セックスの焦らしテク「もうイかせて…!」彼に懇願させるプレイ5選

セックス中、気持ち良すぎて余裕をなくしたセクシーな顔で「もうイかせて」「お願い、入れさせて…」と懇願してくる彼を想像してみてください。すごく興奮しますよね…!

今からご紹介する「焦らし」は、こんな風に男性の理性をドロドロに溶かすテクニックです。潤んだ目、思わず出る喘ぎ声…誰も知らない彼氏の姿を独り占めしたいと思いませんか?

1.ペニス以外を責める

男性が断トツで気持ち良くなるのが、おちんちんを愛撫された時。セックスが始まってある程度興奮してくると、頭の中はもう「ペニスを触ってほしい」でいっぱいになっている、と言っても過言ではありません。

男性が勃起する瞬間って、その多くがセックスの入口、ディープキスしている頃です。そしてその後フェラチオをお願いされる流れからもわかるように、早々に触ってほしいんですね。

これでペニス以外の場所を責め続けることが焦らしプレイになるとお分かりいただけると思います。具体的に言うと、首筋や耳への愛撫から始まって、脇、胸、わき腹、股関節…と下がってきて、ペニスに触れると見せかけてタマタマ…といった感じですね。

たまに勃起して震えているペニスに息を吹きかけるのも焦らしテクの一つ。とにかく中心には一切触らないで他の性感帯でなるべく気持ち良くしてください。先端から透明な先走りがプクッと溢れてきたら、「いっぱい出てきたよ」と煽るのも忘れずに♡

2.ペニスの亀頭以外を責める

他の性感帯で充分に焦らしたら、お待ちかね!やっと中心に触る時がきました。でも一番敏感な(気持ちいい)場所=亀頭、裏スジには触りません。

タマタマから上がっていって、いかにもそのまま亀頭までいくと見せかけます。でも竿の中間くらいまで触ったら(舐めたら)リターンしてください。

アナタの舌や指を追って意識を集中させている彼は、(あの気持ちいい瞬間が来る…!)と必ず期待します。でもそれはなかなか叶えてもらえない…これぞ焦らしセックスですね!

そのまままたタマタマを愛撫して、陰毛や股関節など周りにある敏感な場所を可愛がります。彼はこの間(そこじゃない、ペニスに触って…!)と悶々としています。

期待して、ガッカリして、また期待して…これを何回か繰り返すと、興奮が高まるのと同時に理性が少しずつ崩れてきます。呼吸がどんどん荒くなって喘ぎ声も漏れてくるかもしれません。ノーマルなセックスではお目にかかれない可愛い彼が見られますよ!



3.カリ・裏スジをひたすら責める

男性が大好きなペニスへの刺激の中でも特に快感が強い場所。それがカリ・裏スジです。フェラチオする時も、ピストンだけじゃなくここを責めると上手なフェラになる…というセックスの重要ポイントですね。

でも実は、男性ってここを責められているだけじゃ射精できないんです…!相当気持ちいいのは確か。でもやっぱりピストン運動がないと全てを解放するあの気持ちいい瞬間は訪れないんですね。

…そう。つまり生殺し的な焦らしプレイにぴったり、というワケです!メチャクチャ気持ちいい場所をずっと責められているのに、射精できない。「もうおかしくなる…!」と彼の理性が崩壊する瞬間が見られるかもしれません♡

ちなみにこの2ヶ所は皮膚が薄いので、刺激する時は必ず先走りを掬ったぬるぬるの指か、唾液でぬるぬるの舌で焦らしてくださいね!セックス中はどんな時もこの“ぬるぬる”が鍵です。じゃないと気持ち良くないどころか痛くて萎えてしまいますから…!

男性が悶える気持ちいい愛撫とは

4.挿入しないで何回も擦りつける

ここまで散々焦らしてきましたが、まだまだ続きますよ!やっと挿入…という雰囲気になると、男性は自然に本番セックス中の気持ちいい感覚を思い出して腰をウズウズさせます。でも簡単には許しません♡

コンドームを被せたおちんちんを膣口にぬるぬる擦りつけて焦らしましょう。騎乗位で彼の腕を押さえつける体位がベストですね。腰をいやらしく動かして、小さく喘ぐと雰囲気も最大限に高まります。つられて愛液も分泌されやすいので一石二鳥ですよ。

時々先っぽだけ挿入してすぐ抜く…といった応用的な焦らし方も取り入れてみて♡さらに、目を見つめながらぬるぬる擦りつけて、「気持ちいい?入れたいの?」なんて言葉責めすればパーフェクト!M彼氏なら完全に落ちます。

もともとノーマルだった男性も、M側で攻められる快感に目覚めること間違いナシ。二人のセックスの幅が広がってもっと楽しめるようになりますよ!

5.スロー&ストップピストンをする

こちらは繋がった後、ペニスをとにかくゆっくり抜いていって、抜け切る直前で数秒止まって、またゆっっっくり挿入していく…とピストンで焦らしを与えるテクです。騎乗位・座位など女性上位のセックスとの相性が◎ですね。

実は、ゆっくり動かれた方がおちんちんは刺激を敏感に感じるんです。亀頭が締め付けられて、カリが少しずつ飲み込まれて、押し込まれた奥でぐにぐに揉まれて…と色んなポイントが順番に気持ち良くなっていくのがわかるからですね。

また抜ける直前で数秒止めるのは、「飲み込まれるのはまだか、まだか…」と彼に期待させて、性感をUPさせるため。こんな風に焦らしていると彼はガンガン腰を振って激しいセックスがしたくなりますが、それをさせずにこのピストンを繰り返します。

さらに膣を締めると(お尻でもOK!筋肉が繋がっているので彼のペニスをキュウッと締め付けます。)「キュンキュン締まる…!ヤバイ…!」とたまらない状態にさせますよ♡

締まりのいい膣になる方法

焦らしプレイに必須!「言葉責め」

焦らしプレイで忘れてはいけないのが言葉責めです。「焦らし」って、例えばイキたがっているのを知っていながらイかせない程度の刺激を続ける。触ってほしいのをわかっていて触らない。など、本人が望んでいることあえてせず悶々とさせるセックスです。

このプレイで大切なのは、本人に「焦らされてる」と気付かせること。と言うのも、これがもし伝わっていないと「どういうつもり?」とモヤモヤさせたり、イライラさせたり、下手くそだと誤解されたりする可能性があるからです。

でも「これはプレイなんだ」と分かっていれば、緩くてじれったい刺激も広い心で楽しめるワケです。そのために言葉責めが必要なんですね。「気持ちいい?もっと感じて…」「〇〇を触ってほしい?まだダメ…」「ほら、だんだん近付いてくよ…」などなど。

ただ無言で焦らしプレイを続けるとセックスの雰囲気が残念なことになるので、M男を可愛がる“ちょいS女”になった気持ちで言葉責めしてみて!

おわりに

コツと雰囲気は掴んでいただけましたか?M男性はもちろん、そうは見えない男性も実は「セックス中に責められてみたい…!」と密かに思っています。焦らしプレイは彼氏を喜ばせるだけでなくセックスのマンネリ防止にもなるので、是非トライしてみて!

Pocket