もっと愛して!旦那とセックスレス予防!エッチの回数を増やす8方法

旦那さんとセックスする回数が減ると、「もしかしてこのままセックスレスになっちゃうんじゃ…」とすごく不安になりますよね?

今のうちにしっかり対策を打って、悪い流れを止めたいと思っているのでは?

そんなあなたに、セックスレスを予防して、いつまでもラブラブな夫婦でいられる方法をご紹介します。


1.彼の性欲にできるだけ応える

セックスレスを予防するには、旦那さんにセックスに対していいイメージを持ってもらうことが大切です。

「セックスは自分の性欲を満たしてくれるもの」「気持ちよくて最高に幸せなもの」と思ってもらえれば、この先もしつこいくらいにあなたを求めてきます。

なので、旦那さんがセックスしたがったら、できるだけ彼の気持ちに応えてあげるようにしましょう。

でも、どうしてもあなたの方が無理なときだってありますよね?

そんなときには、「すごくしたいけど、今日は体調が悪くて」「元気になったら絶対しよ!」と、丁寧に謝りましょう。

抱かれたい気持ちがちゃんとあることを伝えるのが、夫婦のセックスレスの予防になります。

嫌そうに断ると、「オレとセックスしたくないんだ」と旦那さんに勘違いされてしまうんです。次から彼が誘いづらくなって、セックスレスの原因になりますので、注意しましょう。

2.断られても許してあげる

もし断られてしまったら「そんなときもあるよね」と優しく許してあげる余裕を見せるのが、レス予防には大切。彼がほっとして、「今度元気なときに、自分から誘おう」と思ってくれますよ。

あなたの性欲に合わせてもらおうとして、旦那さんにセックスを強要するのはNG。「セックスは夫婦の義務」「仕方なくするめんどくさいもの」と、悪いイメージを持ってしまうからです。

特に、断った彼を責めるのは、絶対にダメ!プレッシャーになって、余計にセックスが嫌になってしまいます。

旦那さんに「疲れている」と断られたら、彼にマッサージしてあげるのがオススメです。あなたの愛情を感じてもらえますよ。それに、スキンシップの気持ちよさを実感してもらえます。

