結婚したい女性の条件とは?職業?性格?男性が見ているポイント7つ!

kekkonshitaijoseinojouken

男性の思う「彼女にしたい女性」と「結婚したい女性」の条件は異なります。そろそろ結婚を視野にいれた、きちんとお付き合いをしたいと思っているあなた。

理想の結婚をするためにも、男性が求める「結婚したい女性象」をしっかり把握して準備を備えておきましょう。

1. 金銭感覚が同じかどうか

結婚したい女性の条件として「価値観が同じかどうか」はとても大切なポイントです。その中でも「金銭感覚が似ているか」という点を重視する男性は多いもの。

結婚して財布を握るのはやはり女性側が多いので「この人に自分の稼いできたお金の管理を任せられるかどうか」をチェックしているのです。

普段から彼に「お金のかかる女」と思わせないことが大事です。貯金がちゃんと出来る、倹約家タイプというのをアピールしておくのもいいと思いますよ。

2. 子供に対する考え方はどんなものか

将来子供が欲しいと思っている男性なら、必ず「子供好きな女性」を結婚したい女性の条件にあげます。ベタではありますが、子供や動物に優しく接することができる女性に魅力を感じるのです。

最近は、子供に対する虐待や育児ノイローゼなどが社会問題になっています。男性としては、安心して子供を任せられる女性を求めているのです。

結婚したい女性の職業で保育士が人気な理由もうなずけますね。「母親になってもうまくやっていけるかな?」と感じている彼を安心させることが大切です。子供好きアピールはしておいて損はないでしょう。



3. 実家とうまくやっていけそうかどうか

結婚となると、恋愛とは異なり家族や親戚ぐるみのお付き合いとなります。結婚したい女性の条件として彼は「あなたが自分の家族と仲良くやっていけるかどうか」を見ています。

誰しも結婚相手には自分の親を大切にしてほしいと思うもの。必ず彼の家族の悪口を言ってはいけません。できれば、自分の親と同じくらい大切に思えるような関係を気づきましょう。

4. 料理が出来るかどうか

結婚したい女性の条件として、やはり「料理が出来るかどうか」はとても大事なポイントです。仕事で疲れて家に帰ったときでも、おいしい食事で迎えてくれる女性が理想のお嫁さん象なのです。

昔から言われている通り、やはり胃袋をつかむのがうまくいく結婚の条件です。それに、料理が出来るとこんなケースでも困りません。

例えば、彼の会社の同僚や友人が家に急に遊びに来たとき。彼の実家にお邪魔した時に、お姑さんの料理を手伝うことになったとき。こういったときうまく対応できれば、彼の鼻も高々です。

普段は全然料理しない!という人でも、最近は料理教室の数も増え、料理本も数多く出版されていますので少しずつでも勉強を始めるようにしましょう。

得意料理といえるものが3つほどあれば、いざという時に役に立ちます。実家にいて料理をする機会がないという人も、出来る限りキッチンに立って練習をするようにしましょう。

5. 一緒にいて落ち着けるかどうか

結婚相手というのは、一生を添い遂げる相手です。恋人に求めていたような「ドキドキするような恋愛」とは異なり、一緒にいて安らげる相手を男性は求めます。

どこかで「母親のような家庭的な女性」を理想と思っているのかもしれませんね。彼の仕事が終わったときに、帰ってきたいと思ってくれるような家庭が作れるようにしましょう。

結婚したい女性と思わせる条件として、あなたといて「居心地がいいなあ」「癒されるなあ」と思わせることが大切です。

6. 自立しているかどうか

「精神的に自立していること」これも結婚したい女性の条件の一つです。彼や親に依存しているようなタイプの女性では、相手も将来を不安に思うでしょう。

今は子供が出来てからも共働きをする夫婦が多くなっています。子育てをしながらも外に働きにでていける「経済的にも自立できるタイプかどうか」をチェックしている男性も多くいます。後々喧嘩にならないためにも、この点については今のうちに彼と話し合っておきましょう。

7. 自分を理解してくれるか

仕事で失敗して、へこんでいることに気付いてくれて「次は頑張ろう!」と励ましてくれる女性。一人でいたいと思う時間も、友人と過ごしたいと思う時間も尊重してくれる女性。

男性が結婚したい女性は「常に自分のよき理解者でいてくれる」タイプです。過度な束縛をしてしまう人や、自己主張が強い女性は注意が必要です。

夫婦というのは2人で支えあっていくもの。あなたが「自分を支えてくれる、理解してくれる人と結婚したい」と願っているのと同様に、男性も同じことを感じているのです。

おわりに

「結婚したい女性」の常に上位にランクインする幼稚園の先生や看護師という職業。人気の理由は「思いやりを持って行動できる人物かどうか」が判断しやすいからです。相手がツライときに、深い愛情を持って支えられる女性になれるよう努力していきたいですね。

Pocket