愛液も止まる…彼のクンニが痛い…しんどい苦痛を減らす方法5つ!

kunni-itai

巷ではクンニ=最高に気持ちいい、みたいなイメージがありますよね。でもなぜか彼氏に舐められると痛みを感じてる自分。このままじゃエッチが苦痛になりそう…!

…という女性がある程度います。大丈夫、アナタだけじゃありません。そこで今日は、クンニが痛い!から抜け出す方法をご紹介します。しんどい時間とサヨナラしましょう!

1.「もう少しソフトな舐め方がいいな」とお願いする

舐められると痛い。そんな時に知っておくべき事があります。それは、過去に学んでいない限り男性は「クンニで痛くさせている」とまず気付けない事。唾液がついた柔らかい舌で舐めてるんだから、気持ちいいはず!と信じてる男性が圧倒的なんです。

だから「もうちょっとソフトな舐め方がいいな」と柔らかく伝えるのが一番。良かれと思ってやっている事なので、教えなければ痛いクンニはエンドレスです…!

勃起してる時に少しでも強く触られると痛かったり、セックスの後もしばらくヒリヒリしたり…クリトリスの敏感さは女性にしかわかりません。男性の亀頭も敏感ですが、常に下着と擦れたりオナニーで触ったりする回数が多い分そこまでではないんですね。

世の中にはクンニ嫌いな男性もたくさんいます。その中でせっかく舐めてもらえるのに、痛いだけなんてもったいない!すれ違ったセックスから抜け出すためにも、痛みを感じたらその場で矯正するのがベストですよ!

2.唾液でたくさん濡らしてもらう

フェラとクンニは同じ。唾液が足りなければ皮膚が引きつって痛いと感じる原因になります。これを解決するには、「もうちょっとヌルヌルにして」とお願いするのが一番です…が、言いにくいと思うので、まずはアナタがフェラで実践しましょう。

まずは先っぽから根元まで、ペニス全体にまんべんなく唾液をつけます。これでもか!と言うくらいベタベタにするのがポイントです。唾液はすぐに乾きますし、ヌルヌルになればなるほど快感が高まりますよ。

彼が気持ち良さそうなのを確認したところで「ヌルヌルして気持ちいい?」と聞きましょう。「気持ちいい」という答えが返ってきたら、「やっぱりそうなんだ!じゃあ私も感じてみたいな♡」とすかさずお願いします。

いざ舐められてみてまだ痛い!と思ったら、「ほんとだ~…ねぇ、もっとヌルヌルにして♡」とオネダリしてみて。彼をムラムラさせるエッチな言葉にもなって、痛いクンニからも脱却!一石二鳥ですね。



3.皮を剥かないで舐めてもらう

彼のクンニが痛い原因はクリトリスを剥いてから舐めたり吸ったりしている事にあるかもしれません。男性にも包茎のペニスがあるように、多くの女性のクリトリスはふつう皮を被っています。つまり普段から守られている分、かなり敏感な場所なんですね。

一人エッチで皮を剥いて(アソコを左右に広げて奥まった場所にあるクリトリスをむき出しにして)愛撫…という方法に慣れていない限り、痛みを感じる事も珍しくないんです。

つまり彼に舐めてもらって気持ち良くなるには、皮を剥かないようにお願いするのが効果的。クンニしてもらっている最中に「上からそのまま舐めてもらった方が気持ちいいかも」という感じで伝えてみて。

痛いセックスって気が重いですよね?そのまま我慢してたらどんどん嫌になってしまいます。せっかくの彼の好意が原因で関係までギクシャクしてしまったら悲しいはず。勇気を出して、頑張って!

4.舌の面を使ってもらう

多くの男性にありがちな痛いクンニのやり方。それは舌の先だけ使ってグリグリ舐める方法です。クリトリスってペニスと同じ海綿体(かいめんたい)組織でできているので、刺激されると血液が集まって勃起してくるんですよね。

それでプクッと膨れて刺激しやすい的になるので、つい舌先で押しつぶすように舐めてくる男性が多いんです。でもこれが痛いと感じる原因の一つ。敏感なクリトリスはほとんどの場合、舌の面で優しくなぞられるくらいじゃないと気持ち良くないんですね。

彼には「痛い」なんて一言も伝えた事がないのでは?心の中でいくら「早く終わって…!」と我慢しても、彼は「気持ちいいはず」と誤解したままです。真実を伝えない限りテクは成長しません。

一言だけでいいので、彼が舌先でグリグリッとやってきた時に「舌の面の方が気持ちいいかも」と言ってみてください。記憶に残りやすくなるので、ピロートークではなくクンニの最中がベストですよ。

5.一人エッチで刺激に慣れる

普段クリトリスは皮を被った状態で守られています。つまり刺激に慣れていないからとても敏感。クンニではそれが容赦なく舐められたり吸われたりするから、痛い事が多いんですね。彼にはもう少し優しく刺激してもらうようにお願いするとして、その他に自分でもできる事があります。

それはクリトリスを触る一人エッチをして、刺激に少しずつ慣れる方法。「本当に?」「面倒臭い…」と思われたかもしれませんが、体って必ず慣れます。毎日ストレッチしたら体が柔らかくなったり、くすぐったい!と思う場所を触っていくうちに性感帯に変わったりするのと同じですね。

ほぼ触った事がないクリトリスをいきなりクンニされて気持ちいいと感じるには、男性側に知識とテクが必要です。つまりあんまり期待できません。それより自分で触ってどういうやり方なら痛くないのか、気持ちいいのかを知りながら刺激に慣れる方が賢明ですよ。

おわりに

男性は興奮してくると行動が激しく荒っぽくなりがち。それに加えて「もっと気持ち良くさせたい!」という思いが先走るので、愛撫がどんどん強くなってしまうんですね。

それがわかると、下手くそな愛撫もちょっとは可愛く思えるかも…?彼の気持ちを汲んだうえで上手に“痛いクンニ”を改善していきたいですね。

Pocket