スローピストンでセックスが変わる…!まだ見ぬ快感を知る方法!

セックスしている時にあえてスローピストンにこだわってみた事はありますか?恐らく高速ピストンをされることはあっても、その逆はあまり意識してこなかったのではないでしょうか。

今からご紹介するのはアナタが彼とのセックスでもっと気持ち良くなる方法です。ナカから湧き起こる、ウズウズするような快感…きっと新しい扉を開くことになるはずですよ!

女性はスローピストンの方が感じる!?

実は、女性がより気持ちいいと思えるセックスは断然スローピストンなんです。と言うのも、高速でピストンされている時は勢いや激しい突き、衝撃は感じます。そしてその荒っぽい雰囲気で興奮することもあります。

でも膣内の感覚に限って言えば、「何かが凄い勢いで出たり入ったりしている」だけ。思い返してみると確かに…と思いませんか?あの瞬間、求められている感じはしても膣壁で感じるのはむしろ難しくなっているんです。

でもスローピストンなら、張り出した亀頭が肉を掻き分けてグゥッ…と入ってくる感覚、膣壁が少しずつ擦られていく感覚、抜かれる時にカリが引っかかる感覚に集中することができます。女性が本気で感じるためにはコレが必要不可欠だったんですね。

だから勢いに任せて一気に駆け上がるようなセックスをする若い男性が相手だと、本当の悦びを感じられない事が多いんです。
それでは、スローピストンに期待が高まったところで具体的なコツを見ていきましょう!

スローピストンセックスのコツ

1.引き抜く時に膣をキュッと締める

耳にされたことがあるかもしれませんが、女性がセックス中に感じるのは抜かれる時、というのが一般的です。よく言われますよね?ペニスは“カリ高”が重要だって。あれはカリの段差が大きい方が、抜かれる時に引っかかって気持ちいいから、という意味なんです。

だからスローピストンする時は抜かれる時に意識を集中させて、さらに膣をキュッと締めながら試してみてください。特に気にしないでピストンされるのと、膣を締めてペニスの存在を意識しながらピストンされるのとでは感覚が全く違うんです…!

もし「そんなに変わらないよ?」と思うなら、それはまだ膣内が開発されていないか、性的な興奮が足りないか(理性が働いているか)のどちらかです。これらの条件が揃った状態でスローピストンされれば必ず感覚の違いに気付くはずですから。

ちなみに、カリはペニスの部位でも1位2位を争う性感帯。つまり抜く時に締めれば相手の男性も感じさせる事ができる、というワケですね♡

膣を自在に締められるようになりたい!

2.特に感じる所で細かいピストンを繰り返す

浅い所、中間、奥…など、膣内のどこが感じるかはひとりひとり違います。また、えぐるように上に向かって腰を入れてもらうのか、背中側を擦るように入れてもらうのか、気持ちいいと感じるやり方もそれぞれです。

とにかく重要なのは、その中で一番気持ちいいと感じる場所&腰の進め方で細かくピストンをすること。ペニスはちょうど段差があるカリの部分~亀頭までの部分がヒットするように調節してくださいね。

すると、中がゾワゾワッとくるような、むず痒い快感が走るのを感じるはずです。これはスローピストンだからこそ得られる感覚。そして膣内でこういう気持ち良さを何度も感じることで徐々に感度が上がって、セックスでの中イキも夢ではなくなっていくんです…!

また、先ほどもご紹介しましたが、そのタイミングでキュッと膣を締めることで彼のペニスの存在をより感じることができます。性感が確実にアップするのでぜひセットでやってみてくださいね!

3.言葉責めしながら抜き差し

次にオススメしたいのは、言葉責めとセットでスローピストンするセックス。実はオーガズムは脳で起こっていることをご存知ですか?どれだけ性感帯に刺激を受けても、脳が全く興奮していなければオーガズムに達することはないんです。

つまり逆を言えば、興奮できるシチュエーションでスローピストンすればもっと気持ち良くなれる、ということ。これは最強のコラボです…!

「ほら、入ってくよ…ほら…」なんて言われながらゆっくり彼のモノが入ってきたら、正直ホント興奮しますよ。自分が「女」であることを実感する瞬間というか…Mな部分がキュンキュンする感じです。

ところで、普段からサービス精神旺盛でセックス中に言葉責めしてくれる彼氏なら話は簡単ですが、そういう発想がない男性だと成立しませんよね。「言葉責めして」ってお願いしても棒読みになって萎えそうだし…。

そんな時は彼からエッチなセリフが飛び出す裏技をお試しあれ!セックスは工夫してナンボですよ♡

4.目隠ししながら抜き差し

最後にお話しするのは目隠し+スローピストン。カップルが目隠しセックスで燃える理由でもご紹介していますが、目隠しをすると人間の感度って上がるんです。と言うのは、8割以上の情報を担っている“視覚”が遮られることで敏感度が増すから。

一度やってみればわかると思いますが、見たくても見られない状態でゆっくりスローピストンをされたら今までにないくらいハッキリと彼のペニスの存在を感じますよ。もしかしたら気持ち良くて怖い…なんて感覚を知る日になるかもしれません。

ちなみに、自分の意志で「目を瞑っている」のと「見たくても見えない」目隠しの状態では、心理的な効果が全く違います。是非、ここで一手間を惜しむことなく目隠しプレイに挑戦してみてくださいね!



おわりに

スローピストンを試す時は、彼と一緒に調節しながらより気持ちいいと思えるセックスのやり方を見つけるのがベスト。ですが、騎乗位なら動きを自分で調節できるので気軽と言えば気軽です。

とりあえずまだ見ぬ快感を知ってみたい…!という事なら女性上位の体位でトライしてみてもいいですね。

Pocket