処女も「ひとりエッチ」していい?安全&楽しくオナニーするコツ3つ

まだ男性経験はないけど、ひとりエッチに興味がある。ついついオナニーしちゃうけど、将来の彼氏にバレないか処女膜が破れないか心配…。

当然エッチな事への興味はあるけど、正直、不安も多いですよね。そこで今日は、処女なら誰もが持っている疑問・お悩みを解決しつつ、安全に♡気持ち良くなれる方法をご紹介します!

~Q&A~ 処女のお悩み解決♡

1.処女膜って破れない?

何よりも一番気になるのは処女膜の存在ですよね。セックス未経験ならきっとあるに違いない、処女膜。これがもし、ひとりエッチで破れちゃったら…!?処女じゃなくなっちゃう!?将来、彼氏ができた時に「経験済み」だと思われる…!?

実は男性はもちろん、女性でさえ多くの人が誤解しているんですが、「処女膜」と言いつつ本当に膜があるワケじゃないんです。実際は最初から小指くらいの小さな穴が開いているんですね。よく考えてみたら生理の時、経血がちゃんと流れ出てくるでしょ?

「初体験では処女膜が破れるから出血する」なんて言われていますが、実際は小指くらいの大きさしかない穴に準備不足のまま挿入しようとするケースが多いので、処女膜と呼ばれている粘膜や膣口が裂けたりして、出血してしまうんです。

つまり、ちゃーんと時間をかけて充分に準備してから挿入すれば、初体験でも出血しないんですね。処女膜を「破る」という表現は、ものの例えに過ぎなかったんです。

2.ひとりエッチしてると男性にバレる?

さて、処女と言えど、膜があるワケではないとお話ししました。じゃあバイブでひとりエッチしてもアソコは変わらないの?男性にはバレないの?今度はそんな疑問が浮かびますよね。

これについては、ペニスを入れた時の感触だけで気付かれる事はほぼない、と言えます。膜がない以上、破れる衝撃はもともとありませんし、膣は筋肉の塊。時間が経てばまた硬く締まるからです。経験済みの女性でも準備不足なSEXでは痛みを感じるんですよ。

ただし、絶対にバレないとも言い切れません。なぜか。膣内への挿入を初めて経験する女性と、慣れている女性とでは反応が違ってくるからです。顔に表れる余裕、体に入る力の具合、呼吸の仕方…男性に処女との経験があれば気付く可能性もあるワケです。

また、バイブなど太い物を何度も挿入していると、完全な処女よりは膣口に余裕ができるのも事実。心配ならクリトリスでひとりエッチを楽しむか、挿入しても指1本くらいに留めておくといいかもしれませんね。

3.ひとりエッチすると感度は上がる?

こちらも気になるところ。「ひとりエッチすると自分磨きになる」「感度が上がる」という話も聞くし、逆に「やりすぎると感度が下がる」「SEXでイけなくなる」なんて話も聞きますもんね。これはどちらもあり得るというのが正解でしょう。

処女+性的に気持ち良くなった経験が全くなければ、男性と行為をしても「感じる」がわからないことが多く、逆に、ひとりエッチの刺激に慣れ切ってしまうとその刺激じゃないと感じない、という弊害が出てくるからです。難しいですね。

でも性感帯は刺激を受けて少しずつ開発されるものですし、ひとりエッチでオーガズムを感じていると女性ホルモンが活発化→肌・髪が綺麗になったり、生理痛や生理不順に嬉しい効果が期待できます。

自分の体が気持ち良くなる方法も知れますし、それを知っていれば処女でありながら色気のある女性にもなれます。あとはセックスに悪影響しない正しいひとりエッチのやり方さえ知っていれば、何も恐れる事はありません!

4.ひとりエッチで挿入経験があっても「処女」?

