人、多いんですよ。もともと女性には見せたい・見られたいという本能があるとも言われているので納得できる性癖ですね。

ちなみにこの女性の性癖にもいろいろなタイプがあって、不特定多数に見られながらセックスしたい、オナニーしたいという願望から実際に危ない橋を渡ってしまう人もいれば、ハプニングを装ってわざと下着を見せて楽しむ人もいます。

欲求はあるけど実際に見られるのは困るから人気のないところでスリルを楽しむ…なんて人もいますね。また、意識するのは男の目だけに限らず、同性の目でもOKというタイプもいます。とにかく「見られる」ことで快感を得るワケですね。

2.痴漢願望

周りに人がいる中でコッソリ弄られ続ける…数人の男性に触られる…こういった痴漢願望も、女性の性癖としてはメジャーです。

ただしこのケースはちょっと複雑で、妄想やAVでは異常に興奮するのに、いざ自分が経験すると体がすくんでしまったり恐怖を覚えたりする女性も多いです。

ちょっと荒っぽくされたり無理やり気味のシチュエーションで興奮する女性はかなり多いですが、こういう事を考える時だいたい女性はフィクションを前提にしています。実際の状況で危機感が先に立つのは女である以上当たり前と言えますね。

また、過去に痴漢に合った事があって、その時は嫌だったのに、AVなどで見るとなぜか興奮するようになった…というパターンもあります。常に心の葛藤を必要とする女性の性癖、と言えそうですね。



3. 3P願望

3人でセックスしてみたい願望を持った女性って、意外と少なくありません。もちろん実際に行動に移すかは全く別の話ですが、妄想ではいつも二人がかりで責められてる…なんて女性が実は珍しくないんです。アナタもコッソリ興味があったりしないでしょうか?

面白いのは、女性の性癖の場合「男2:女1」の割合でシたい、というパターンがほとんどなところ。つまりとにかく責められて気持ち良くなりたい…!という願望が表れているんですね。

男性と違って、なかなか全てをさらけ出してセックスする機会がない(そして絶頂する機会もない)女性という生き物だからこその欲求、と言えそうです。

大好きな彼氏・旦那の前では「引かれたくない」「可愛く見られたい」などの心理が働くので、なかなか本気になれないんですよね。でも本能の部分ではもっと淫れて気持ち良くなりたい…女性の性癖って、葛藤から生まれているのかもしれません。

4.オモチャで責められたい

こちらも「気持ち良くなりたい!」という本能的な欲求がにじみ出ている女性の性癖です。Mな一面を持っていることが多い女性は、激しい・強引・無理やり…などの雰囲気に興奮する傾向があります。

でも現実ではなかなか希望通りに責めてくれる男性っていないですし、そもそも満足できるくらいのテク・スタミナを持っているのは一握りです。つまり常に欲求不満を抱えているんですね。女性の性癖にはこういう満たされない想いが深く関わっています。

だから女の子がオモチャ責めされて気持ち良くなるシーンを目にしたりすると、人間みたいに疲れないオモチャでとにかく責められたい。無理やり気持ち良くさせられたい、といった願望が生まれやすいんですね。

ただしオモチャに関しては興味を持っている男性も多いので、話の流れで巧みに誘導して使ってもらう事は充分可能ですよ!

5.緊縛したい・されたい

縛られたい、縛りたい。縄を使って緊縛する本格的なやり方を好む女性もいますが、タオルや身近にある紐状の物で簡単に手や足を拘束してプレイするソフトSMなら、願望を持った女性はかなりたくさんいます。多いのは「縛られたい派」ですね。

3Pしかり、オモチャ責めしかり、女性の性癖に共通している基本の欲求は「責められて気持ち良くなりたい」というもの。特に緊縛は「身動きできない状態で」というかなり美味しいシチュエーションが追加されるので、憧れる女性が多いワケです。

もちろん中には、彼を縛って責めたい。男女に関係なく縛りたい、という女性の性癖も見られますね。

6.スパンキングされたい

スパンキング…つまり叩かれたい願望ですね。叩かれる時の乱暴な雰囲気や音、痛みで興奮を覚えるM女性の性癖です。相性が合うSタイプの男性を見つけられれば欲求は叶えられますが、ノーマル男性相手だとあまり受け入れてもらえない傾向がありますね。

