アラサー女子が、付き合ってから短期間でプロポーズさせる方法

tankikan-propose

結婚しないのは、「まだ結婚する気になれないだけ」が徐々に通用しなくなってきたアラサー世代。

結婚ラッシュが落ち着き出して、そろそろおめでたラッシュが始まり結婚に乗り遅れちゃったな〜とあきらめていませんか?

結婚は長く付き合えば良いというわけでもないんです。
「今彼氏がいるけどなかなかプロポーズされない」

そんな方に今日は短期間でプロポーズされる秘訣を伝授しますので、ぜひ参考にしてみてもらえたら嬉しいです。

彼の足りない所を補ってくれる女性だと感じさせる

この世に完璧な人はいないように、きっと彼も完璧ではないでしょう。

理想の夫婦とは、お互いの欠点を補えるような関係です。

彼は自分の短所を直そうとするのではなく、足りない部分を補ってくれるそんな女性を求めています。

だからといってやり過ぎは禁物。
男の人は守ってあげたいという願望を持つ人が多いため、完璧すぎる女性は嫌厭されてしまいがちです。

あなたがいないと彼もダメだし、彼がいないと私も不完全である状態はより相手の存在の大きさを再認識させてくれるのではないでしょうか。

あなた自身も彼に気を許して、自分の短所をフォローしてもらえるような関係を心掛けましょう。

一緒にいると居心地が良いと思わせる

あなたは彼にとって安らげる、居心地の良い関係になれていますか?

男性の多くは、1日の内の大半は仕事をしており、プライベートの時間の方が短いですよね。

現代は女性も社会に出て活躍しているので忙しいのは男性だけじゃないと不満に思う方もいるかと思いますが、彼は仕事において様々なプレッシャーや重圧に苦しむことがあるでしょう。

そんなとき、ホッとできる相手があなただったら?
一緒にいると安心できるホットココアのような存在を目指しましょう。

彼がふと未来を想像したとき、これからも一緒にいたい女性としてあなたの顔が思い浮かんでくるはずです。



どんなときも彼の味方でいてくれる存在だと感じさせる

彼の行動が心配になることもありますよね。でも男性は自分を認めてもらいたい生き物なのです。

だからこそ、彼を否定せずに見守ることが大切なのです。「◯◯さんなら大丈夫だよ」と彼を励まし、元気づけてあげましょう。

自分を信じて待っていてくれる人がいる。すると、男の人は頑張れるものなんです。男性はそんな女性を結婚相手として意識しやすいようです。

あなたが本当に結婚したいと思える男性なら、きっと彼を信じて応援することができるはず。

身近な人からの影響を受けさせる

仕事を理由に、結婚を先延ばしにする男性の話をよくきます。

男性は心のどこかで、結婚は自己犠牲だと思っているのかもしれません。自分のことで精一杯で、結婚のことまで頭が回らないんです。

気がついたら周りの人が結婚していて、ようやく自分も意識し出したというケースも少なくありません。

しかも身近な人の結婚話ほど、影響を受けやすい傾向にあるため友達夫婦や身近な夫婦との交流は、彼に結婚のメリットを伝えるいい機会だと言えるでしょう!

そのため、周りから固めるというのはあながち間違いではありません。
彼が信頼する周囲の人たちに認めてもらい、あなたは彼の結婚相手にふさわしいとかあなたを逃したらこれ以上に素敵な人に出逢えないかもと彼の背中を後押してもらいましょう。

結婚のマイナスイメージを払拭させて彼の気持ちを前向きに変わっていくかもしれません。

結婚のプレッシャーをかけ過ぎない

彼女からの結婚のプレッシャーを重荷に感じ、真剣に考える前から「俺、結婚ムリ!」と思わせてしまうことも。
もちろん全ての男性に当てはまるわけでありません。

でも、あなたから「いつ結婚してくれるの?」と彼に問いつめない方が無難です。

彼女から結婚の圧力をかけられるより、両親や友人、上司など周りの人から言われる方が結婚へのアレルギー反応は起こしにくいようです。

彼から2人の将来を語り合うようになってきたら結婚へ近づいている合図かもしれません。
焦らず様子をうかがいましょう。

男は女の涙に弱い

女友達で、長く付き合った彼と別れた失恋後に、アプローチされた男性と交際後すぐに結婚した話を聞いたことはありませんか?

男の人はなんだかんだで女の涙に弱い生き物なのです。普段は笑顔が絶えない明るい子なのに、なんだか今日は元気がないなあと思うと気になってしまうんです。「俺が守らなきゃ」と使命感にかられるのかもしれませんね。

もし、あなたが最近失恋したというのであれば心配して優しくしてくれる男性に甘えてみてください。守ってあげたいと思う男性が現れるはずです。

もちろん彼に依存するようではダメですが、時には弱い所を見せてもいいのではないでしょうか。

まとめ

「結婚して!」という前に、自分の行動を見直しましょう。とにかく、彼に結婚したいと思わせることが結婚への近道です。

無理に相手に合わせるということではありませんのでご注意くださいね。

Pocket