オナニーで膣内に挿入したことがあっても、処女と言えるのか…フッと気になったりしませんか?こちらは言うまでもなく決まりがありませんので、それぞれの価値観で判断していいと言えます。

男性に置き換えてみましょう。女性の挿入経験を男性に当てはめると、射精の経験になります。いい年して射精したことがない男性なんていません。

そう。もしひとりエッチで挿入経験がある女性を処女と呼ばないとしたら、世の中に童貞は存在しない事になります…が、今の時代、童貞はどんどん増えてます(笑)

つまり、ひとりエッチとセックスは全く別物!と考えていいことになります。ご安心いただけたでしょうか?

安全に!気持ち良くなるコツ♡

1.どんなやり方がいい?

→処女のうちはクリトリスオナニーがオススメ!

アナタも(膣の)中に物を入れてみたい」って興味があるんじゃないでしょうか?だって最終的にここにおちんちんが入る、って考えたらなんとなく期待しちゃいますよね。結論から言うと、処女でもひとりエッチで挿入して問題ありません。

ただ、“膣派”(最初から膣で感じられる女性。稀です。)じゃない限り、「気持ちいい」と感じるまでには相当な時間がかかることが多いです。「何も感じない」or「痛いだけ」という感想がほとんどなんですね。

と言うのも、もともと膣には感覚がないんです。晴れて初体験を迎えたのに「何も感じなかった!私って不感症!?」とガッカリする女性が多いんですが、気持ち良くなるまでには何回も何十回もセックスしないとダメだったりするんですね。

また、手軽とはいえ、例えば野菜やペンなどを挿入するのは衛生的に問題があります。というワケで、処女のひとりエッチには比較的すぐに気持ち良くなれてリスクも少ない、クリトリスオナニーをオススメします。

2.指を入れても気持ち良くない・痛い

→ぬめりを足して指先だけ出し入れしよう!

こちらはすでにセックスを経験済みの女性でさえ悩む問題なので、処女なら尚のこと強く感じてしまう現象ですね。先ほどチラッと触れましたが、膣って初めは何の感覚もない器官なので、感じるまでには経験と時間が必要です。

でもひとりエッチでもやっぱり触れてみたいし、少しでも早く中で気持ちいい感覚を知ってみたいですよね。そこでオススメするのは処女にピッタリの方法。

①ヌルヌルの状態で、②指をまるっと1本入れようとせず、第一関節くらいまで沈めたり抜いたりする、というやり方です。一気に指をぐいぐい入れようものなら違和感が凄まじいですが、指の先っぽだけなら比較的すぐにじわ~っとした快感が得られますよ!

ちなみに、中に入れようとして痛みを感じる原因は①膣口の潤いが足りないこと②体に力が入っていることがほとんどなので、指を唾液で濡らしたり潤滑剤を使えば意外とすぐに解決しますよ。

3.終わった後に罪悪感がある…

→性欲は自然な欲求!処女でも我慢する必要はナシ

性欲は自然な欲求の一つです。特に女性は女性ホルモンの影響で無性にムラムラしたり、性欲がパタッとなくなったり…と左右されることも珍しくありません。

人間、お腹が空けば食べるし眠くなれば寝ます。それが満たされたらスッキリしますよね?性欲も同じです。驚かれるかもしれませんが、初ひとりエッチは物心がつく前…なんて女性も多いんですよ。そんな彼女たちも当時はもちろん処女。処女でありながら性に目覚めているワケです。

「たまたま擦れて気持ち良かった」くらいのキッカケで始めて、大人になるまで自分がオナニーをしていると気付かない人もたくさんいます。「よく考えてみたらあれがオーガズムだった」と後から気付くケースもあります。

ひとりエッチがやめられなくて罪悪感を覚えることはありません。反対に、「みんながやってるからやらなきゃ」と焦る必要もありません。だって食欲や睡眠欲と同じなんですから。

他でもないアナタ自身のこと。自分に素直に生きる事が一番大切だと思いませんか?



おわりに

もしすぐに気持ち良くなれなくても、イケなくて不完全燃焼が続いても、悲観しないで!女性の体は経験すれば経験しただけ徐々に磨かれていきます。アナタはまだ処女。扉の前に立ったばかりです。

無理にイこう・感じようと焦らず、リラックスタイムのつもりで自分の体に触れていってくださいね。

Pocket