えっアレが裏目!?正しい「形のいい胸」の作り方!美乳への道6つ!

katachinoiimune-tukurikata

年齢を重ねるにつれてハリを失って垂れていく。ワキ・背中にお肉が逃げて形が悪い…そんな胸の悩みを「しょうがない」と思っていませんか?

もしかしたら毎日のアレがその悩みを急速に悪化させている原因かもしれません!形のいい胸の正しい作り方、そろそろ知っておきませんか?

1.胸に合ったブラを選ぶ

形のいい胸の作り方、一番基本になるのは正しいブラを付ける事です。

・アンダーが浮く

・胸の上のほうに隙間がある

・ブラがずり上がってくる

・肩ヒモが落ちやすい

・ワキにお肉が逃げる

・跳ねたり走ると大きく揺れる

これらに当てはまるようならブラジャーが合っていない証拠。しっかりホールドできていないのでクーパーじん帯が伸びやすく、胸が垂れたり外を向いたりする原因になります。

ブラのデザインはもちろん大事!でもそれだけでは美乳から遠ざかってしまいます。先ほどの項目をクリアしたブラを付ける事が形のいい胸の作り方。また、購入する時は必ず毎回サイズを測ってもらって、試着してからの購入をオススメします。

2.ブラトップはリラックスタイムで使う

カップ付きタンクトップやキャミソールって、安い・楽チン・ストレスなしの3拍子で病み付きになりますよね。でも締め付けがないという事は、それだけサポート力が弱いんです。形のいい胸にしたいなら高い頻度で使うのは避けるべき。

特に日中、私たちは自分で自覚している以上に活動しています。脂肪の塊でできている胸への振動は相当なもの。胸のハリを保っているクーパーじん帯は振動に弱いので、日常的にブラトップに頼っているアナタの胸は刻一刻と垂れ続けているかも…!

カップ付きキャミソールなどのブラトップは、活動量が少ない夜のリラックスタイムなどに限定して使う。これが形のいい胸の作り方になります。



3.日中はワイヤー入りブラで過ごす

最近のノンワイヤーブラって進化しましたよね。寄せてくれるし胸の形もキレイ。なのに、ワイヤーがないから付け心地バツグン。ブラジャーの締め付け感が苦手な女性には最高のアイテムと言えます。

でも、それでも!やっぱりワイヤー入りブラジャーのサポート力には適いません。しかも付け心地が快適でストレスを感じにくいので、つい気も緩むし胸を気にしないで動いてしまいがち…。

ホールド力が落ちるノンワイヤーブラでのハードワークは、残念ながら形のいい胸の作り方とは対極です。やっぱり日中はワイヤー入りブラでしっかり固定しておくのがベスト。

「帰宅した後、もう出かけない!」というシチュエーションでノンワイヤーブラに変えるなど、上手く使い分けるのが良さそうですね。

4.寝る時はナイトブラを付ける

意外と盲点なのが就寝時。もしかしてノーブラで寝ていませんか?実は寝ている間って、仰向けだと背中にお肉が流れて外向きの胸に、横向きだと形が不ぞろいに崩れる怖~いシチュエーションなんです。

寝るだけとはいえ、ちゃんと夜専用ブラを付けるのが形のいい胸の作り方。ノンワイヤーブラをここで登場させてもいいですね。

またたとえナイトブラをしていても、うつ伏せで寝るのは避けて!自重でつぶしてしまうので形のいい胸から遠ざかってしまいます。

5.背筋をつける

背筋がない女性は自然と姿勢が悪くなって猫背になりがちです。実はコレがバストが垂れる大きな原因。皮膚がたるんで下に引っ張られるうえ、血行が悪くなるので胸に栄養が回りにくくなります。

形のいい胸の作り方にはやっぱりトレーニングも含まれます。よく考えたら筋肉や皮膚って繋がっていますよね。背中に筋肉があればハリのある姿勢を保つことができるので、肩が丸まらない。すると、繋がったバストもグッと引き上げられて上向きになるんです。

効果的なのは広背筋(肩甲骨の下、ワキから背中全体に広がる筋肉)のトレーニング。うつ伏せで肩の横に両手をついて、背中の筋肉を意識しながらゆっくり上半身を持ち上げましょう。

その時に首を反らして顔から持ち上げようとするのではなく、頭〜腰がまっすぐになる感じをイメージしてくださいね。1日10回でも大丈夫。とにかく毎日続けるのが形のいい胸の作り方です。

6.固まった胸をマッサージでリセットする

さて、ここまで“胸がなるべく揺れないようにしっかり固定!”という流れで来ましたが、実は形のいい胸を手に入れるためにもう一つ大切な作り方があります。それは締め付けから開放してリンパの流れを促し、栄養を行き渡らせるマッサージです。

日中はワイヤー入りブラでしっかり固定がマストですが、締め付けるだけでもダメなんですね。理由は老廃物が溜まって栄養が行き渡らなかったり、女性ホルモンが減少したりするから。それが続くと胸が小さくなったり垂れたり、ハリがなくなってしまうんです!

締め付けられて固まった胸をマッサージして老廃物を流す…この”リセット”という手順は形のいい胸の作り方では欠かせません。

簡単ステップで美バストが手に入る!と大人気のマッサージ法があるので、是非一度チェックしてみて!なんと正しいコツに従えばサイズアップも期待できるそうですよ!

おわりに

いかがでしたか?形のいい胸にするには正しくキープ+マッサージで開放がマスト。つまり美乳の作り方は毎日の扱いにかかっているんです。今の癖が5年後、10年後の胸の運命を分けますよ!

Pocket