挿入の痛みがつらい…我慢ができない性交痛を和らげる方法5つ!

セックス中、性交痛があるととてもつらいですよね。

エッチには集中できないですし、彼との大事なコミュニケーションであるセックスを楽しめないと気持ちも沈んでしまうことでしょう。

精神的なつらさもさることながら、放っておくと膣が炎症を起こす可能性もある性交痛。

絶対に我慢は禁物です。

我慢をするのではなく痛みを和らげる方法を試してみましょう。

1.前戯に時間をかけてもらう

挿入の前、前戯には十分な時間が割かれていますか?

十分に濡れていない状態だと、どうしても痛みが出てきてしまいがち。

挿入前の濡れ具合が痛みを左右すると言っても過言ではありません。

前戯の時間が「足りないな」と思う場合は、「もっとゆっくりしたい」と彼に伝えるようにしてください。

なるべくたくさん濡れるように、性感帯をゆっくり刺激してもらうことで挿入に向けてじっくりと身体を準備していきましょう。

自分の気持ち良い場所を的確に刺激してもらうことができるように、自分の身体を良く知ることも必要になります。

普段からオナニーを習慣にすることでより改善に近づけるでしょう。

十分に濡れたら、乾かないうちに素早く挿入をすることも大切です。

あなたが興奮するシチュエーションやプレイを彼にお願いしてみるのも良いでしょう。

2.激しいピストンを控えてもらう

彼に痛みの元となる激しいピストンを控えてもらうことも性交痛を抑えるのに効果的です。

特に挿入して最初からがしがしと激しく動かれると、痛みを感じやすいのです。

最初はゆっくり動いてもらうよう、彼にお願いしましょう。

ゆっくり奥まで挿入し、そのまま奥を突くように小刻みにピストンをすることで、男女ともに痛みなく気持ち良さを感じることができます。

あなたが刺激に慣れてきたら、少しずつピストンのペースを上げてもらえばフィニッシュも無理なく迎えることができるでしょう。

また、あなたが上になって主導権を握ることで激しいピストンを封じることも可能です。

騎乗位は、女性のペースで動くことができると同時に、挿入の角度を女性側が調整することもできるので、性交痛を抑えるのに効果的な体位といえます。

3.リラックスできる環境をつくる

セックスをするときにはなるべく極限までリラックスできる環境を整えることが大切です。

女性の身体はとても繊細にできていて、心と密接な関係にあります。

セックスの際に、緊張しているなどリラックスできていない状態だと、濡れにくくなってしまうのです。

そして濡れにくいままでは挿入時の痛みを緩和することができません。

例えば、部屋を暗くしたり、アロマを焚いてみたり、お風呂にゆっくりつかることなどが有効でしょう。

十分な心の準備ができたら、キスやハグなど彼とのスキンシップをたくさんとりながら、ゆっくり前戯をしてもらいましょう。

なるべく焦らずゆっくり行うことが大切です。

セックスの前や最中になるべくエッチなことを思い浮かべて、気持ちをつくることも効果的です。

4.コンドームを変えてみる

コンドームが性交痛の原因になっていることもあります。

ゴムの素材が合わないなどの理由で痛みを感じている可能性もあるのです。

例えば、使っているコンドームの素材にあなたがアレルギーを持っていれば、痛みが生じることもあります。

その場合はコンドームの素材を変えることで解決出来る可能性が高いです。

また、コンドームのなかには強い刺激を与えるために表面に凸凹加工をしているものもあります。

もし、そうした商品を使っていて痛みを感じている場合は、特殊加工のないコンドームを試してみましょう。

また、そもそも生の挿入と比べコンドームを使った挿入は、擦れたときに引っかかりやすく、痛みを感じやすいのです。

ゴムの感触が引っかかって痛い場合は、潤滑ゼリーが表面に多く配合されたものを使用してみると良いかもしれません。

コンドームはとても種類が豊富なので、あなたに合う商品を見つけることが、痛みの改善に繋がるかもしれません。

5.ローションを使う

濡れにくく、前戯を頑張っても痛みが生じやすいのであれば、ラブローションを使うことで緩和できるかもしれません。

ラブローションは、主にエッチのプレイで使用する潤滑ゼリー。

潤滑油の役目を果たしてくれるので性交痛を緩和するアイテムとして重宝します。

濡れにくい体質でもラブローションを使用することで、スムーズな挿入と気持ちの良いセックスをすることができるはず。

挿入以外でもラブグッズとして前戯に使用できますし、セックス以外にもお風呂に入れて楽しんだりマッサージオイルとして使うこともできます。

アダルトグッズ専門店やディスカウントストア、通販サイトで手に入れることができます。

選ぶ際にはなるべく肌に優しい商品を選ぶように気をつけましょう。

おわりに

いかがでしたか?

セックスが楽しめないのはとても悲しいことですよね。

性交痛は、セックスを嫌いになる原因ともなり得る深刻な問題です。

一人で我慢しないで、彼にも協力してもらいながら少しずつ克服していきましょう。

もし、良くならないようでしたら婦人科の受診も考えてくださいね。

セックス

(ライター/なつみこ)