オナニーが多いとどうなる?ひとりエッチが与えてくれる効果5コ!


時間があるとき、手持ち無沙汰なとき、ついついオナニーをしてしまう…ひとりエッチって気持ちいいし丁度良い暇つぶしにもなりますよね。

気がつけば習慣になっていたり一日に何回もしていたり、ときには「あれ?ちょっと回数多い?」と思うこともあるのでは?

ひとりエッチはあなたの身体や心にどのような影響を与えているのでしょうか。実はオナニーにはメリットがたくさん。今回は自慰行為の効果を紹介します。


1.リラックスできる

ひとりエッチをしたあとにうとうとと眠くなることはありませんか?

ひとりエッチによって得られる心地よい快感には不思議な安心感がありますよね。

実は自慰行為には副交感神経を優位にする作用があるのです。

副交感神経は人間の持つ自律神経のひとつで、良い睡眠やリラックスを司るもの。

オナニーのほかに副交感神経を優位にさせる行為としては、入浴やアロマ、深呼吸などが挙げられます。

どれも気持ちを落ち着かせる効果がありますよね。

つまり、自慰行為にはそれらと同じようなリラックス効果が期待できるのです。

不安解消やリラックス効果のあるオナニーは睡眠導入剤としても優秀です。

ベッドに入ってもなかなか眠れないとき、ひとりエッチをすることで高い安眠効果が望めるでしょう。

多いのではないかと心配せずに、夜眠る前の習慣にしても良いかもしれません。

2.ストレス発散になる

なんとなく気持ちが晴れないとき、オナニーをすることですっきりと晴れやかな気分になることはありませんか?

実は自慰行為はストレス発散にもぴったりなのです。

人がオーガズムを迎えるとき、脳内に快楽物質と呼ばれるドーパミンとオキシトシンが放出されます。

これらは私たちに快感をもたらしますが、同時にストレスの解消にも作用するのです。

ひとりエッチでイッたあとのすっきりとした気持ちには、このようなメカニズムが隠されていたのですね。

ストレス社会と呼ばれる現代。ストレスを上手に解消することは毎日を快適に過ごす上で必要不可欠なスキルです。

運動をしたりお酒を飲んだり、様々なストレス解消の手段がありますが、ひとりでお金をかけず手軽にできるひとりエッチはとても優秀なストレス解消法といえるでしょう。



3.自分の身体を知ることができる

オナニーは自分の性感帯を刺激する行為です。

ひとりエッチをするとき、自然に自分の一番感じる部分を触っていますよね。

ひとりですることで、自分がどこで感じることができるのか、逆に感じないところはどこなのか、知ることができます。

さらにそれだけでなく、新たな性感帯を見つけることもできるのです。いわゆる「開発」ですね。

例えば、クリトリスや乳首は感じる女性も多いですが、膣では感じないという人もいます。

Gスポットやボルチオなど、膣の中で性感帯と呼ばれる場所もありますが、意識しないとなかなか刺激することもないですよね。

そこで意識的に刺激する範囲を広げてみることにより、感じる部分を広げることができるのです。

性感帯が広がればより深い快感を得ることができますし、自分の身体について「ここをこうすれば気持ちいい」と把握することは、オナニーだけでなくセックスにおいてもより満足を得やすくなるといえます。

4.イキやすくなる

セックスは二人以上でする行為ですので、どうしても自分以外の誰かのことも気にしなければなりません。

そうなると自分の快感だけに集中するわけにはいきませんよね。

女性のオーガズムは男性と違い視覚的にはわかりにくいので、イクという感覚がわからない、イッたことがないという女性も多いです。

その点、ひとりだけでするオナニーは、自分の感覚だけに集中することができます。

なんとなく、彼がイッたらおしまいになりがちなセックスと違い、はじまりもおわりもすべて自分のタイミング。

とことん自分の快感を追求することができるのです。

繰り返しひとりですることで「イク」感覚をつかむことができますし、感覚をつかむことでオーガズムをコントロールしやすくなります。

オナニーが多いと刺激に慣れてイキにくくなるともいいますが、決してそのようなことはなく、むしろ身体が刺激に慣れることでよりイキやすい身体をつくることができるのです。

5.セックスが楽しくなる

オナニーをすることが多ければ多いほど快感を得ることに慣れていきます。

快感に慣れることで、感じやすい身体になりますし、何より快感を得ることに対して前向きになることができます。

オナニーやセックスに対して、恥ずかしさや後ろめたさなどのネガティブな感情を抱いていると、行為に集中しにくく、気持ちよくなることが難しくなってしまいます。

十分な快感を得られない行為は楽しさも半減です。

自らの快感を自覚し肯定することは、セックスにおいてもとても大事なこと。

どうせならとことん気持ちの良いセックスができたほうが楽しいですよね。

気持ちいいセックスには「気持ちよくなりたい」という積極的な気持ちが不可欠です。

ひとりエッチで培った快感への貪欲さがより楽しいセックスを導いてくれるでしょう。

おわりに

いかがでしたか?

ついついたくさんしてしまうオナニーですが、実はメリットも多いのです。

オナニーをすることが多いことで受ける恩恵もたくさん。「回数が多いとよくないのでは」なんて心配する必要はありません!

充実した毎日のために多いかどうかなんて気にせずに、これからも好きなだけひとりエッチをしていきましょう!

Pocket