意外と当てはまる!?「うざい女の特徴」男に嫌われる女性5パターン

uzaionnanotokucho

「彼氏との交際は順調」そう思っているあなた、油断は禁物ですよ。気付かないうちに男の気持ちが萎える事をしてしまっているかもしれません。

今日は男性が感じるうざい女の特徴を5つご紹介します。意外とやってしまうようなものばかりですので、一度確認してみてはいかがでしょうか?

1.知った口でプライベートに口出し

付き合って一緒にいる時間が増えてくると、つい彼のことをわかった気になりがち。その態度、もしかしたらうざい女の特徴に当てはまっているかもしれません。気をつけた方がいいのは彼のプライベートに踏み込みすぎること。最悪は振られる理由になりかねないんです。

よくあるのは彼の友達や家族に対する口出し。あなたよりも付き合った歴史の長い彼らのことを悪く言うのは避けたほうがいいでしょう。また、家族の悪口は特にNGです 。「仲良くやっていけない」と判断されたら初めから結婚を考えてもらえなくなりますよ。

他にも、趣味や金銭面への口出しも避けたほうが無難です。いくら彼女とはいえプライベートに口を挟んでくるのはうざい女の特徴そのもの。特に、関係に慣れて言いたいことが言えるようになってきた頃に注意してくださいね。

2.文句が多い

一緒にいる時に愚痴や文句が多い。これは確実にうざい女の特徴です。また、愚痴や不満は気分を盛り下げるので「あなたといる時間が苦痛」と感じさせる事にも繋がってしまいます。彼の前ではなるべくマイナスな事を口にしないのが正解。

彼に希望を聞かれて「何でもいい」と言ったのに、後から文句を言ったり不満げな態度を出したりしていませんか?残念ながら私たち女性はこれをやりがちですが、男性からすればうざい女の特徴そのものです。そういう時は意地でも隠し通すか、最初からハッキリ意見を言うように心がけましょう。



3.だんまりで拗ねる

明らかに機嫌が悪いのにだんまり。理由を聞いても話さない。身に覚えはありませんか?ハッキリしない拗ねた態度はうざい女の特徴。面倒と感じる回数が多ければだんだん気持ちも離れてしまいますよ。

男は女の心の動きに鈍感。たとえ私たちが拗ねていても、何がいけなかったのかほとんどの場合わかっていません。もう少し汲み取ってほしい!と思うところですが、男性への「気付いてほしい」という期待は早めに捨てる事をお勧めします。

男と上手く付き合うためにはわかりやすい態度を取る事。彼らは案外単純なので少し大人になれば一気に扱いやすくなりますよ。

好き・嬉しいなどの気持ちはストレートに伝えて、怒っている時も早めに理由を話しましょう。間違っても初めから喧嘩口調で話さないでくださいね。突っかかってくる回数が多いのもうざい女の特徴です。「寂しかった」「悲しかった」という言い回しが喧嘩になりにくいのでお勧めですよ。

4.やってもらって当たり前の態度

優しい彼に甘えて態度が大きくなってきたりしていませんか?最初は些細なことでも感動していたのに、いつの間にかしてもらう事に慣れてしまう…あるあるですよね。

付き合いが長くなるにつれて慣れが出てきたりわがままになったりするのは仕方ないことです。が、それを放置しているとうざい女の特徴にどっぷり浸かってしまいます。初めは小さな違和感レベルでも、「こいつ何様だ」と思われるのは案外すぐですよ。

毎回お礼や感謝の気持ちを伝えることはもちろん、してもらった分は別な形でお返しする。こういう基本的な事ができていると長続きするカップルになります。この機会に「私、慣れてきてるな」と意識しながら彼に接してみてはいかがでしょうか?

5.「男のくせに」と言う

何かの拍子にポロッと出てしまいがちな「男のくせに」という言葉。でもこれを言った瞬間にうざい女の特徴に当てはまること決定です。男に対して言ってはいけないワードの代表なんです。

男性ってこの言葉を凄く嫌うんですよね。なぜならプライドを傷つけられるから。というのも、私達が女であろうとして化粧をしたりムダ毛の処理をしたりするように、彼らも男であろうとしています。当然、「そんな事もできないの」という言われ方をすればムッとするわけです。

男は責めたりけなしたりしても育ちません。それよりも上手くいった時に「凄いね!」「さすが◯◯君」と褒めてあげるのが正解。案外単純なので「もっと頑張ろう」とやる気にさせられるはずです。

いい男にしたければ彼を否定しないこと。褒めて持ち上げて育てるのが基本です。もしそれで甘えるようなら、残念ながら見込みがないタイプなのかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?ご紹介したうざい女の特徴に一つでも当てはまっていたなら、今日からやめるべきです。彼女の座に甘えていると大変なことになりますよ。

目指すのはうざい女ではなく居心地のいい女。いずれ結婚を考えてもらうため…つまり自分のために少しずつ努力していきましょう。

Pocket