ハードなエッチがしたい…。SMの種類!一度はやりたいプレイ5つ!

SMプレイと聞くと、アブノーマルなイメージでなかなか周りの人に相談しにくいですよね。

でも、彼はS気質だし自分はM気質…。普段から手を縛ったりなどソフトなSMプレイはあるけど、この際本当のハードプレイがしてみたい!そう感じたことはありませんか?

どんな種類のプレイから始めればいいかなど、いろいろ考えちゃいますよね。この記事では、そんな時におすすめのSMプレイの種類を5つご紹介します。


1.緊縛プレイ

SMプレイの定番とも言えるのが「緊縛プレイ」です。

これは縄や紐などで体を縛り、拘束して自由を奪うという代表的な種類で誰でもやりやすい・けれども体の自由が利かなくなるという、ハードなセックスを行う上では外せない方法です。

身近な紐や長タオルを使って、軽く手首を縛られたことならあるという場合は、さらに上級の緊縛プレイを目指しましょう。

まず、自由を完全に奪われるためには、簡単な縛り方ではすぐ解けてしまい効果がありません。

緩い一つ結びではなく、血が止まらない程度にきつく締め何重も結び解けないようにしてもらいましょう。

そして、手首だけを縛っても体の自由は完全には奪われていません。なので完全に自由が奪われる、両手首・両足首をそれぞれベッドの端に縛り付けてもらう方法がおすすめです。

そうすることで身を覆い隠すすべもなくなり、相手にされるがままの状態になります。

2.首絞め

首絞めプレイも、「相手に支配されている」と感じる代表的なSMプレイの種類です。首を絞められるというのは、極端に言えば呼吸を支配されているという風にも捉えられます。

また首を絞めるほうも、「自分の行為で相手が苦しんでいる=完全に相手を支配している」と感じることができるため、お互いにとって「支配している・されている」が成り立ちやすいプレイなのです。

ただそのまま首を絞めると喉ぼとけを直接刺激してしまい、むせたり単純に苦しくなりSMセックスが盛り上がりません。

なので絞めるときは喉ぼとけをさけてしめるようにしましょう。そうすることで「苦しいけど支配されてうれしい」と感じる余裕ができます。

ただし、この種類のプレイはきちんと加減をしないと最悪な状況になりかねない危険を伴います。お互いに力加減や苦しさの程度を確認し合いながらプレイを楽しみましょう。



3.スパンキング

よくAVでバックの体位でセックスをしているときにお尻を叩かれたりするシーンがありますよね。

セックス中に相手に叩かれるこの行為を「スパンキング」といいます。SMの種類の中でもよく見られます。

叩くのは手だけでなく、道具を使ってもらうのも新鮮です。特に、縛られて身動きが取れない状況でのスパンキングは、完全に支配されている状態のためとても興奮します。

叩く場所や叩き方は決まっていないので、叩いてほしい場所や力加減をリクエストしてみましょう。

両腕を縛られた状態で後ろから背中やお尻を叩かれたり、目隠しをした状態でのスパンキングは、「防御できない・予測できない」ためとても興奮しやすいSMのシチュエーションです。

この種類のやり方は、あまり力加減を無視して叩かれ続けると、体にあざが残ったり出血の恐れもあるので、力加減には気をつけてもらいましょう。

4.飲尿

特殊なSMの種類として「飲尿」があります。これは、相手のを飲む・自分のを飲まれるどちらでもOKのプレイです。

相手の尿を飲まされるという屈辱感、または自分の尿を飲まれるという恥ずかしさがある行為で、とても上級者向きとなります。

やり方としては、その名の通り尿を飲むだけです。

さらに興奮するやり方としては、相手の尿を飲む場合は、自分が体を縛られて身動きができない状況で相手の尿を飲まざるを得ない状態を作ります。

そうすることでMにとっては「尿をかけられ飲まされている」という屈辱的な状況になり、Sにとっては「尿すらも飲ませて完全に支配している」という征服欲を満たすことができるのです。

自分の尿を飲まれる場合は、尿意を最大限まで我慢していつ漏らしてもおかしくない状況を作りましょう。

そして彼に手まんなどで刺激してもらい放尿し、それを飲まれることで、かなり羞恥心が伴う種類のプレイになります。

5.イラマチオ

普通のフェラチオとは違い、男性主体でペニスを女性の口の奥まで咥えさせて、女性の頭を強く動かし無理やりフェラチオさせる行為を「イラマチオ」といいます。

比較的実践しやすい種類で、お互いに「支配している・されている」と感じやすいこともありSMとしてとてもおすすめです。

ただのイラマチオじゃ物足りないという場合は、さらに興奮する要素を付け加えるのもGOODです。

たとえば、目隠しをしていつペニスがくるかわからない状況にしたり、体を縛って完全に拒否できなくなるようにするとより盛り上がります。

単純にいつもより力加減を強くするのもおすすめですし、イラマチオをしながら言葉責めしてもらうのも興奮しますよ。

このように、他の種類のSMプレイ要素をちょこっと足すことで、さらに責めて・責められての状態が簡単に作れるのでぜひ挑戦してみましょう。

おわりに

いかがでしたか?SMプレイというと一線を越えた種類のセックスというイメージで、挑戦してみたくてもできないと感じてしまいがちかもしれません。

ですが、彼と相談して自分たちが出来そうなプレイから実践してみると「案外よかった」と感じて、他のプレイも敷居が低くなっていくものです。

ちょっとの勇気が普段のセックスをより良いものにしていきます。ぜひいろんな種類のSMプレイに挑戦して、彼との愛を深めていきましょう。

Pocket