「女性を叩くなんて無理」「かわいそう」と感じる男性が多いからです。本人は痛みや苦しみを快感と捉えられるので、中にはセックスの最中に首を絞められたい…なんて、わかる人にしかわからない欲求を持った人もいます。いわゆる真性マゾな女性の性癖ですね。

このタイプはなかなか理想のセックスができずに悩んでいることが多いです。ただし、バックの時にお尻を叩きたくなる男性はある程度存在するので、そこが狙い目ですね。

7.噛みたい

最初は舐めたりして優しく愛撫するのに、途中から噛みつきだす人が男女に関係なく存在します。男性の場合は興奮してつい…というケースが多いですが、女性の性癖の場合は愛情が高まって制御しきれなくなった結果、噛みたい衝動が起こっていると考えられます。

ただ「痛いから噛み付き癖をなんとかしてほしい」と思っている男性の方が圧倒的に多いですね。女性の性癖の中でも、こういう相手に何かをするタイプは相手を選びます。

性的嗜好が合わない場合ダイレクトに破局に繋がるので、彼の反応によっては封印するべきかもしれません。

8.ニオイを嗅ぎたい&嗅がれたい

いわゆる匂いフェチですね。「彼氏の匂いが好き」という人は多いと思いますが、それをもっとエスカレートさせると”女性の性癖”と呼ぶにふさわしいものになります。例えば、汗だくの男性のニオイや洗ってないペニスのニオイなどで興奮する、といった感じです。

一般的には臭いと判断されるようなニオイのほうが逆に興奮するということですね。まさに性癖です。

また、ニオイを嗅がれることで性的興奮を覚えるタイプもいます。特に洗っていない足やアソコの臭いを嗅がれると、凄く恥ずかしいのに濡れちゃう…なんとなくわかりませんか?

「ダメなのに」「恥ずかしいのに」といった「✕✕なのに」というシチュエーションで燃えてしまう女性はかなり多いんです。これもある意味女性の性癖と言えますね。

9.お漏らしを見られたい

こちらは一回経験してみたら意外と快感で、いつのまにか癖になってしまった…なんてパターンも多い、中毒性の高い女性の性癖です。

例えばトイレ以外の場所だったら「こんなところでダメなのに…」と思いますよね。彼氏の目の前だったら、「彼が見てるのに…!」と抵抗を感じるはずです。実はこの背徳感がクセモノで、逆に性的な興奮を高めるスパイスになるんです。

ダメダメ…と思いながらもやると気持ち良くなりますよね。この何とも言えない快感が依存性を持っているので、またやりたくなってしまうんです。

10.競泳水着プレイ願望

どういうこと?と思われたでしょうか。これは締め付けの強い競泳水着を着てエッチすると興奮する…という、なんとも珍しい女性の性癖です。コスプレを好むタイプとも言えるかもしれません。

いろいろな衣装があるなか競泳水着が人気を呼んでいる理由は、締め付けられる感じやアソコ部分の生地をズラしてすぐ挿入…といった流れに興奮するから。Mっ気のある女性がトキメキやすいプレイ内容ですね。

シチュエーションを決めて役になりきってプレイする…というエッチの仕方がありますが、意外とノってきてくれる男性も多いですよ!もし興味があればトライしてみてはいかがでしょうか?

11.言葉責めされたい

こちらは当てはまる数で言えば一番多いと言っても過言ではない女性の性癖です。もしかしたら今まさにウンウンとうなずかれているかもしれませんね。オスの顔でいやらしい事を言われながら責められたらメチャクチャ興奮しますもんね…!

拘束や目隠しと一緒に言葉責めされたい、という”セット願望”を持った人も多いこちらの女性の性癖。でも実際に上手に言葉責めしてくれる男性ってなかなか存在しません。

もしアナタも解消されない欲求を抱えているなら、自然と男性が言葉責めしたくなる方法もご紹介しているので、試してみて!

おわりに

仲のいい友達にも、彼氏にも、女性が自分の性癖について口にする事はほとんどありません。だから女性の性癖は謎に包まれています。でもみんな言わないだけで、蓋を開けたら意外と過激。

逆に男性のようにオープンにできないからこそ、誰にも言えない欲求が溜まって溜まってエスカレートしているのかもしれませんね。

Pocket