クンニされるのが苦手…。舐めたがる心理&気持ちよく感じるには!?

彼氏はしたがるけど、実はクンニされるのが苦手…。気持ちは嬉しいけど毎回嬉しくもない行為をされると思うと微妙な気持ちになっちゃいますよね。舐めたがる男性心理って、何なんでしょうか?

また、苦手なクンニで気持ち良くなるためにできる事とは…?今日は2つまとめてご紹介します!

舐めたがるのはナゼ?

1.喜ばせたいから

世間一般的に言えば、女性はクンニされたいもの。そして男性は苦手…という人が多いものです。でもアナタと彼の場合は逆。アナタはクンニが苦手で、彼はしたい。こういう場合、今まさに経験されているようなすれ違いが起こりやすくなります。

なぜなら、男性は「女性はクンニされると喜ぶもの」と認識していることが多いからです。まさか相手の女性が行為が苦手だなんて思いもしないワケですね。

しかもセックス中の男性って、面白いことに女性の反応を都合よく受け取る傾向があります。「恥ずかしがってるだけで本当はしてほしいはずだ」とか、「嫌=もっとして、のはずだ」とか。

彼も似たような事を思っている可能性が高いですよ。はっきり「舐められるのが苦手」と伝えた事はありますか?気を遣って少し喘いでみたり、遠回しに避けようとするくらいじゃ彼は気付きません。

きっと「彼女(アナタ)も喜んでいるはず」と勘違いの満足をしているはずですよ。

2.気持ち良くさせたい&イかせたいから

「女性はクンニすると喜ぶ」と思っている男性が多いように、クンニ=女性が気持ち良くなれる行為女をイかせるための行為、と信じている男性も多いです。極端な話、舐めさえすれば女はイく…みたいに思っている人もいるはずです。

AVでは男優の激しいクンニテクで女優がイく(イッたフリをする)…という描写がかなり多いですから。実際はアナタのように行為自体が苦手な人もいれば、「舐め方が下手で萎える」「ただ痛いだけ」なんて場合も珍しくないんですけどね。

もしかしたら彼もそのクチかもしれません。少なくとも、「気持ち良くさせたい」という思いは強いはずですよ。

また、自分のテクやウワサに根拠のない自信を持っていて、「このままクンニしていればいつかイクはず」と思い込んでいる男性もいます。実は苦手ということを伝えるか、好きになれない原因を話し合って改善しない限り、今の状態が続く可能性は高いでしょう。

3.好きだから&愛情表現したいから

アナタも彼に「触りたい」「キスしたい」って欲求が湧くこと、ありませんか?これ、別に深い理由ってないですよね。ただ好きだからしたい…という気持ちだと思います。

クンニはこれとは比べ物にならないくらいディープでやらしい行為ですが、同じように「好きだからしたい」「愛情表現のため」と考える男性は少なくありません。

「なんでわざわざアソコ?」と思われるかもしれませんが、これにはちゃんとした心理があります。性器って一番大事な所ですよね。普段は見えないように隠してますし、特に女性は心を許した男にしか見せたり触らせたりしません。

そういう大事な部分をですよ、舌で舐めるって、男性にとっては胸が高鳴る特別なことなんです。ついでに、手よりも舌のほうがより愛情表現できるような気がするのも理由の一つですね。

つまりクンニは男性の好意の表れなんです。せっかくしてもらえるなら気持ち良くなりたい…!それなら、後でご紹介する工夫も参考にしてみて。

恥ずかしい場合

1.69で同時にオーラルセックスをする

あんな場所をまじまじと見られて舐められるなんて恥ずかしすぎる。奉仕されると申し訳ない気分になる。こんな理由で彼の愛撫に集中できないアナタは、横向きのシックスナインクンニされるのと同時にフェラチオすることで苦手を解消できる可能性があります。

そのワケは、なんといっても気が紛れること。自分だけ恥ずかしい場所を晒して喘いでいるのは居たたまれなくなりますが、シックスナインなら彼も同じ状態ですし、アナタにも「目の前のペニスを気持ちよくする」という大事な仕事があります。

同時に舐めている時に彼から気持ち良さそうな声、吐息が漏れたら嬉しくなりませんか?一緒に愛撫をすればこんな風に気が紛れる刺激がたくさんあるので、自然に苦手意識も薄まる可能性大ですよ!

2.部屋を暗くする

セックス時の恥ずかしさ・見られることによる苦手意識をなくすのに一番効果的なのは、部屋の照明を落とすことです。

男性を興奮させるという意味では顔やエッチな場所が全く見えなくならないように薄明かりに留めておくのがベストですが、今回のように羞恥心のせいでクンニが苦手…なんて場合は真っ暗にしてもOKでしょう。行為自体を楽しめないんじゃ意味がないですもんね。

真っ暗なら彼に見られないことはもちろん、アナタの目からも彼の動きはおろか、何も確認できません。これならクンニされても大分マシなはずですよ。

今は恥ずかしくて死にそうな「舐められる」という行為も、何回か繰り返せば少しずつ慣れます。明かりは将来的に気が向いた時に点けよう…と軽く考えておきましょう。

3.洗ってからorお風呂セックスで慣れる

アソコを舐められるのが苦手な理由…何と言っても、気になるのは臭いですよね。「クサいの我慢してるんじゃ…」なんて思うともう全く集中できません。こういう心配はエッチの前に洗うことで解消しましょう。

汚れをちゃんと落とせば、洗った直後に異臭がする事はそうそうありませんよ。(もしそれでも臭う場合は感染症の可能性、スソワキガの可能性があります。一度病院に行って相談しましょう。)

もし「洗っても無理」と思うなら、お風呂エッチの最中、濡れたまま舐めてもらってクンニ慣れする…という手もあります。洗ってすぐならアソコは初めから濡れた状態ですし、それはただの水滴です。これなら苦手意識も少しマシにならないでしょうか?

恥ずかしい・申し訳ないという気持ち、わかります。でも頑なに嫌がっていると男性は萎えてしまいます。「したい」と思っていることが叶わないんですから。苦手を解消する工夫をしつつ、正直な気持ちを彼に伝えていくことは忘れずに。

臭いが気になる? →ケアを見直そう!



くすぐったい場合

もう少し強めに舐めてもらう

クンニはくすぐったくて無理!という女性がいますが、アナタも同じ理由で苦手と感じていませんか?この場合、舌先がアソコの皮膚に触れるか触れないか…という感じで優しく舐められているのが仇になっている可能性もあります。

彼に「くすぐったい」と正直にワケを話して、もう少し強めに舌を押し当ててもらってみて。舐めるのがダメなら、軽く吸い付くなどやり方には種類があるので色々試してもらいましょう。

ちょっとテクニックを変えるだけで、苦手と感じていた刺激がメチャクチャ気持ち良くなることもありますよ。

おわりに

「臭いが」「味が」「見た目が」…というような理由からクンニしてくれない男性がたくさんいる中、舐めてくれるアナタの彼氏は貴重です。せっかくサービス精神旺盛なんですから、苦手が解消されるように彼と工夫して気持ちいいクンニを体験できるといいですね。

Pocket