コレって変?正常位が痛い!基本の体位で痛むワケ・対処法まとめ!

seijoui-itai

カップルが一番初めに試す王道的な体位、正常位。性交痛も比較的少ないはずなのに、なぜか私は痛い…。せっかく顔を見ながらイチャイチャできる体位なのに困りますよね。

そこで今から、痛みを感じてしまう原因と対処法をご紹介します!セックスは山あり谷あり。彼と二人で気持ち良くなれる道を早速探していきましょう!

正常位で痛みを感じる原因

1.中で当たる場所=繋がる角度が悪い

ペニスが入ってくる膣内は紛れもなく体内。側には尿道や膀胱、子宮、腸などの臓器がありますよね。そう考えると内側の圧迫によって痛みを感じても不思議じゃないと思いませんか?

正常位をした時に痛いのは、二人がいつも繋がる角度(体勢)だとちょうどペニスが痛みを感じるスポットに当たるからかもしれません。

という事は、ちょっと角度を調節すれば性交痛が解消される可能性大。もしかしたら「正常位だから…」と決めつけるのは早いかもしれません。後半でご紹介する対処法、試す価値アリですよ!

2.下付きだから

女性のアソコは上付き・下付きに分けることができます。膣の入り口がお腹寄りなら上付き、お尻寄りなら下付き、という事になります。実はこのタイプによって適する体位と適さない体位があるんですね。

正常位で上手く入らなかったり痛みを感じやすかったりするのは下付きの女性。仰向けだと、膣口は下の方(お尻の方)にありますよね。そこに無理な角度で挿入されるから痛いのかもしれません。

下付きの女性に向いているのはバック。バックを試してみて痛くなければ、こちらが原因の可能性があります。

正常位をする時は腰の下に厚めのバスタオルを敷いて膣口の位置を上げる、足を踏ん張って腰を上げて調節する、などの対処法がオススメですよ。

3.彼のペニスと相性が悪い

アナタが正常位で痛いのは彼のペニス×体位の相性が原因かもしれません。一番簡単で基本的、そして性交痛が少ない体位と言われますが、どのカップルもが必ずしも当てはまるワケではないんですね。

膣内は女性によってそれぞれ違います。gスポット・ポルチオなどなんとなく気持ちいい性感帯は決まっていますが、それも人によって違います。という事は当然、痛みを感じる場所も違いますよね。

彼のペニスの形×正常位ではどうしてもアナタの痛い場所に当たってしまう…という可能性もあります。この後ご紹介する対処法を試しても効果がなければ、あえてこの体位にこだわる必要はないかもしれませんね。

対処法

1.彼の体勢・腰の使い方を変えてチャレンジ

初心者向けとも言える正常位で膣内に痛みがある場合、一番重要なのは彼の覆い被さり方、そして腰の動かし方です。この2つ次第で中で当たる場所がだいぶ変わるので、痛みの改善が期待できますよ。

まず、正常位での男性の覆い被さり方は大きく分けると3つ。体全体が密着するように倒れてくる体勢、腕立て伏せのような体勢、床と背筋が90度になるような、女性から離れた体勢。

想像してみてください。これらのどれを選ぶかでペニスが入る時の角度って変わりそうですよね。続いて、腰の動かし方です。上からお尻側に向かって突き刺すやり方、真横からスライドするやり方、下からお腹側を抉るように動かすやり方…などがあります。

セックスはスポーツのように個人の癖が出るので、彼の体勢・腰の使い方も大体決まっているはずです。その方法とアナタの体の相性が悪いから痛い、という可能性がありますので、彼と相談していつもと違うやり方を試してみてください。

2.足のポジションを変えてみる

一口に正常位と言っても、実際はかなりのパターンが存在します。ちょっと腰を上げたり下げたりすれば繋がる角度って変わりますよね。この微妙な違いが痛い・気持ちいいの分かれ道だったりするんです。

アナタが痛いと感じている“正常位”はそんなバリエーションのうちの一つ。他のパターンを試せば「これなら痛くない!」というベストなポジションが見つかる可能性大ですよ。

例えばアナタの足は開いていると思いますが、膝をどれだけ曲げるかでアソコの角度は変わります。すると中で当たる場所も変わりますよね。また、足を彼の腰に巻きつけたり踏ん張ったりすると腰が上がるので、やっぱり当たる場所が変わります。

他にも、片足だけ持ち上げる。折り曲げる。両足を抱える。彼の肩に足をかける…などなど、いくらでもパターンがあるんです。是非、アナタが痛いと感じる正常位と違うバリエーションを試してみてください。ちょっとした角度で結果は変わるものですよ!

3.痛いスポットを避ける

ペニスが入ってくると膣内のどこかしらが痛む。これ自体は実は珍しい事ではありません。その証拠に、バックで奥の方まで突かれると痛みを感じる女性が多数派です。出産の経験がないと子宮口に柔軟性がないので痛みを感じると言われていますね。

この場合はバック自体を避けたり、激しく突かないようにお願いしたりして対処します。正常位も同じです。痛いスポットに当たるようなセックスは避けるべき。という事で、まずはどこで痛みを感じるのかを二人で把握して、そこを刺激しない体位を工夫しましょう。

日によって膣内の状態は変わるので、突かれていて痛みを感じたらその都度「そこ痛いかも…」と彼に教えて、避けて刺激してもらうのがいいですね。

「この間この辺痛がってたけど今日は?」「今日はこっちの方が痛いかも」「こうしたらマシ?」…などなど、セックス中のコミュニケーションって大事です。痛み軽減だけでなく、二人の体の相性が良くなる事にも繋がるんですよ。

4.膣口が潤う工夫をする

セックスで痛みを感じる場合はどの体位であろうと“どこが痛いか”が重要になります。突かれた時に膣内が痛いなら今までご紹介した対処法が役立ちます。が、入り口が痛かったりピストンの摩擦でヒリヒリしたりするなら潤いが足りない事が原因です。

正常位のせいで、というよりはそれ以前の問題かもしれません。膣口が濡れない理由は緊張のせい、彼の愛撫が下手なせい、体質・体調のせい…と様々ですが、性交痛を和らげる工夫がいくつかあるので試してみてはいかがでしょうか。



おわりに

正常位と一言で言っても、アナタと彼のポジションで違いが出る事がお判りいただけたと思います。どれが合っているか知るには工夫あるのみですね。

また、病気が隠れているために痛いという可能性も否定できません。子宮頸がん・子宮体がんなど婦人科系の検診は決められた頻度で受けるようにしてくださいね。

Pocket