オエッ…!フェラが苦しい!もっと楽になる上手なくわえ方6つ!

男性が大好きなフェラチオ。でも女性にとっては、ちょっと気合のいる行為ですよね。長いペニスを口の奥までくわえるのは、けっこう大変。ペニスの先がノドの奥に触れると、反射的に「オエッ…!」とえずいてしまうんですよね。

でも、男性の中には、もっと根元までくわえてほしくて、女性の口にペニスを深く突っ込んでしまう人も。

「大好きな彼には気持ちよくなってほしい」「でも、苦しい思いはしたくない」そんなジレンマを抱えてしまう女性は多いんですよ。

今回は、もっと楽にフェラする方法をご紹介します。


1.彼に仰向けに寝てもらう

立っている彼をフェラすると、彼がついつい腰を動かしたくなります。フェラしてもらっている内にどんどん気持ちよくなって、「もっと根元まで」と突っ込みたくなるんですね。

そんな場合は、彼に仰向けになってもらって、あなたは上からくわえるといいですよ。その方が、彼は腰を動かしにくくなります。

腰を動かすとき、立って前後に動かすのは簡単。でも、寝ころんで上下に動かすと、重力がかかるので、ちょっとしんどい動作になるんです。

なので、仰向けになってもらった方が、彼の腰振り防止になるので、苦しい思いをすることが減りますよ。

2.ノドを締めておく

ノドにペニスが当たると、「オエッ!」とえずいて苦しい思いをしてしまいます。

これは「嘔吐反射」というカラダの働き。間違って異物を飲み込まないように、硬いものや大きなものがノドに当たるとえずくように、人間のカラダができているんですね。

なので、ノドの入り口=口の奥を閉じながらフェラするのがオススメ。そうすれば、苦しい嘔吐反射が起こるポイントをガードできますよ。

舌の付け根を上アゴにくっつけるようにして、ノドを締めましょう。

あなたのえずき防止になるだけじゃなく、彼にとってもペニスの先の方が狭くなって、気持ちいい刺激になるんです。



3.くわえる前にたっぷり舐める

フェラするときに、気合を入れて初っ端から口の中にくわえていませんか?はじめからペニスをくわえると、口に含んでいる時間が長くなって、苦しい思いをしますよ。

初めは口から舌を出して、ペニスを舐める時間にあてましょう。ペニスを口の中に入れてなくても、フェラのうちに入りますよ!

そうやって、くわえる前にある程度彼の快感を高めてあげれば、それだけ挿入までの時間が早まります。口に含む時間が短くて済むので、フェラの時間が楽になりますよ。

例えば、フェラをする時間を5分だとして、5分ずっと口の中にくわえていたら、苦しい思いをしてしまいます。初めの2~3分はくわえずに舐める時間にすれば、くわえる時間が短くなるというワケです。

舌を柔らかい状態にして、サオに這わせたり。舌の先でチロチロとカリを刺激したり。くわえる以外にも、男性を気持ちよくさせる方法はたくさんあります。試してみてくださいね。

4.手コキを加えてストッパーにする

口だけでペニス全体を包み込むのは、至難の業。某アダルトグッズメーカーの調査によると、日本人男性の平均チン長は、約14㎝。これを根元までくわえられるお口の女性はそうそういないはずです。

でも、男性としては、「根元の方も刺激してほしい」「できるだけ広い範囲を刺激してほしい」と思ってしまうんですよね。それで、ついつい「ぐいっ」と腰を入れて、ペニスを奥の方へ入れたくなるんです。

そんな男性の想定外の動きをガードするには、ペニスの根元に手コキを加えるのがオススメ。手がストッパーになって、それ以上突っ込めなくなるんです。

そうすれば、あなたは苦しい思いをしないですし、ペニス全体を刺激することができます。根元も同時に刺激されたい男性も満足してくれますよ。

くわえられる深さによって、指の本数を変えて、ストッパーの幅を調整するのがオススメです。



5.初めはゆっくり浅く→だんだん速く深くしていく

初めから激しさマックスのフェラチオをすると、すぐに苦しくなって限界が来てしまいます。初めは浅くくわえて、ゆっくりと出し入れしましょう。

彼は「もっと激しく」とおねだりするかもしれませんが、あなたのペースで大丈夫。かえってそれがいい焦らしになるんですよ。

そして、だんだん深くくわえていきます。ピストンの速度も少しずつ早く。そうやって、フェラする時間全体の中で強弱をつけると、深くくわえる苦しい時間を短くすることができますよ。

焦らされた後にだんだん期待通りのフェラに近づいていったら、彼のテンションもそれに合わせて盛り上がっちゃうはずです。

6.どうしても苦しいなら一旦手コキをはさむ

苦しい思いをしないように気をつけていても、彼の期待に応えようとついつい頑張ってしまうのが女心。自分のキャパを越えて深くくわえてしまって、「オエッ!」となってしまうことは、フェラ慣れしてる人でもよくあるんですよ。

それに、彼の動きが全部読めるワケではないので、予想外の動きをされてペニスがノドに刺さることも。

そんなときは無理せず、一旦ペニスを口から出しましょう。ノドのつかえが落ち着くまで、ちょっと口を休ませます。

その間、彼のペニスには手コキをしてあげればOKです。ペニスを待たせないので、盛り下がり防止になりますよ。

「ハアハア」と息継ぎしながら、彼の顔を上目遣いに見上げたら、彼は思わずあなたの色っぽさにドキッとしてしまうはずです。

おわりに

フェラする時間を楽にするには、苦しい嘔吐反射を防止する工夫と、奥まで深くくわえる時間を減らす工夫が大事なんですね。

男性の中には、欲望に逆らえず、フェラの最中に女性の頭を掴んで、ノドの奥にペニスを突っ込んでくる乱暴者もいるんだとか。もし何の断りもなくそんなことをされたら、ルール違反ですので、毅然と抗議しましょう。

彼を気持ちよくさせたい気持ちは大切だけど、苦しいことを我慢するのはNG。ふたりとも気持ちよくなってこそのセックスです。

工夫次第でもっと楽にフェラできるようになりますので、試してみてくださいね。

Pocket