「彼氏に犯されたい」M女がセックス中に彼をドS化させるコツ6つ!

優しいだけのエッチに「彼氏に犯されたい」願望が膨らんでいませんか?引かれるかも…と思うと「Mだからもっと激しくして!」とは言えないんですよね。でも正直物足りない…!

という事で、今日はセックス中に男性をS化させる6つのコツをご紹介します。M宣言をしなくても自然と激しいエッチを堪能できちゃう秘訣とは!?

1.四つん這いバックに挑戦する

彼氏の“オス”の部分を引き出したい時、効果抜群なのが“バック”という体位です。「えっそれだけ?」と思われたかもしれませんが、これが彼氏に犯されたい日にうってつけ!どんな男性でも不思議と激しいセックスになってしまう魔法の体位なんです。

騎乗位でアナタが後ろを向いて体勢を変えていけば、繋がったまま体位を変えられますよ!バックになった直後はぎこちなかったとしても、しばらくピストンを続けると男性はだんだん余裕が出てきます。

そして四つん這いでされるがまま気持ち良くなっている女性の姿や、お尻が突き出されたエッチな見た目、動物みたいな交わり方に興奮してきて、だんだん腰の動きが激しくなる…というカラクリです。

また、「四つん這いで後ろから突かれる」というシチュエーションと彼氏に犯されたい気分が混ざってアナタの興奮度合いも急上昇。すると自然に空気が熱を持ってくるので、相乗効果で彼もヒートアップ!バック、期待できますよ!

2.騎乗位で腰を掴ませる

騎乗位で腰を掴まれて下から揺さぶられる…自由に動けない状態で激しくされるので、M心が疼くシチュエーションです。彼氏に犯されたい欲求の解消にピッタリでね!

とはいえ騎乗位をするために寝転がった男性って、手をそのまま横に投げ出して受け身になってしまうことが多いです。これでは完全に女性が動かないといけない=全然M心に響きません。だから激しい雰囲気になるように誘導するひと手間が必要です。

彼の両手を腰に当てさせて、その上から前後に揺する動きをさせましょう。どんなやり方で彼氏に犯されたいかを体感で教えるんです。手を離しても揺さぶってくれるようになったら、「気持ちいい」と気分をアゲる反応をしてから「もっとして…!」と煽りましょう。

アナタの興奮が伝わってくれば彼も必ずシンクロして盛り上がりますし、嬉しいと感じます。セックスの度に繰り返せば、アナタの彼氏に犯されたい気持ちを少しずつ察してくれるようになりますよ!



3.立ちバックに誘導する

立ちバックは男性をS化させるのにかなり効果的な体位です。そして、ベッドから離れることでお互いに体を動かしやすくなる事もポイント。体勢が制限されなくなるので、彼氏に犯されたいモンモンとした気持ちをバッチリ解消できます。

物に掴まらずに二人だけで絡み合って本来の立ちバックをしてもいいですが、慣れないうちは彼が上手く腰を振れない可能性もあります。そこでオススメは、あなたがベッドに手をついてお尻を突き出す格好で後ろから突いてもらう方法。

男性はベッドの上にいた時と違って手をつく場所がないので、自然にアナタの腰を掴みます。そして目の前には突き出されたエッチなアソコ…この条件が揃うと男性は自然と激しく腰を振るようになるんです。

最悪1回目はぎこちなくても、次のセックス、そのまた次のセックスでチャレンジするうちにコツは掴めますし、余裕も出てくるので彼氏に犯されたい願望は近いうちに叶うはずですよ!

4.「イかせたい」という男心を煽る

「犯したい…!」そんな男性の激しい衝動はどんな時に発動すると思いますか?原動力になるのは彼のテンション…つまり、興奮している事がポイントです。そして「自分が彼女を気持ち良くさせてる!」と実感した瞬間、完全にSスイッチがONになります。

この条件にピッタリのシチュエーションを作れるのが、挿入してしばらく経って中が馴染んだ頃に「気持ちいい、気持ちいい…っ」と繰り返す事。これが彼氏に犯されたい欲求を叶えてくれるエサになります。でも棒読みじゃダメですよ!

腰が無意識に動いていたり、しがみつく腕の力が強くなっていたり…そんな仕草や状況も合わせて「本当に良さそう」と思えた時に、男の脳は一気に沸騰するんです。

エロい!興奮する!そんな感情に合わせて、もっと気持ち良くしたい…!という欲求がブワッと湧き上がります。すると、次の瞬間には腰を激しく振っている男性が多いんですね。彼氏に犯されたいなら“いかにオトコの興奮を煽るか”が鍵ですよ!

5.タイミング良く「もっと」とねだる

数十分あるエッチの間、彼の気持ちに微妙に波がある事に気付いていますか?彼氏に犯されたいならこの波は重要です。興奮が落ち着いている時、だんだん高まってきている時、MAXの時…と必ずムラがあるんです。

そしてS化させるのはだんだん気持ちがノってきたタイミング。判断する基準になるのは、彼の動きが速く、荒っぽくなるのを感じた時です。例えば舌の動きや腰の動きがだんだん速まってくる…などですね。

この時に、「もっとして…!」「もっと来て!」というセリフ+ギュッと力を込める仕草をするんです。この最後の一押しがあるかないかで、男性のS心が開花するか、しないかが決まります。このタイミングの一言は彼の理性を崩すには十分ですよ!

ちなみに、少し高めで甘えるような声を出すと「彼氏に犯されたい」雰囲気が男性のオスの部分を煽ります。こういう特徴は女=“エッチな気持ちになる対象”とすぐに認識されるので、より彼の中のSを引き出す事に繋がりますよ。

6.自然にS化させる“言葉のステップ”を使う

ふだん激しいエッチをしない彼氏に犯されたいなら、愛撫をしているその瞬間、具体的に誘導して少しずつ理想の雰囲気に持っていくのがオススメです。例えば乳首を愛撫されている時。

本当は優しく舐められるよりも強く吸ったり噛んだり、もっと激しく彼氏に犯されたいですよね。こういうシチュエーションではまず、「もっといっぱい舐めて」→「吸って」「もっと強く」とステップを踏んで、彼氏に勢いをつけさせます。

そして最終的に「噛んで…っ」とお願いします。流れのおかげで彼は自然なSっぷりを発揮するはずです。空いている方の胸に手を当てさせて、上から激しめに一緒に動かして刺激を増やすのも興奮しますよ♡

もともと激しいタイプじゃなくても、お願いされれば彼は試します。それによってアナタが想像以上に乱れれば興奮を覚えるのは確実。そこでさらに背中を押してあげるとSが目覚めるキッカケになって、晴れて彼氏に犯されたい願望も叶うワケです♡

おわりに

本当はもうちょっと激しくしてみたいけど、「嫌われるかも」「引かれたら」などの不安から表に出さない男性が実は少なくありません。「彼氏に犯されたい」となかなか言えない私たちと根底は同じなんですね。

でもたとえ小心者な男性でも行為中に後押しされると新しい扉を開きやすいので、仕掛けてみてください。

Pocket