クンニされたくない!舐められるのが苦手な女子がするコト5個!

あなたはクンニをされたくないのに、彼がしてこようとすると困りますよね。

お口で舐められるのって、気持ちいいかもしれないけれど、それよりも恥ずかしさや申し訳なさの方が強くて、何が何でも阻止したくなっちゃう。

でもエッチのたびに拒否していると、さすがに彼も嫌な気持ちになっちゃうかな…と心配にもなりますよね。

この記事では、クンニをされたくないあなたのために、彼とのエッチでどうすればいいのか教えちゃいます。


1.彼に「嫌だ」と伝える

別にクンニは強制ではないですから、されたくないのであれば、彼に正直に嫌だと伝えていいんですよ。

大体の男性は、彼女に喜んでほしくてやっているので、あなたが本気で嫌がっているとわかれば無理にはしてこないはず。

セックスはお互いが気持ちよくなるためのものですから、あなたが気にする必要はないんです。

もし彼がクンニ好きだった場合でも、ちゃんとあなたの気持ちを優先させてくれますよ。

ただ、伝え方によっては彼自身を否定された気持ちになっちゃうかも。

露骨に嫌がるのではなく、「気持ちは嬉しいけど、どうしても気になって集中できないんだ」と伝えてあげましょう。

彼が悪いわけじゃなくて、されたくないのはあくまであなたの気持ちの問題だということをわかってもらって下さい。

その後は、代わりに他の部分をたくさん愛してもらえるようにおねだりできれば完璧です!

2.お風呂の中でしてもらう

あなたがお口でされたくないと思う原因が「汚いから」という場合、お風呂でしてみると抵抗感が薄れるかも。

普段はお風呂に入った後でも、エッチまでの間にトイレに行ってしまうこともあるので、何となく嫌ですよね。

お風呂なら一番きれいな状態なので、いつもよりは大丈夫そうな気がしませんか?

あなたが先にお風呂に入って、満足がいくまでアソコをきれいに洗って下さい。くれぐれも優しくですよ!

その後彼にも入って来てもらって、イチャイチャしちゃいましょう。

クンニをしてもらう時は、あなたがバスタブに腰かけるとしやすいです。

ただ、あまり長い時間しているとのぼせてしまうので、ほどほどにして下さいね!



3.お互いに舐め合ってみる

クンニは恥ずかしいから絶対にされたくない!と思っているのであれば、お互いに舐め合ってみて下さい。

寝ている彼と逆の方向にまたがって、あなたはフェラ、彼はクンニをします。

彼に舐めてもらうにしても、自分だけが攻められてると、その間どうしたらいいかわからないですよね。

でも、フェラをしながらであれば、フェラの方に意識を向けられるので、それほど抵抗もなくなるんです。

また、彼もあなたのフェラが気持ちよくて、クンニをするだけで精一杯になってしまい、余計なことを考える暇もなくなるかもしれません!

いきなりは恥ずかしいかもしれないので、まずは電気を消してから挑戦してみてはいかがでしょうか。

次彼にクンニをせがまれたら、「舐め合いっこするならいいよ」と言ってみて下さい。

4.臭いケアグッズを使ってみる

やっぱりアソコの臭いって、気になりますよね。

普段自分ではわからないぶん、彼にどう思われてしまうか不安なのが、あなたがされたくないと思う理由ではないでしょうか?

そして、あなたと同じことを思っている女性はたくさんいます。

今はアソコの臭いケアグッズがたくさんあるんですよ。膣洗浄器やウェットシートなど、種類は様々。

あなたに合ったタイプのグッズをぜひ試してみて下さい!どうせなら、自信をもって舐めてもらいたいですよね。

5.リラックスした環境を作ってみる

あなたが「クンニされたくない!」と思っていると、どうしても身構えちゃいますよね。

ですから、なるべくあなたがリラックスできる環境で舐めてもらうのはいかがでしょうか。

例えば、明るいままだとアソコの形がハッキリ見えて嫌ですよね。

その時は真っ暗、もしくは間接照明だけつけた状態で舐めてもらいましょう。

また、舐められている間も、緊張して気持ちよさに身をゆだねることができないかもしれません。

その場合はリラックス効果のあるお香を焚くなど、工夫してみるのはいかがでしょうか?

部屋がいい香りだと、あなたがアソコの臭いを気にして不安になることも少ないかも。

そして最終手段として、酔っ払って緊張をほぐしてから舐めてもらう方法もあります。

ただ、本当にされたくないのであれば無理して行う必要はありませんので、あくまであなたも舐められてみたいけど勇気が出ない…という場合に試してみて下さいね。

おわりに

いかがでしたか?

彼がクンニ好きだったり、あなたも少し興味があるようだったら、なるべく抵抗のない方法から始めてみてもいいかも。

ただ、あなたが本当にクンニされたくないのなら、拒否しても大丈夫

もしかしてあなたは、彼のためならと、フェラには抵抗がないのではないでしょうか?

きっと彼がクンニをしたがるのは、いつもフェラをしてもらっているお礼なのかもしれませんね。

彼もあなたが本気で嫌がっているとわかれば、無理にはしてこないですよ。

Pocket