ワンナイトラブをする男性心理!彼があなたとセックスした理由6つ

wannaitorabu-danseisinri

付き合ってもいない相手と一夜だけの関係持ってしまった。彼のこと気になってないと言ったら嘘になるけど、その後連絡はないしやっぱり一回きりの関係だったのかな……?ワンナイトラブをする男性心理ってどうなだろう?

そんな今回は、ワンナイトラブする男性心理について、ご紹介いたします。彼がどうしてあなたと一夜限りの関係を持ったのかその理由が分かります。

1.寂しさを埋めたい

長く恋人がいなかったり、地方から上京してきた男性に多いのがコレ。彼がワンナイトラブを求めてしまうのは、どうしようもない寂しさを埋めたいという男性心理が働いてのことなんです。

結婚もせず、恋人もいないという状況だと、朝起きて会社に行って、働いて夜寝るまで、自分の話を聞いてくれたり、笑いかけてくれる相手がいなくて、時折とてつもない孤独感に襲われることって、男性にもよくあることなんです。

そんな心の隙間を埋めるために、ついワンナイトラブに走ってしまう男性も多いんです。彼があなた一度きりの関係をもった時、恋人がいない状態だったとしたらこの理由な可能性大です。

「寂しいなら彼女でも作ればいいのに」なんて思われるでしょうが、こういった寂しさは毎日感じているわけではなく、時々急に湧いて出るものなので、その都度処理したいという男性心理の方が勝ってしまうんです。

彼女がいたら、それなりに関係を築いていかなければなりませんが、ワンナイトラブの相手とは深く関わる必要もないので、一時の寂しさを埋めるには、まさにベストな相手なんです。男の身勝手のようにも感じますが、男性心理って意外と軟弱でナイーブなんですよ。

2.本能で求めてしまう

男に生まれたからこそ、いい女がいれば抱きたい、セックスしたいという男性心理がワンナイトラブをさせている原因ということもあります。

これは生き物の本能的な部分が関係していると言えます。子孫繁栄のため、より多くの種を残そうとする男の本能が彼の中に強くあり、一人の女性だけと付き合うよりも、ワンナイトラブを重ねる方を選んでしまっているんです。

もちろん、本当に子孫を残すためにワンナイトラブをしている男性はほぼいないでしょうが、根本的にそういう本能があるから、簡単に一夜限りの関係を持ててしまうんです。

この場合「相手の女性が好きだからセックスする」という概念よりも、「セックスが好きだからする」という概念の方が強いと考えられます。

こういったタイプの男性は、セックスをすることがゴールなので、その後その女性と動向なろうという気にはならないパターンがほとんどです。あくまでも彼の求めているものはセックスだけなので、恋愛感情は皆無ともいえます。

とてつもなく原始的な男性心理ですが、この子孫繁栄の本能が強ければ強いほどセックスが好きで、ワンナイトラブを繰り返してしまう男性も多いんです。



3.セックスを楽しみたい

セックス自体に興味があり、いろんなプレイを試したり、いろんなタイプの女性と経験をしてみたいという男性心理から、ワンナイトラブを繰り返す場合もあります。

若い男性に多いパターンで、経験人数やアブノーマルなプレイをしたがる特徴があります。まさに好奇心の塊といえるでしょう。

ただ彼女を作ってセックスをするのではなく、フランクにセックスを楽しみたいという男性心理が強いと考えられます。人が趣味でランニングをしたりジムに通ったりする感覚と近いと言えるでしょう。

このパターンの男性にとっては、セックスは人生を楽しくするためのパーツでしかありません。一時の欲望に溺れる楽しさ、日ごとに変化をつけて感じられる楽しさ、それに魅了されている可能性大です。

セックスをし始めて1~2年の男性に多いのがこの理由です。初めて知った快感に興奮が収まらず、「まだ自分の知らない楽しいセックスがあるんじゃないか」「もっと相性のいい相手がいるんじゃないか」とセックスに夢中になってしまっているんです。

4.あなたと付き合いたい

ただ体の関係を先に持ってしまっただけで、純粋にあなたを好きという男性心理からワンナイトラブをしたという可能性ももちろんあります。

この場合、ただ告白をするタイミングを見失ってしまって雰囲気にのまれて先に体の関係を持ってしまったというだけなので、あなたに対しての愛情もありますし、今後は彼氏として交際したいとも思っているでしょう。

真面目なタイプに多いのがこの男性心理です。恋愛では時折、真剣に告白をするよりも、お互いのインスピレーションを感じてセックスしてしまう方が、精神的負担が少なくて済むなんて場合もあるです。

「真剣に告白して振られてしまうのが怖い」「告白を断られたら、以前のようにはもう仲良くいられないのかも」なんて恐怖心から、告白を躊躇してしまったことで、順番が入れ替わってしまったと考えられます。

彼のようなタイプにとっては、ワンナイトラブをしたという認識よりも「付き合うより先に寝てしまった」という捉え方になっているはずです。一夜限りで関係を終わらせるつもりはないでしょう。

5.気まぐれや一時のノリ

その場の勢いで、ノリでなんて理由でワンナイトラブをしてしまう男性がいるのも確かです。残念なことではありますが、男性は女性に比べて、気持ちが伴っていなくてもセックスが出来てしまう生き物なんです。

たとえ相手の女性に対して恋心や恋愛感情がなかったとしても、欲求を感じればセックスをしたいと思うのが男性心理なんです。

だからこそ、お酒の勢いで、ちょうど彼女もいなかったし気まぐれで、なんて理由でワンナイトラブを求める男も一定数存在するんです。

こういう男性にとっては、一夜限りの相手はただの性欲のはけ口でしかありません。高まった興奮や欲望を発散するためだけにセックスをしただけなので、今後の関係進展などは期待できません。

また、彼のようなタイプの場合は習慣的にワンナイトラブをするというよりも、タイミングや気持ちに左右されてする時もあればしない時もあるなんて特徴もあります。

そうやって条件が揃った時にだけ、一夜限りの相手を求めるようになるといえます。精神的にまだ未熟な人に多い男性心理です。

6.浮気願望があった

相手の男性に彼女がいて、一度浮気をしてみたいと思っていたからワンナイトラブをしたなんて理由もあります。

これは過去にその彼が、彼女から浮気をされていたり、元々浮気してみたいという興味があった場合などに該当する男性心理です。

彼女に対する復讐や仕返しのつもりで他の女性を誘って関係を持とうとしていたり、彼女がいるのに他の女性と一夜を過ごすという背徳感に溺れて、ハマっているなんてパターンもあり得ます。

この場合、彼にとって彼女は絶対的な存在であり、ワンナイトラブは彼が楽しむため、目的を果たすための通過点でしかありません。彼女がいるのに一夜限りの関係を望むのは、彼にとってそれがプラスになる要素だからなんです。

なので、この手のタイプの男性は一度寝ただけの相手からしつこく連絡が来たり、「も一度会ってほしい」なんていわれても、その気持ちに応えてくれることはありません。連絡自体をスルーされたり、その一夜のことさえ無かったことのように接せられるでしょう。

おわりに

一夜限りの関係、ワンナイトラブを望む男性心理について、6つのパターンをご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?

確かに体は交わったのに、彼の考えていることが分からない、私のことどう思ってるの?なんて不安になってしまうこともありますよね。相手の本質を見極めて、あなたへの気持ちを確かめましょう。ぜひ参考にしてくださいね。

Pocket