彼を感じさせる上手な愛撫!「良すぎてヤバイ」状態にするテク6つ!

jozunaaibu

セックス中、頑張って愛撫してるつもりだけど彼氏の反応がイマイチ…なんて事はありませんか?男性が感じる“上手な愛撫”がどんなやり方を指すのか、よくわかりませんよね。

そこで今日は、もっとテクを上達させて彼氏を気持ち良くさせたいアナタのために、基本だけど劇的に快感がアップする秘訣をご紹介します!

指テク

1.指先(爪)だけで触れる

前戯では触り方にちょっと気を付けると彼をゾクゾクさせる上手な愛撫になりますよ。コツは指先だけ、または爪の先が少し触れるくらいでスゥ…ッと肌を撫でること。接点が小さいと肌が敏感になって刺激をより強く感じるんですね。

自分の腕で試してみるとわかると思いますが、手のひら全体をつけてサワサワされるよりも指先だけでなぞられた方がくすぐったくありませんか?セックス中、興奮している時はこのくすぐったさが性感に変わるので上手な愛撫になるんですね。

しかも、いかにも「感じさせるための愛撫」って感じでエッチな雰囲気も出ますよね。これがさらに彼氏の気持ちを高める働きをするワケです。

アナタの指先からエロスを感じ取った彼は勝手に興奮してくれます。そうするとセックスは盛り上がりますし、相乗効果でアナタも興奮してきます。つまりパフォーマンス的な部分を工夫する事も上手な愛撫の一環なんですね。

2.緩急をつける

ただ触っただけじゃ気持ち良くできないのが愛撫の難しいところ。触り方と一緒にマスターしたいのは“緩急”です。つまりスピードですね。これを彼の気持ちに合わせて変えられると一気に「上手な愛撫」と感じてもらえるんです!

例えば、セックスが始まって彼が期待に胸を膨らませている時、これから気持ちを盛り上げる…という段階ではじれったいほどゆっくりなぞってゾクゾク感を高めましょう。この時、彼氏の目をじっと見つめると隠れたMの部分を刺激できて◎です。

そして興奮と快感MAXで荒い息を吐いている時は、それに合わせて速い動きで責めましょう。激しさから「彼女も同じくらい興奮してる」と感じさせるので、もっと気持ち良くさせられますよ!

また、人間は同じやり方で刺激され続けると快感が落ちますが、スピードや触り方が変わっていけば彼は慣れる暇もなく翻弄されっぱなし!上手な愛撫ができればセックスの間中ずっと夢中にさせておけるワケです♡

舌テク

1.常に濡れた状態が◎

彼氏に「上手な愛撫」と感じてもらうために欠かせないのは舌技。やっぱり濡れた舌の感触は別格です。確実に手よりも気持ち良くさせられるので、セックスで使わない手はありません!

そんな舌テクで一番意識しておくべきは、乾かないようにする事。そう、彼の体を舐めるのはいいんですが、舌ってわりとすぐに乾いてきちゃうんですね。で、まだ大丈夫かな~って思いながら舐め続けちゃったりすると…これが実はNGなんです。

敏感なペニスを責めている時なら致命的。舌が乾き気味だと摩擦が起こって「痛い!」と思わせかねません。舐める時はとにかく“唾液でヌルヌル”にする事が上手な愛撫の基本です。乾いてきたな~と思ったらソッコーで口の中に戻して潤わせてから再開しましょう。

ちなみにフェラチオ中なら、むしろ溜めた唾液をコッソリ垂らしてドロドロの状態にするくらいが気持ちいいと感じさせますよ!

+α!彼氏を気持ち良くさせるフェラテク6つ

2.強弱をつける

指で強弱をつけた愛撫をするのは難しい(というか強くすると痛い)ですが、舌を使う時はむしろ強弱に気を遣うと上手な愛撫になります。

というのは、体にはチロチロ…と舌先だけでくすぐられるとゾクゾクする部分と、面を使って少し強めに舐めあげられると気持ちいい場所があるからです。この2つの舐め方ってだいぶ感覚が違うんですよ!

人によって、またその日によって感じ方が違うので両方試してみるのが一番ですが、ご参考までに、首筋や乳首の周りは舌先チロチロが〇。逆に腰骨の辺り、タマタマは面で舐めた方が気持ち良くさせる事ができます。

彼氏のその日の感覚に合った責め方に変えられることも上手な愛撫テクのうち。彼の反応をよく見て、その時に一番気持ち良さそうにした方法で責めてあげましょう!もちろん、唾液いっぱいのヌルヌルの状態で挑むことをお忘れなく♡

3.時々小さく喘ぐ

ご紹介している舐めテクにプラスすると上手な愛撫をさらに完璧にしてくれるのが、女性が時々漏らす小さな喘ぎ声(吐息でもOK)です。たったそれだけなんですが、男性陣はグッとくるんですね!

試しに、ひたすら無言で舐めているところを想像してみてください。お互い無言です。イマイチ盛り上がりに欠けると思いませんか?それよりも、「はぁっ…」と吐息を漏らしたり、「んっ…」とくぐもった喘ぎ声が聞こえた方がエッチで興奮しますよね。

指先テクでも軽く触れましたが、セックスでは“パフォーマンス”的な部分まで工夫できるとさらに彼氏を興奮させる事ができるんです。せっかく上手な愛撫を目指すんですから、+αも忘れずに!



同時に2、3か所攻める

攻める場所が1か所だけ(例えばペニスだけ)だと、最初は気持ち良くてもだんだん刺激に慣れてしまいます。つまり、気持ち良くてフワフワしていた意識が戻ってきて、理性がハッキリしてしまうんですね。これでは上手な愛撫とは言えません。

セックス中はずっと気持ちいい状態で興奮させておきたいですよね?それなら、彼の性感帯を同時に2、3か所責める事をオススメします。体の色んなところを刺激されれば、快感は単純に増えます。彼の気持ちいいメーターを振り切らせる上手な愛撫になるワケです。

首筋や乳首を責めながらペニスを撫でたり、ペニスを舐めながら乳首を責めたり、タマタマを下からすくい上げて揺らしたり。わき腹や内股に手を滑らせてもいいですね!

ペニスから強烈な快感を得ている時は他の場所への愛撫が「気持ちいい」に変換されやすいので、カラダを開発する事にも繋がりますよ♡ちなみに、こちらは挿入した後にもっと彼氏を感じさせるテクとしても使えますよ!

男性の乳首の開発方法

スルー厳禁!男はタマタマで感じる

おわりに

意外と簡単…と感じたかもしれませんが、こういった基本がすっぽ抜けていると絶対に気持ち良くなれません。まずはご紹介したことにトライして、彼氏の反応を見ながらカレ専用の上手な愛撫を完成させてくださいね。

Pocket