男は浮気する生き物!?男性心理と彼氏の「よそ見防止」テク6つ!

otokohauwakisuru

男は浮気する生き物、という言葉を結構聞きませんか?大好きな彼氏が浮気…なんて考えると心配になりますよね。でもご安心ください。彼のよそ見を防ぐコツがちゃんと存在するんです。

今からご紹介するのは、浮気する心理と彼氏の気持ちをあなたに向けておくテクニックです。簡単なわりに効果がありますので、是非試してみてください!

1.強い束縛や嫉妬は控える

男は浮気する時、「彼女の束縛に嫌気が差した」という心理を抱えている事がけっこう多いんです。また、「事あるごとに嫉妬されて疲れた」というのもよく聞かれます。

つまり、一緒にいるのが窮屈に感じた時やうんざりした時にふらっと他の女性にいってしまうんです。

彼氏の事が好きすぎるとちょっとした事で不安になったり、縛り付けておきたくなったりしますよね。でも男が逃げたくなるような強い束縛や細かい嫉妬は裏目に出てしまいますよ。

男は浮気する生き物、なんて言われるようにちょっとした事で魔が差してしまうんです。よそ見防止のためにはなるべく理由になるきっかけを作らない事がベターです。

2.彼氏の前で笑っている時間を増やす

男性はたとえ彼女とのデート中でも、タイプの女性や胸、足を露出した女性とすれ違えば目を奪われてしまいます。基本的に他の女の事も気にしてしまう生き物なんです。

ですからあなたとの間に問題がある時やちょっと魔が差した時など、男は浮気する機会がいくらでもあるという事。でもこれはただの事実で、ほとんどの男性が理性でちゃんと抑えています。

また、あなたといて心理的に満足していれば男は浮気する事なんて考えません。満足させるには一緒にいて楽しいと思わせる事が大切になります。

一番手っ取り早いのは笑顔をたくさん見せる事。男性は女性の笑顔が好きですし、「俺といて楽しいんだ」とも思うそうです。また笑顔は伝染効果があるので、彼自身を楽しく感じさせる効果もあるんですよ。



3.時々刺激を与えて嫉妬させる

女性を「完全に手に入れた」と認識すると、男は浮気する確率が上がります。より魅力的で追いかけがいのある女性に刺激を求めたくなる心理が働くのです。

これを防止するためには時々他の男の話題を口にしたり、褒めたりするのが効果的。同性へのライバル心も強い男性はあなたが他の男に目を向けている事が面白くありません。結果あなたの気を引く事に気を取られるので、よそ見防止効果があるというわけです。

ただし一つ気を付ける事があります。普段から嫉妬ばかりさせていると、今度はそれが理由で男は浮気するんです。「この子本当に俺の事が好きなのかな?」とまで感じさせるのはNGなので、加減を間違えないでくださいね。

4.顔色を窺わないで付き合う

彼氏に嫌われるのが怖くて自分の意見を言わない人や、なんでも意見を合わせてしまう女性がいます。でも、実はこれって逆効果なんです。理由は魅力的に感じないから。

初めは従順で可愛いと思われるかもしれませんが、言いなりの人間に対しては必ず飽きが来ます。結局「面白味がない」なんて理由で男は浮気する道を選んだりするんですよね。

こんな事態を避けるために、彼氏の顔色を窺って付き合うのはやめましょう。いちいち反応を見ているとそのうちうざいと思われかねません。言いたいことは言う、無理に合わせない。ありのままのあなたで接するのが一番ですよ。

5.エッチのマンネリ化に注意する

男は浮気する生き物とは言え「エッチがマンネリ気味だったから」なんて理由でよそ見するような男はお勧めしません。が、人によっては心理的に浮気を考える事もあるようです。

エッチがパターン化してきて、以前ほど燃えない場合や惰性でやっているような場合は要注意。刺激欲しさにふらふらと浮気されてしまうかもしれません。

たまには場所や趣向を変えてみる事も必要ですよ。例えばお風呂でしてみたり、ラブホテルに行ってみたり。コスプレやソフトSMを織り交ぜてみるのもお勧めです。

6.自分の時間を充実させる

彼氏とデートする以外やる事がない、なんて事はありませんか?「あなたが全て」というオーラは彼氏を安心させすぎてしまいます。心理的に安心すると男は浮気する確率が上がるんです。

また、燃え上がっている初めのうちは良くてもそのうち飽きられる原因にもなります。彼にとって魅力的でい続けるためにも、趣味や習い事などで自分の時間を充実させましょう。色々な方面の知識があると人間的にも深みが出ますよ。

ただし彼氏を寂しくさせたらさせたで浮気の理由を作るので、メリハリをつけて両立させてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?ちょっと油断すれば男は浮気する可能性が上がると思っておきましょう。よそ見防止のコツをまとめると、安心させないようにバランスを取りながら飽きさせない工夫をすること。

極度に寂しがらせるのもNGです。意外と単純で扱いやすい所もありますので、上手く転がしましょう。

Pocket