オーガズムは脳で起こる…!?イキやすい女になる思考回路5つ!

orgasm-nou

なんとかしてイきたい…!と多くの女性が切望するオーガズム。もしかして、自分がイケないのは「刺激の仕方が悪いせい」「体質」なんて思っていませんか?

今からご紹介するのは、イキやすい女になる“思考回路”。そう…なんと、オーガズムは脳で起こっていたんです…!

1.「彼が私で興奮してる…!」と考える

突然ですが、彼とエッチするのが自然になっていたり、「付き合ってたらエッチくらいするもの」という考え方をしていたりしませんか?実は多くの女性がこういう思考を持っているんですが、これだとオーガズムまで辿り着くほどの興奮は得られなかったりするんです。

脳が初めから「こういう行為は当たり前」と考えて、サラッと流してしまうからですね。でもこれをちょっと改めて、「大好きな彼が私の体に触って興奮してる」「こんなに勃起してる」と本気で考えてみると嬉しくなりませんか?

この瞬間、彼はアナタだけに集中してアソコを硬くしているんです。好きな人がそんな状態になってくれるって、凄く幸せな事です。セックス中はそれを改めて意識してみてください。

女性がオーガズムに到達しやすい脳内の条件は、なりふり構わず性的に興奮している時か、大好きな人に愛される幸せを心から感じた時。そしてこれらの感情はマインドコントロールで盛り上げる事ができるんですね。

2.「彼が私のアソコで気持ち良くなってる」と考える

いつも彼と繋がった後はどんな事を考えているでしょうか。色々なパターンがあると思いますが、「こんなに可愛い声で喘いでる」「気持ち良さそうな顔してる…」と彼の反応を脳内で改めて意識してみてください。

勃起させたペニスをアソコに入れたがった彼が、今まさに自分の中で気持ち良くなっているんです。そう思うと気分が盛り上がってきませんか?「もっと気持ち良くさせたい…!」という想いが溢れて、自分から腰を激しく振って、余計に高まる…。

こんな風に女性がオーガズムを迎えやすいシチュエーションに自然と突入するかもしれません。そう、つまり自分が嬉しくなるような事を意識的に考えて、脳を喜ばせる事が目的なんですね。

オーガズムは「イきたい…!」と頑張っても迎えられません。その時点で理性が働いているからです。そうではなく、脳が夢中になった先にあるものなんです。イきたいという気持ちを一旦捨てて、気持ちを昂ぶらせる事が結果的に近道になりますよ…!



3.彼の行動を頭で言葉にする

こちらは彼に愛撫されている時にピッタリの思考回路です。彼がアナタの胸を揉んだり、アソコを触ったり、舐めたり…とエッチな事をしている時に、頭の中でその行動を言葉にしてみるんです。

「○○君にアソコを舐められてる」「乳首を舐められてる」「音立てて吸われてる」…という感じで、具体的にエッチな言葉で考えてください。すると、より直接的な刺激がいくので脳の興奮レベルが自然に上がります。

この「言葉にする」というのがかなり効果的で、オーガズムしやすい脳の状態に近付けてくれるんです。もちろん、彼の行動に限った話ではありません。「おちんちん舐めてる…」「こんなに足開いて丸見えにしてる」と自分の羞恥心を煽る方向で考えてもOKです。

ちなみに、私たちは情報の8割以上を目から得ているので、実際にその部分を見ながら考えるともっと簡単に脳を興奮させられる可能性が高いですよ。

4.「恥ずかしい事してる・されてる…!」と考える

女性の中には、自分の性癖に気付けていない→イマイチ興奮できない→オーガズムまで到達できない、という状態の人も少なくありません。そこで試してみてほしいのが、「こんな恥ずかしい事してる…!」という羞恥心で脳の興奮を高める方法です。

物は試し。いつもより電気を明るめにして、彼から全部見えちゃう…なんてシチュエーションで「見られちゃう」と考えてみてください。足を大きく開いて、「私こんなに足開いてる…っ」と思ってみてもいいですね。

その瞬間、体が甘く疼くような快感に気付く女性が必ずある程度います。“羞恥プレイで興奮する”という自分のM性癖に気付く瞬間ですね。

この方法と相性が良かった場合、今までとの違いをハッキリ感じるくらい興奮します。まさにオーガズムしやすい脳の状態と言えますね。

5.自分の性癖に合ったシチュエーションに置き換える

「実は頭の中でもっと興奮するシチュエーションに置き換えてます」なんて彼氏には言えませんが、勝手に脳内変換してしまうのも女性がオーガズムを迎えるためには有効です。言わなければバレる事もありませんしね!(笑)

性癖は人それぞれですが、女性は多少強引にされたり恥ずかしいシチュエーションで興奮する傾向があります。つまりM寄りの思考を持つ女性が多いという事ですね。

だから例えば「バレちゃいけない場所でエッチしてる…!」と妄想したり、クンニされている時に「電車の中で舐められてる…!」と脳内痴漢ごっこをしてみたり。動画を撮られてる、人に見られてる…と考える事で盛り上がる方もいるはずです。

興奮していれば必ずオーガズムを感じられるとは言いませんが、少なくとも脳が性的に興奮していなければ辿り着けない事は確かです。また、毎回上手く興奮できるようになれば、ある日突然オーガズムを感じる事もあります。一歩ずつ可能性を高めていきましょう。

おわりに

頭を興奮状態に持っていくには、部屋を暗くしたり目を瞑ったりすると集中できる!というタイプと、感じてる彼の顔やエッチな行為をされているところを見ると興奮する!というタイプに分かれます。

どうしたら自分が本気で没頭できるのかを考えて、環境を工夫しながらオーガズムを目指してくださいね。

Pocket