ありえない!彼氏がお金を返さない時の対処法!返済させるコツ6選

karesi-okane-kaesanai

彼氏がお金に困ってたから、不安もあったけど取り敢えずのつもりで貸してしまった。でも、そのお金を彼はいっこうに返さない。ちゃんと返してほしいけど、自分からは言い辛いし、ガメツイ感じがして気が引ける……。

今回は、そんな彼氏がお金を返さない時に実行すべき、返済させるコツをご紹介いたします。うやむやのままなんてダメですよ!

1.デートの時に財布を持っていかない

彼氏が貸したお金をそのまま現金で持ってこないなら、デート代として数回に分けて返済させるのも一つの手です。そのために、彼と会う時にはお財布は置いていきましょう。

やり方は、うっかり財布を忘れた艇を装えばOK。「あれ?お財布お家においてきちゃった!」「ごめんね!私の分払っといてくれる?」こんな風に唐突にお願いされれば、彼氏も払わないわけにはいきません。

連続でお財布を忘れたというのも怪しまれやすいので、3回に1回のペースで、お財布を忘れてしまった、お金をおろしてくるのを忘れたと、デート中の支払いの瞬間に彼に伝えましょう。

また、次第に彼もあなたがわざとお金を持ってきていないことに気付くようになります。でも、あなたは彼に貸しがあるわけですから、強くそれをとがめられることもないでしょう。しれっとした顔をしていればいいんです。

彼に貸した合計金額と同じくらいまで、デート代が到達したら、いつも通りの割り勘に戻したり、これまで通りしっかりお財布を持って出かけるようにしましょう。

2.プレゼントで返させる

お金を返さない彼氏には、貸した金額と同等のプレゼントをおねだりするのもいいでしょう。記念日や誕生日を待つ必要はありません。「一目惚れでどうしてもコレが欲しい!」とお願いしてみましょう。

現金を返済させるために詰め寄るのは、確かに女としてちょっと下品なように見えますが、欲しいもののおねだりなら、可愛く見えるものです。遠慮せずにぜひお願いしてみましょう。

「これ実はずっと欲しかったの!いいな~いいな~」自分の愛する彼女が、寝ても覚めても欲しいものをうっとり眺めているような姿を前にすれば、彼氏として心も動くはずです。あなたへのプレゼントのために一生懸命貯金をし始めるでしょう。

結局、借りたお金を返さない男性って、彼女がそれを咎めてこないからその状況に甘えて、貯金や返済ができなくなっているパターンが大半なんです。

彼女に欲しいものを買ってあげるという目標ができれば、結構あっという間に返済額までお金をためることもできるんですよ。ぜひトライしてみて。



3.貧乏アピール

「あなたに貯金してた分を貸してしまったから、今は質素な生活をしてるの」と、彼氏にお金ないですアピールをするのも効果的な方法のひとつ。自分のせいで彼女が辛い目にあってると思えば、彼だって改心するはずです。

たとえば、デートに誘われても「ちょっと今月厳しいから」と数回断りを入れる。「最近、食事は家で質素に済ませてるの。お金なくて……」こんな発言を彼女から繰り返し聞くようになれば、どんなに鈍感な男でも気付くはずです。

基本的に男性って、口で言われない間は「大丈夫だろう」と思っていることが大半です。つまり、あなたから「どうしてお金を返さないの!?」と詰め寄られない限り、放っておいても大丈夫と思っているんです。

だからこそ、直接的な言い回しをしなくても、「今お金無くて…」という状況をそれとなく悟らせれば、彼氏も「自分のせいだ」と気付くようになります。そうすれば、徐々にですが彼もあなたに返済をするようになるはずですよ。

4.お金を遣う予定を伝えておく

男って、明確な目標や期限がないと行動に移せなかったりもします。そんな心理を利用して、彼氏に「○月○日にお金を遣う予定があるから、それまでにこの前貸したお金を返してほしい」と伝えるのも、確実に返済させるコツです。

たとえば、結婚式に出席するから新しいドレスを買ったり、ご祝儀も出す。実家がリフォームする。一人暮らしの部屋の更新時期が来る。などなど。理由は何でもOK。彼に貸した額と同じくらいになるような理由を伝えましょう。

明確に「その金額がいつまでに必要」と分かれば、彼も返済の計画を立てやすくなります。また、それまでに返済できなければ、彼女を困らせてしまうという負担もあるので、これまでのようにナアナアにできなくなるんです。

貸した額や、彼氏の性格がどれだけおっとりしたタイプかなどの違いもあるでしょうが、大体1カ月~半年後を目安に返済期限をつけましょう。焦りは禁物です。確実に全額返させるためにも、ある程度余裕を持った期限を伝えましょう。

5.第三者の力を借りる

どうしても自分一人では解決できないと感じるなら、友人や家族などにお願いして、お金を返さない彼氏に注意をしてもらいましょう。

一番効果があるのは、彼の両親です。実の両親から、「お前、彼女に借金してるらしんじゃないか!どういうことだ!」と一度厳しく叱ってもらえれば、すぐに返済もされるでしょう。

ただし、彼のご両親とは接点がなかったり、そこまで事を公にしたくないと思うなら、彼氏とあなたに共通する女友達にお願いをしてみましょう。もちろん、変な噂を流されたりしない、信頼のおける友人を選んでくださいね。

彼女以外の女性から、「お金を借りっぱなしにするなんて、男としてありえないよ!」と忠告を受けると、結構男性には胸に刺さるものがあるんです。

自分にもっとも近い存在の彼女が黙認しつづけてくれたことで、ちょっと常識から外れた自分を「それおかしいから!」と外部から突っ込まれるのって、結構効果があるんです。

彼氏も、友人までにならお金を借りたという事実を知られても、そこまで抵抗はないでしょう。一人で悩まずに、誰かに助けてもらうことも必要です。

6.別れを意識させる

貸したお金を返さない彼氏に究極の選択を迫るのも、しっかりと返済させるには必要になります。どれだけあなたが本気なのかを見せるのが勝負ですよ。気を許したり、甘えさせてはいけません。

極論、彼氏がいつまでたってもお金を返さないのは、あなたが甘いからです。「このまま無かったことにしてしまっても、こいつなら大丈夫だろう」と舐められている証拠です。

そんな彼には、一度お灸をすえる必要があります。「貸したお金をこのまま返さない気でいるなら、別れるから」ときっぱり彼に伝えましょう。

もちろん、口で伝えるだけでは彼も焦りを感じないでしょう。別れに向けて、実際行動を起こす必要もあります。

たとえば、彼の部屋に置いてある私物を片づける。デートなどの約束もすべてキャンセルする。貰ったプレゼントを彼に返してしまう。などなど。

これほどのあなたの本気度を見せつけられれば、いくら甘えん坊の彼氏であっても、さすがにマズイと感じるようになるはずです。

すぐには全額がそろわないにしても、今後月にいくらずつ返済していくと約束するような流れになるはずです。この時も、「だったら許してあげる」なんて気を抜かずに、「1日でも返済が遅れたらその時は、別れます」と釘を刺しておきましょう。

おわりに

お金を返さない甘えた彼氏に、きっちり返金をさせるコツについて、6つの方法をご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?

やっぱり金銭的なことが絡むと、男女の仲もややこしくなってしまいます。どんなに彼が好きであっても泣き寝入りはいけません。勇気を持って彼に返済を訴えましょう。ぜひ参考にしてみてくださいね!

Pocket