先がいい!「セックスのシャワー」男はどう思う?雰囲気保つには?

sex-shower

まずは綺麗にしてから落ち着いてエッチしたい!女性なら当然の希望です。じゃないと臭いが気になって集中できませんもんね。でも雰囲気が壊れるのが怖くて言い出しにくいのも事実…。

そこで今日はセックス前のシャワーに対する男性の反応と、カレに嫌な顔をさせずにお風呂に入るコツをご紹介します!

「セックス前のシャワー」男性の反応は?

1.臨機応変にしてほしい

男性からは「気になるなら浴びてもいいけど、その場の雰囲気に合わせてほしい」という意見が圧倒的。セックス前にシャワーを浴びること自体は気にしないけど、盛り上がってきたタイミングで言い出すのは勘弁して…という事ですね。

ちなみに私たちが一番気にするニオイは、「異常に臭い」というショッキングな状態じゃなければそのままでいいと考える男性が一般的です。意外にも体臭=フェロモンと感じてセックスの興奮材料にする男性が多いんですね。

例えばシャワーを浴びられなかった時でも彼がクンニしてくれるなら、本気で気にしていない証拠。逆に数回はしてくれたけどその後サッパリ…なんて状態なら、あそこの臭いが気になっていると捉えましょう。

2.そのままを味わいたい

なんとなく想像がつくものですが、せっかくのいい匂いを洗い流すなんてもったいない!と感じる男性も珍しくありません。シャワー上がりは無味無臭…それじゃつまらない!と言うんですね。

女性特有のほんのり甘酸っぱい汗やアソコの匂いが好きで、それに興奮するというタイプです。セックスに貪欲、ドロドロに交わるのが好きそう…そんなイメージがあるなら彼は“シャワーしないでほしい派”かもしれません。

これは本能・性癖の一つ。たとえアナタが自分で臭いと感じても、彼にとってはむしろそれがいいんです。だからもし「彼が気にしないなら…」と割り切れるなら、彼が望むシチュエーションでセックスした方が喜ばれるかもしれませんね。

3.綺麗にしてからじっくり楽しみたい

多くの男性が“臨機応変がいい”というスタンスですが、時間や気持ちに余裕がある時は「シャワーを浴びて綺麗にしてからじっくり楽しみたい」という男性も少なくありません。やっぱりその場の空気やフィーリングで浴びるか浴びないかを判断するのが良さそうですね。

また綺麗好き・軽い潔癖症がある男性の場合は「まずシャワーを浴びてから」と考える傾向があります。今までご紹介したタイプの中で、彼はどれに当てはまりそうでしょうか?

セックスは二人の問題です。常識や他人の意見はとりあえず置いておいて、彼との間で上手くいくように柔軟に行動したいですね。

スムーズにシャワーを浴びるには?

1.彼のスイッチが入る前に切り出す

セックス前のシャワーって雰囲気を壊しそうなイメージがありますよね。でもそれは盛り上がった後に「待った」をかけるから。つまり、彼のスイッチが入る前に言い出すのがポイントなんです。これならセックス前でも意外と問題なく入れたりしますよ。

ちなみに具体的なタイミングで言うと、ディープキスが始まる前がリミット。ディープキスが始まると男性のアソコは遅かれ早かれ反応を始めますし、胸に手が伸びてくるのもこの頃ですよね。

だからキスがディープに変わる前、チュッと唇を合わせるだけのプレッシャーキスをして顔を離したら、「シャワー浴びてくるからちょっとだけ待ってて?すぐだから♡」と言って体を離しましょう。

その代わり、さっと体を流して気になる所だけ洗ったら、早めに彼の元に戻ってください。一人で待たせている時間が長ければ長いほど気分が盛り下がる危険があります。やっぱりセックス前の準備は前日までにしっかりしておきたいですね。

2.ホテルなら初めにお風呂を溜める

ホテルなら比較的簡単にシャワーの流れを作れますよ。まず部屋に入って荷物を置いたら、腰を下ろす前に一通り室内を探検しに行きましょう。その流れで浴室を覗いたついでに、さもそれが当たり前の流れ!という雰囲気でお湯を溜めるんです。

えっもう溜めるの!?なんてびっくりされたら、「一緒に入りたいな〜ダメ?」と可愛くお願いしましょう。心の中では乗り気じゃなくても「彼女にそんな風にお願いされたらしょうがないな〜ってなる」という男性は多いんです!

すでにお湯を入れ始めている事も彼がOKを出しやすくなるポイント。それにここはホテルです。ちょっと趣向を変えて広いシャワールームでセックスの前戯をしても盛り上がりますよ!

セックスの前のシャワーってやる気満々な感じがして恥ずかしいですよね。でもホテルならお互いがある程度「する」事を意識して行きます。つまり家よりもお風呂に入りやすいシチュエーション。先手必勝で流れを掴みましょう!

3.汗かいちゃった!と真っ先に浴びる

季節が夏ならこの方法を使いましょう。どちらかの家でもホテルでも、部屋に入ったら一言。「あ~ベタベタする!一緒にシャワー浴びない?」これで完了です。

ポイントは部屋に入って落ち着く前に言い出す事。彼も腰を落ち着ける前なら勢いで乗ってくれやすくなります。また一緒に入る、という響きが「悪くないな」と思わせますので、是非可愛く誘ってみてください。

4.「感度を上げてからしたい」とお願いする

冬ならこちら。約8割の女性が冷え性を自覚していますが、冬は手足・腰など体が冷えていますよね。実はこういう状態だと感度が悪くなるんです。感じやすい体の条件は血流が良くなっている事。つまり、先にお風呂に入ればこんな問題も解決できるんですね。

こういう話を交えつつ「アナタとのセックスを楽しみたいから体を温めたい」とお願いすれば、彼は悪い気はしないはずですよ!

言い出すタイミングは先ほどお話しした通り、ディープキスをする前がベストです。一度スイッチが入った後はたとえどんな理由でも煩わしく感じるので、気を付けてくださいね。



やっておくべき裏ワザ

どこであろうと、部屋に入ってすぐはどうって事ない普通の雰囲気ですよね。ポイントはその時点で早めに行動すること。「エッチな雰囲気になる前」これがコツです。トイレに行って、デリケートゾーン用のウェットティッシュで気になる部分を拭いておくんです。

そうすればその後で万が一シャワーを浴びられなかったとしてもまだマシですよね。セックスはデリケートな問題だからこそ、雰囲気を察して臨機応変に行動することも大切です。

彼が快くOKしてくれそうならシャワーに行きますが、「どうしても浴びたいの!」と頑なになって気分を悪くさせるくらいなら、早めに折れてそのまま流されるのも大人の女の対応です。

直前におあずけを食らって雰囲気をぶち壊される事が続くと「セックスの相性が悪い」というイメージがついてカレの心が離れるキッカケにもなりかねません。あらかじめダメな場合の事も考えて対策しておくのが賢い女ですよ。

おわりに

いかがでしたか?セックス前にシャワーを浴びたい理由、一番はやっぱりアソコの臭いですよね。デート中にできる対策としてこまめにビデを使う、家(ホテル)に入る前に外のトイレでウエットティッシュで拭く+下着を替える…なんて手もありますよ!

Pocket