彼氏がハメ撮りしたがる!何に使う?許してもいい?ギモン解決7つ!

kareshi-hamedori

彼氏のハメ撮りを許すか許さないか迷っているアナタ。もしかしたらアナタは今、人生の分かれ道に立っているかもしれません。

なんで彼氏は撮りたがるのか。何に使うのか。どんなリスクがあるのか…全部知らないと、大変なことになるかもしれませんよ。

なんでハメ撮りしたがるの?

1.オナニーのオカズにするため

彼女とハメ撮りしたがる男性の一番の心理は、「一人の時に見て興奮したい」「オナニーに使いたい」などがメジャー。

また、遠距離、忙しくてなかなか会えない…なんてシチュエーションで付き合ってると、余計に「動画に残しておきたい!」という心理が働きやすくなります。これはなんとなくわかりますよね。

初めから悪意がある男性もいますが(悪意については後ほどご説明します)、「好きだから残したい」「彼女でオナニーしたい」という純粋な気持ちでハメ撮りをお願いしてきてる…と信じたいですね。

ただし、たとえ彼氏に悪意がなくても、人にバレたら困る行為を動画に残すという事は想像以上のリスクが伴います。この後でご説明する“危険な可能性”と“許す時に注意すること”も必ずチェックしてくださいね。

2.撮影して燃える性癖だから

ハメ撮りは彼氏の性癖と関係があるかもしれません。“彼女とのセックスを撮る”という行動に興奮するんです。また、女性が撮られて恥ずかしがっているところを見て燃える男性も少なくありません。

こういう男性はコレクション癖を一緒に発動している可能性があります。何本でもハメ撮り動画を撮りたいんです。人間の性癖はほぼ変わらないので、過去も未来もセックスを撮る事にこだわっている男性かもしれません。

ハイハイ、となんでも受け入れているとエスカレートする事も考えられますよ。アナタが嫌がっても撮りたがったり、「過去の女はさせてくれた」なんて発言するようなら要注意。アナタを本当に大切にしてくれる彼氏…とは言えないかもしれません。

3.ネットにアップするため

ここからは悪意がある場合をご説明します。まず考えられるのはネットにアップするため。軽い気持ちで無料動画投稿サイトにアップする人もいれば、動画サイト・個人サイトでお金を稼ぐためにアップする人もいます。

前者の理由はさまざま。他のネットの住人に感謝されたいからかもしれませんし、新しい動画を見るためにポイントを稼ぐため…なんて理由かもしれません。

AVやネット上には“素人ハメ撮り”なんてメジャーなジャンルがあるんですよ。つまり需要はたっぷりあるんです。

今は大丈夫でも、この先データがある限り彼氏の気が変わってネットにアップしないとも限りませんよ。また、付き合ったばかりの彼氏、出会ったばかりの男にハメ撮りをお願いされた場合は、なおさら応じない事をオススメします。

4.売るため

あんまり考えたくない事ですが、ハメ撮りした動画を売ってお金に変えるため…という可能性も0ではありません。アダルトサイトの管理側に直接交渉したり、AV制作会社に持ち込んだり。買い取ってくれる業者を探そうと思えば探せてしまうんですね。

彼氏の素性は知れていますか?謎に包まれた男性や出会ったばかりの男性は警戒しておいて損はありませんよ。また今はそんな気がなくても、この先お金に困った時に悪魔のささやきに負けてしまわないとも限りません。

私たちはこんな風に取引される価値がある“女”である事を、もうちょっと自覚した方がいいのかもしれませんね。

5.いざという時の切り札にするため

彼氏の事をこんな風に言われて微妙な気持ちになるかもしれませんが、あり得てしまう話です。アナタに別れ話を持ち出された時、要求を聞いてほしい時、お金に困った時…「俺にはあのハメ撮り動画があるんだぜ?」と脅しに使うワケです。

実際、別れようとした時はおろか、とっくに縁が切れた昔の男から「ネットにばらまくぞ」と脅される女性は後を絶ちません。さらにその関係が不倫だった場合や、結婚して家族がいる場合など、弱みを探して脅しに使える機会はいくらでもあるんです。

可能性は高くないかもしれません。でも、こういう可能性が少しでもあると思うと怖くありませんか?バラまかれて困るのは女性なんです。

許す?許さない?

1.ハメ撮りは「許さない」が平和

彼氏がしたがる事は叶えたい!と思うのが女心。「好きだから」「寂しいから」なんて言われると、つい許したくなりますよね。でも使い道でご紹介した通り、トラブルの元になる可能性は低くありません。

リベンジポルノはご存知ですか?元配偶者や元恋人などがハメ撮り動画や性的な画像を勝手にバラまく…という行為です。被害者の9割以上が女性で、2015年には1000件以上もの被害相談が警察にありました。

今は「彼氏がそんな事するワケない!」と思うかもしれません。が、この先別れないとは言い切れませんし、人間どう変わるかわかりません。

他にも、彼氏がスマホやパソコンを紛失する可能性、ウイルスに感染して第三者やネットに公開される可能性、彼の友達に勝手に見られたり、悪用される可能性…改めて考えるとリスクだらけです。

一度流れれば打つ手はありません。謝られても罪に問うても、女性側の痛手は減らないんです。こればかりは「許さない」が平和ですよ。

2.もし撮らせるなら…?

筆者はオススメしませんが、万が一ハメ撮りに応じる時のために“最低限守るべきポイント”を4つご紹介します。

1つ目は、繋がっている局部だけアップで撮らせる事。顔は絶対に!撮らせてはいけません。2つ目は声を出さない事。3つ目は名前を呼ばない・呼ばせない事。4つ目は背景など、場所が特定できる情報を入れない事。

これらを守れば、たとえ流出しても個人は特定されません。わかるのは自分と彼氏だけです。第三者にバレる事はありません。

撮り終わった映像はすぐに確認して、もし困る情報が入っていればその場で削除。別の日に改めて撮り直しましょう。ハメ撮りを許す時は、一番最悪の事態=流出の可能性を考えて、必ずしっかり対策をしてくださいね。



おわりに

いかがでしたか?一見、ただの“ラブラブカップルの刺激的なプレイ”に見えるハメ撮り。ですが、実は恐ろしいトラブルの元でした。彼氏に頼まれた時はよく考えて、後で後悔しない選択をしてくださいね。

Pocket