男がハマる「トビウオ女」何度でもシたい!と思わせる魔性の特徴5つ

「トビウオ女」ってご存知ですか?ベッドに仰向けに横たわったら最後、されるがまま動かない…いわゆる「マグロ女」と呼ばれるタイプとは正反対の、男ウケ抜群な女性のことです。

男性に「何度でも抱きたい…!」と思わせる魔性の特徴とは、いったい!?彼を喜ばせたい、そして自分のセックスにハマらせたいアナタ…必見です!

1.表情・喘ぎ声・体の反応がわかりやすい

何をしても反応が薄く男性をガッカリさせるマグロと違って、トビウオ女は表現力が豊かです。表情、喘ぎ声、体の動きでわかりやすい反応を返します。

これが、見ていて飽きない…と言うより、「もっと感じさせたい」「どんな反応が返ってくるんだろう」と、興味・探求心を煽るんですね。男性心理をくすぐられて、彼らは自然に夢中になるワケです。

体に触れれば吐息が漏れる。目を閉じて気持ち良さそうな顔をする。愛撫すれば声が漏れて、体がピクンピクン…と反応する。打てば響くトビウオ女とのセックスは間違いなく楽しいです。「自分がこんな風に(気持ち良く)させてる」とわかりますからね。

男性はチャンスがあればエッチな事をしたい生き物ですが、女体を触れて穴に入れられれば満足…じゃありません。やっぱり「気持ち良くさせた」「喜んでもらえた」という実感は欲しいものです。

心理的にも気持ちいい感覚が得られるトビウオ女のセックスが人気を集めるワケですね。

2.感度がいい

まな板の上のマグロと、トビウオ…イキの良さが全然違いそうですよね(笑)。そのイメージ通り、実際に感度がいいこともトビウオ女の特徴です。「反応がわかりやすい」というのと微妙に似ていますが、最悪、喘ぎ声がなくても感度が良ければ男性は夢中になります。

たとえ無言でも体はビクンビクン跳ねますし、ギュッと力が入ったり、ガクガク揺れたり、オーガズムを迎えたり…と男を燃えさせるセックスの要素をたっぷり持っているからです。(もちろん、これで喘ぎ声があれば最高なのに…!と思う人が多いですが)

また、感度が良ければ乳首がピン!と勃起してエッチな見た目になったり、アソコが大洪水になったりと、自分ではコントロールできない体の反応も自然に起こります。カラダはエッチで素直…っていかにも男好きしそうですよね。

ちなみに、「あの体に触りたい」「また抱きたい…」と男共をモンモンとさせる中毒性は実はちょっとしたコツで手に入るので、アナタも試してみて!

いきにくい女と「すぐイク女」の違いって!?



3.自分でも腰を振ってくれる

トビウオ女という名前にピッタリの、忘れてはいけない特徴があります。それはズバリ腰使い。マグロじゃない女性はセックス中に自然に腰を使えているんです。

男性目線で具体的に言うと、体位にかかわらず、女性が自分から動いてくれるターンがある。中を突くリズムに合わせて腰を振ってくれる…などです。

男性がこの特徴を魅力的に感じる理由は3つ。

1つ目は積極的な姿勢が嬉しいから。「自分だけがシてるんじゃない。彼女もセックスを楽しんでる」と思えたら、心が繋がっている気がしてやっぱり嬉しいんですね。

2つ目はエロさ。マグロになってただ受け入れているだけの女性と、自分から腰を振るトビウオ女はエロさのレベルが徹底的に違います。

3つ目は、体力を消耗する度合い。射精するためとはいえ、自分だけが動き続けるのはしんどく、虚しいもの。女性が攻めてくれるターンがあれば、バランスが良くなって気持ち良くフィニッシュまで辿り着けるワケですね。

「自分から腰を振る女」…男性の反応は!?

騎乗位の練習方法

4.腰の使い方がエロい

喘ぎ声、表情、おっぱい・アソコの見た目…男性がセックス中に興奮する要素はいくつかありますが、その中でも彼らが夢中になるトビウオ女の特徴は、腰使いがエロいこと。

体全体でユサユサ動くんじゃなく、腰だけ使ってクネクネ、ウネウネ動けるかがポイントです。男性はこのイキの良さに「エロい…!」と興奮するんですね。さらに言えば、「動ける」だけじゃなく、雰囲気や表情で本気で気持ち良くなってる!とわかる事も大切です。

女性のエッチな腰使いを楽しめる体位と言えば…やっぱり騎乗位ですね。男性の上で、中に入っているペニスに感じながらウネウネ腰を動かす女性…女の目から見てもセクシーでドキドキしますよね。

とは言え、彼らは結局どんな体位でも女性が腰をくねらせる光景には興奮します。バックで自分からお尻を押し付けてくる女性にはたまらなくなりますし、正常位で腰を突き上げられたら一瞬で沸騰します。体位別の腰使いができるトビウオ女を目指したいですね!

5.積極的に仕掛けてきてくれる

横たわって受身に徹するマグロタイプとは正反対。トビウオ女は彼にも気持ち良くなってもらうために自分から動いて仕掛けます。「セックスは男がリードするもの」という考え方に縛られないからこその行動、とも言えますね。

男性はマグロな女性に対して「まるでダッチワイフ(ラブドール=人形)とシてるみたい…」と冷めざるを得ません。だって相手は横たわってるだけですから。喘ぎ声を出していても、ただ喘いでいるだけではすぐに新鮮味もなくなって飽きてしまいます。

それに対して、セックスへの好奇心・向上心があるトビウオ女は隙があれば彼の性感帯を責めたり、自分から乗っかって襲ったりすることもあります。ラブタイムを一緒に楽しめるだけでなく、求められていると実感できる…これで喜ばない男性はいません。

まさに心も体もちゃんと通じ合ったセックスができるワケです。当然、終わった後の満足度もかなり高くなります。男性が自然とトビウオ女にハマってしまう理由ですね。

気持ちいい愛撫ってどうやるの?

男が悶えるペニスの性感帯

おわりに

マグロvsトビウオで男性にアンケートを取れば、100%トビウオ女が勝ちます。でもよく考えるとこれって自然な事だと思いませんか?恋愛もセックスも、コミュニケーション能力が高いほうが一緒にいて刺激的で楽しいですもんね。

Pocket