彼氏のセックスが下手!男のテクニックを上手に育てる方法5つ!

kareshi-sex-heta

彼氏のセックスが下手だと、エッチを楽しみだと思えないどころかだんだん苦痛になってきますよね。このままでは危険。

ということで今日は彼のセックステクニックを上手に育てる方法を5つご紹介します。大丈夫、きっとこれで改善されるはずですよ!

1.手を重ねて彼の愛撫を誘導する

彼氏を興奮させる事は気持ちいいセックスをするうえで重要なポイント。興奮させればさせただけあなたとのセックスに満足感を覚えますし、エッチが盛り上がるスパイスになります。

でも度を越して興奮していると前戯が足りなくなったり愛撫が荒っぽくなったりしがち。彼氏ががっついている時はあなたの動きをあえてゆっくりにして落ち着かせましょう。

勢い良く突っ込まれた舌を唇で優しく挟んで、なだめるようにねっとりと絡ませます。同時に耳や頭をゆっくり撫でてあげると効果的ですよ。さらに、胸を力いっぱい掴んでくる手には手の平を重ねて、教え込むようにゆっくりな動きに誘導します。

クリトリスや膣を愛撫されている時も同じですね。キスで口を塞ぎながら手を重ねて教えるとその場の空気をごまかせますよ。手を離した後に彼が上手に愛撫できたら、「気持ちいい」「上手…」と褒めてあげるのを忘れないでくださいね。

2.彼氏にテクを実践する

耳を舐めたり、首筋や胸元に吸い付いたり…基本的に女性がしてほしい愛撫は男性にしてあげてもある程度快感になります。あなたがしてほしいと思う事を先に彼にしてあげればいいんです。そうすれば「同じ事をしよう」と考え付いてくれるかもしれませんよね。

今まで積極的に彼氏を攻めた事がないならマンネリ防止にもなって◎。しかも、全ての男性が心のどこかにM気質を持っています。あなたに攻められることでいつもより興奮するかもしれません。意外にも「たまには攻めてほしい」と思っている男性が多いんだそう。

ただし、じっくり攻めすぎて彼を完全に受身状態にするのはNGです。あなたが奉仕するパターンが定着すると「してあげよう」という気が薄れてしまうからです。

ある程度テクを披露したら腕を引くなどして体を反転させて、「次はあなたの番」と合図を送りましょう。あらかじめセックステクニックを勉強しておくと確実ですね。



3.「一緒にイってみたい」と言う

彼氏のセックスが下手なら、彼とのエッチでいけないのではありませんか?もしかしたら今まで一度もいく経験をした事がないかもしれませんね。そこでお勧めするのはセックス中の会話やピロートークで「イくのに興味がある」と話す事。

「一回もいったことがないんだけど、○○君と一緒にいってみたい」なんて言われれば彼も満更ではないはず。こっそりテクを調べてくれるかもしれませんし、気持ち良くさせる事を一番に考えてくれるようになるかもしれません。

その会話の流れで一緒にネットで調べてもいいですね。女性器の構造やいきやすい愛撫の方法を一緒に見て、実際にやってみる。はっきりとした目標ができてセックスが劇的に変化するはずですよ。

余談ですが、気持ち良さを追求しているカップルはマンネリもしにくくラブラブな傾向にあるんです。あなたも真似してみてはいかがですか?

4.「こっちも舐めて」「吸って」と具体的にお願いする

彼氏のセックスが下手なら、気持ちいいと感じるように育てる必要があります。カスタマイズするつもりであなたがしてほしい事、感じる場所を教えてあげましょう。エッチ中に演技したり「気持ちいい」と嘘をついたりすれば彼氏のテクは向上しません。

お願いは具体的に言葉にするといいですよ。「舐めて」「吸って」「もっとして」といったおねだりは男を興奮させるんです。彼を虜にするセックステクの一つとも言えますね。さらに、喘いでいるだけのマグロ女子と思われるリスクも減って一石二鳥ですよ。

彼氏が愛撫のやり方を変えてくれた後、気持ちいいと感じた時にはわかりやすく反応しましょう。そうする事で彼は自信を持ちますし、「もっと気持ち良くさせたい」という欲求も感じるはずです。

教えて上手くできた時には褒める。感想を伝えてやる気にさせる。こういうフォローが大切なんです。男は褒めて成長させましょう。

5.質問しながら彼を攻める

彼氏の愛撫が気持ち良くない、痛い…そんな状態では不満も溜まりますよね。でも「下手」「気持ち良くない」とバッサリ切り捨ててしまうと、喧嘩になったりトラウマにさせたりしかねません。

男性はセックステクやアレの大きさなどのデリケートな問題に対して繊細です。最悪はEDになって立たなくなってしまうので、上手に伝えなければいけません。

そこで、彼が独りよがりな愛撫をやめてくれる事を願って「どこが気持ちいい?」「どんな風にすると感じる?」と聞きながら彼氏を攻めるようにしてみてください。これで気付いて彼が同じように聞いてきてくれればやり方を具体的にお願いする事ができますよね。

もしダメなら、愛撫やフェラをしながら「私はこういう触り方が気持ちいいんだけど」「こういう舌の動きが好き」と言いながら実際に彼にレクチャーしてあげましょう。

おわりに

いかがでしたか?セックスは回数を重ねながらだんだんお互いの体を知って快感が強くなっていくものです。今は下手でも、育てれば体の相性は良くなっていくはずですよ。

Pocket