おかしい?普通…?セックスで「バックが痛い」原因&予防策!

彼とのセックスで「バックしよう」と言われると憂うつな気持ちになっていませんか?あの体位が一番痛みを感じやすいんですよね…。

でも悲しい事に、セックス中は女性が痛いせいで声をあげていても「気持ちいいんだ」と勘違いしてしまうのが男性です。今日は原因と予防策を知って、これからのラブタイムをちゃんと気持ちいい時間にしませんか?

バックが痛い原因

1.奥まで入る=ポルチオに届きやすい体位だから

「セックスなんてどんな体位でも一緒じゃない?」と思われるかもしれませんが、実はそうでもありません。フィット感、当たる場所による感覚(痛いor気持ちいい)、お互いのポジションが生み出す心理効果…それぞれ体位によって変わってくるんですね。

今回のテーマ=バックは、ポルチオ刺激に向いているセックスの一つ。ポルチオってどこの事だかご存知ですか?膣内の一番奥、少しポコッとしていて、触るとコリッとしている事が多い子宮口のことです。その付近のことはPスポットなんて言いますね。

この辺りの刺激に向いている体位…ということは、ペニスが奥まで届くということ。深くなるほど痛みを感じやすい…というのは自然と言えば自然です。人体ですもんね。

そして特にポルチオは、出産経験がある女性であればまだ柔軟性もあって衝撃を吸収してくれるんですが、そうでない女性は固いんですね。だからガツン!とやられると痛いんです。

2.衝撃に耐えるだけの準備ができていないから

セックスで痛みを感じる、バックが痛い…という場合、だいたい準備(前戯)が不足していることが原因の一つになっています。

1番でもお話ししたように、バックはペニスが膣奥深くまで入りやすい体位。だから本来は他の体位よりもずっと念入りな準備が必要なんですよね。でも、女性が本当に準備が整うまで丁寧に前戯してくれる男性ってなかなかいないのが現実。

中にはちょっと胸を揉んだり舐めたりして、濡れてるのを確認したらIN!なんて男性も…。これじゃあ痛いのも当たり前ってもんです。セックスでは女性のアソコが濡れていることが必須ですが、「濡れさえすれば準備OK」というワケでもありません。

「濡れていること」はあくまでスタート地点で、本当はそこからクンニしたり指を入れたりして、少しずつ膣内を柔らかく広げていくことが大切なんですよね。

アナタの彼氏はしっかり前戯してくれますか?準備不足が痛みを感じる原因になっていないでしょうか。

クンニしてくれない彼に舐めてもらうコツ♡

3.バックに痛いイメージがあって体が緊張するから

もしかしたら、一度痛い思いをしたせいで「バックは痛い」と脳や体が覚えてしまって、無意識に身構えて体が固くなっている→さらに痛みが強くなっている…というセックスあるある悪循環に陥ってしまっているかもしれません。

彼に「バックしよう」と言われると一瞬「また痛いかもしれない…」という不安がよぎりませんか?そうでなくても、なんとなく憂うつな気持ちになったり。

男性がセックスで緊張すると勃たなかったり中折れしたりする原因になりますが、女性の場合はリラックスできていないと体の力が抜けず、時間をかけても痛みを感じ続ける直接の原因になってしまうんですね。

4.病気が隠れているから

定期的に婦人科で検診を受けているなら痛い原因は今までにご紹介したものが有力と思われますが、病気が隠れていて、バックの時にちょうど刺激されるから痛い…という可能性もないとは言い切れません。

他に、セックスに合わせて出血があったり、下腹部痛があったり…ということはありませんか?もし普段と違う症状に心当たりがあれば、万が一のことを考えて一度婦人科に相談してみるのが安心です。女医さんを選べばまだ悩みも相談しやすいですよ。

セックスって、「ちゃんと彼に愛されてるかな」とか、「ちゃんと避妊できるかな」とか、はたまた「妊娠できるかな」とか、ただでさえ色んな不安がつきものですよね。

ここにさらに「何かの病気かも…」という心配事まで増えたら、セックス中にリラックスして気持ち良くなること、彼との時間を楽しむことからまた一歩遠のいてしまいます。やっぱり、悩みは早いうちに一つ一つ解消しておくに限りますよ。

痛みを感じないための予防策

1.バックではゆっくりしてもらおう

バックは一番と言ってもいいくらい、男性が「激しくしたい!」という気分を煽られる体位です。征服欲がくすぐられること、まるで交尾しているような刺激的な体勢、「俺の女」という実感が湧いたりすることから、ガツン!と腰を進めたくなるんですね。

でも、いくら彼がバック好きでも、アナタが痛いのを我慢してまで付き合うのは違いますよね。

これからセックスが始まる、という予感がした時でも、ピロートークの時でも、バックに体勢を変える時でも構いません。「この体位だと奥に入りすぎちゃうみたいで、痛いからゆっくりしてほしい」と彼に頼みましょう。

アナタのことを大切に思っている彼なら、気持ち良くさせたいとは思えど、痛い思いは絶対にさせたくないはず。必ず気を遣ってくれますよ。もし大丈夫そうなら少しずつ様子を見ながら強く、速くしていって、彼とのセックスを楽しめばいいんです。

2.バックは後半に持ってこよう

膣は筋肉の塊です。つまり最初は固くても、刺激されているうちにだんだん解れて柔らかくなってくるものなんですね。だからバックはセックスの後半に持ってくるのが正解。

オーソドックスな正常位からスタートして、騎乗位や座位、側位…とこなせば、バックにチャレンジする頃には膣がペニスの刺激に慣れてきます。そうすれば痛い思いをする可能性も下がりますよ!

また、後半になるにつれて気持ち的にも余裕ができてリラックスしてきます。実はこれも、セックス後半のほうが痛いと感じにくくなる理由の一つ。緊張と、無意識に入る体の力ってリンクしているので、試してみて。

正常位を味わい尽くすコツ♡

→脱マンネリ&床上手になれる騎乗位12パターン

→セックス上手♡対面座位のやり方

→彼の愛でとろける後側位のやり方

3.前戯を長くしてもらおう

ここまでお話ししてきたように、バックを始めセックスで痛いと感じる原因は準備不足の可能性が一番高くなっています。でも膣は筋肉の塊なので、ゆっくり準備して解していけば柔らかくなってある程度のペニスの動きには柔軟に対応できるようになります。

どうしてもセックスでバックの体位が入ってくるなら、今よりもう少し丁寧に前戯してもらうのがベスト。彼が前戯してくれないタイプなら工夫が必要ですね。

そそくさと前戯を終了しようとする彼の腕を引っ張って、「もうちょっとして?」と言ってみたり、キスの最中やフェラチオしている時にさりげなく彼の手を導いたり。

フェラを頼まれた時にシックスナインの体勢になって、「私も一緒にして?」とオネダリするのもオススメです。尽くしてほしいなら自分も同じだけ尽くすのが礼儀、ってもんですよね。

彼が前戯してくれない時の対処法!



おわりに

バックは「痛い」と感じる女性が少なくありませんが、前戯でちゃんと準備してもらって、体のコンディションも問題ない日なら「こんなに気持ち良かったんだ…!」とびっくりするくらい違いが出てくる体位です。

また相手が変わると不思議と痛みがなくなる事もありますし、初体験からセックスの回数を積んでいくうちに徐々に気持ち良さがわかる体位でもあるので、「私とは相性が悪いんだ」と諦めないでくださいね。

Pocket