あの噂はガセ!?男の「処女への本音」わかった時のリアルな本心6つ!

otoko-syojo-honne

”処女に対する本音”を知りたいという事は、セックスの経験がない事に恥ずかしさ・焦りを覚えているのではないでしょうか。ウワサを聞いたり周りの人に色んな事を言われたりするとマイナスイメージを持ってしまいますよね。

そんなアナタに、声を大にして言いたい事があります。「あの噂はガセだ!」さて、男性のリアルな本心を知る準備はいいですか?

1.俺が初めての男…!と嬉しくなる

「男は女の最初の恋人になりたがり、女は男の最後の恋人になりたがる」オスカー・ワイルドという詩人の有名な格言をご存知ですか?150年前、すでにこういう考えがあった…人間には時代も国も関係ないんだな〜とビックリしますね。

もともと本能的に同性への闘争心・縄張り意識・独占欲が強いオトコという生き物は、惚れた女に自分以外の男の手が及ぶ事を嫌います。だから付き合ったら独占して縛りたいし、他の男を寄せ付けるようなファッション、言動を嫌がるんですね。

そしてこの考え方は過去にも遡ります。「自分の前にこの子に全てを教えたヤツがいる」と思うと嫉妬に苦しみますし、悲しみも感じます。だから好きな女性が処女だと知った時の喜びは半端ないんです。

誰もやった事がない・前人未到・君専用にカスタマイズ…そんな響きにいつの時代も魅了されるのが男です。処女に対する本音=喜びの気持ち、という式、納得いただけたでしょうか?

2.大事にしなきゃと思う

彼氏がいつまで経っても手を出してきてくれない…と悩む女性が意外にも少なくありません。そう、これは「好きな子を大事にしたい」と思う男性がちゃんと存在している証拠。男って、本気で好きになると奥手になるって言いますもんね。

この本音は処女に対してだとさらに強くなります。と言うのも、女性が「初めて」を大切にするという事はほとんどの男性が知っているから。世の中ゲスな男も多いですが、意外とロマンチックな男性が多いのも事実。

最高の思い出にしてあげたい。幸せを感じてほしい。初めてが俺で良かった、って思ってほしい…そんな風に考えて、改めて「大事にしなきゃ!」と思うワケです。

付き合っている彼がなかなか最後までしてくれないと「やっぱり処女は面倒だから…?」なんて、ついマイナスに考えちゃいますよね。でも彼はアナタを大切にしたい!と思って我慢しているだけ。ステキな彼氏だと思いますよ。



3.真面目なんだな、と安心する

もし付き合っている彼が本気なら、いい意味で「真面目だな」という本音を持ちます。彼女は真面目な人だから俺も真摯に向き合おう…と。改めて気を引き締める思いですね。しっかりした男性に大切にされるルートです。

ところが軽い気持ちや体目当ての場合、その真面目さをマイナスに捉えて「重い」と判断する人がいます。アナタも一度くらいは「処女は重い」「面倒くさい」なんてウワサを聞いた事があるのではないでしょうか?

あれはこういった不誠実な男の本音が出回ったものなんです。女性なら初めてを大切にして当たり前です。慣れていなければちゃんとセックスするために丁寧な準備が必要なのも当たり前です。

それが、サクッとセックスだけしたかった男にとっては「面倒くさくて重い」になるんですね。一般的な男性なら、好きな女性に貞操観念がちゃんとある、と知れば安心しますよ。だって付き合ってからフラフラされたらたまったもんじゃないですもんね。

4.開発したい!とエッチな妄想をする

処女…と聞いて男性がイメージするのは「何も知らない」という純粋さ。色で例えるなら白です。実は男はこの真っ白なイメージに本能的に興奮します。先程も言いましたが、前人未到・俺が初めて…という響きに本音の部分で優越感を覚えるからです。

その心理は「一から教えられる」「俺が好きなように染められる」などなど。これらは適当にセックスしたい場合は面倒な作業になりますが、本当に好きな女性相手なら喜んでしたい愛撫になります。

何も知らない女性に、少しずつ気持ちいい事を教える。同性の耳で聞いてもなんだかエッチな響きですよね。そして最初は戸惑うだけだった彼女が気持ち良さそうに求めてくれる日を夢見てワクワクしながら開発していくワケです。

中には開発する段階が一番楽しくて興奮する、なんて本音を漏らす男性もいるんですよ。処女は大切にした方がいいと言われる理由…納得されてきたでしょうか?

5.結婚を視野に入れる

結婚する相手はできれば処女がいい!と答える男性が少なくない事、ご存知ですか?女として腹の立つことですが、その本音を要約すると「非処女は中古感がある」ということになります。他の男とヤッた女なんて…というワケです。

こんな極端な考え方をする男もどうかと思いますが、”初めて”という事実が結婚を視野に入れさせるプラスの要素になる事は確かですね。初めてを早く捨てたい!と思っていたアナタ、将来本気で好きになった男性が処女しか愛せない処女厨だったらどうしますか?

それにしても、体の相性は大切だから…と結婚前にセックスを迫ってくると思ったら、実際の結婚相手はできれば処女がいいと言う。でも自分の童貞は早く捨てたい。男ってメチャクチャですよね。結局自分に都合良く事が進むことを望むんですよね。全く…!

6.めんどくさい

出ました、「めんどくさい」。ここまで読んでこられたアナタならもうお分かりかもしれませんが、処女と伝えた時に嫌そうな顔をしたり、重い、めんどくさい…などのマイナスな本音を漏らしてくる男は本気ではない可能性が高いです。もしくはお子様ですね。

そもそも、処女だとなんで面倒・重いんでしょうか?セックスができるまでに時間がかかるから?「私の大切な初めてをあげたのに…!」と迫られると困るから?考えれば考えるほど、大切にする気がない証拠ですよね。

”処女”は相手が本当にいい男かどうかをジャッジする大きな武器です。言わずもがな、伝えた時の反応を見れば本音・アナタへの気持ちがわかるからです。覚えておいてくださいね!

おわりに

処女って、悪くないかもな…と思って大切にしていただけたら、筆者は嬉しく思います。童貞を恥じる男はかなり多いですが、処女で恥ずかしいことは何一つありません。「嬉しい」という本音を持ってくれるステキな男性と巡り合いますように♡

Pocket