「もっと触れ合いたい」と彼に思ってもらえて、セックスレスの予防に効果的なんです。



3.セックスの後は満足そうにする

旦那さんのプレイに不満があっても、文句をつけたり不満気にすると、セックスレスになりやすくなります。

彼が男としての自信を失くして、やる気が起きなくなってしまうんです。

なので、旦那さんとのセックスの後には、できるだけ幸せそうに振舞いましょう。

彼が「あなたをプレイで満足させられた」という自信を持つことができます。

そうすれば、「やってよかった」「またしたい」と思ってもらえて、セックスレスの予防になるんです。

ピロートークのときには、「気持ちよかった」「幸せ」と、ポジティブな言葉を伝えましょう。

もし、どうしてもプレイの不満を伝えたいときには、細心の注意が必要。

彼のプライドを傷つけないように、言葉と言い方に気をつけるのが、レス予防には大切です。

4.新しいプレイを取り入れる

結婚生活が長い夫婦は、マンネリしやすいもの。パートナーとのセックスに飽きると、セックス自体がつまらなくなって、セックスレスになる危険が高まります。

それを予防するには、いつも新鮮な気持ちでセックスできることが大切。なので、ふたりのセックスに新しいプレイを取り入れてみましょう。

例えば、ソフトSMをしてみる。コスプレをしてみる。やったことがない体位をしてみる。ベッド以外の場所でしてみる。などなど。

アイディア次第で、長い付き合いの旦那さんにも、驚きとトキメキを与えられます。

いつまでも期待してもらえる妻でいられるので、セックスレスの予防になりますよ。

5.キスやハグをたくさんする

いつもコマメに愛情表現することが、セックスレス予防には大切なんです。

そうすれば、いつまでも恋人気分でいられるので、旦那さんはあなたを性的対象と思い続けることができるんですよ。

夫婦になると、相手がいてくれることが当たり前になってきますよね。ありがたみがなくなって、普段から改めて愛情表現しなくなるんです。

そうすると、「カップル」というより「共同生活者」みたいな感覚になってしまいます。セックスする雰囲気になりにくくなって、セックスレスの危険が高まります。

でも普段から愛情表現し合っていれば、お互いの愛情を信じられます。

セックスの回数や頻度にこだわらなくなるので、「セックスレスになったらどうしよう」という不安や、「セックスしなくちゃ」というプレッシャーを感じないんですよ。

その方が、セックスに対してネガティブな感情が湧きにくくなるので、セックスレスの予防になるんです。

あいさつ代わりのキスや、感謝を込めたハグ。普段から、そんな夫婦の愛情表現を習慣にするといいですよ。

6.名前で呼び合う

子供がいる夫婦なら、お互いのことを「パパ・ママ」とか「お父さん・お母さん」と呼び合っているカップルもいるはず。

でも、いつでもそう呼び合うのは、セックスレスの原因につながるんですよ。

そんなふうに呼び合っていると、「カップル」というより「子育てチーム」になってしまって、セクシーな気持ちが起きにくくなるんです。いざベッドでふたりっきりになっても、子供のことを忘れられません。

セックスは自分たちが主役。子供がいることを忘れて、ふたりっきりのカップルに戻れることが、夫婦のセックスには大切なんです。

そのためには、普段から名前で呼び合うといいでしょう。そうすれば、お互いを性的対象と思い続けられるので、セックスレス予防になるんです。

子供や人前で名前で呼び合うのは、今更恥ずかしい。

そんなあなたは、子供や人前では、「パパ・ママ」と呼び合って、ふたりっきりになったときだけは名前で呼び合うようにする、というやり方でもレス予防になりますよ。

7.家でもかわいい服装をする

「いつも一緒にいるし、日常生活を全部見せ合っている」「気を許したパートナーだから、どんな姿を見られても恥ずかしくない」「旦那もいつも家ではひどい格好だし、お互い様」

そんな場合でも、あなたが身だしなみに気を遣わなくなったら、セックスレスの危険性あり

いくら信頼し合っている夫婦といっても、旦那さんがあなたを女として見れなくなってしまうんです。

もちろん、家でも気合い100%のデート服でいる必要はありません。

でも、セックスレスを予防するなら、女性らしいかわいさを失わない服装をすることが大切です。

パジャマや部屋着でも、セクシーなものやかわいいものはたくさんあります。ワンピーススタイルの部屋着ならフェミニンだし、カラダを締め付けないのでリラックスすることもできますよ。

スッピンとメイク顔にギャップがあるあなたは、お家で薄化粧するのもアリ。外出用メイクのように時間をかける必要はありません。

気になるポイントをササッとカバーするだけで、旦那さんから「お、家でもきれい」と思ってもらえますよ。

8.たまに1人で夜遊びする

あなたがいつも家にいると、「結婚してるし、誰かに取られる心配なし」と旦那さんが思ってしまいます。あなたの存在にあぐらをかき始めてしまうんです。

女性としてのあなたに、ありがたみを感じなくなってしまうんですよ。そうするとあなたを求める欲求が弱まって、セックスレスになりやすくなるんです。

男は追いかけたい習性があります。「誰かに取られるかも」と心配させられると燃えてきて、相手を求める気持ちが強まります。

なので、たまには旦那さんをおいて、1人で夜遊びしましょう。

そうすれば、「ちょっとほったらかしでも大丈夫なヨメ」から「相手をしないと誰かに取られるかもしれない、魅力的な妻」になれます。

彼があなたに性的関心を向け続けるので、セックスレスの予防に効果的なんです。

旦那さんが家にいる時間に、あえて遊びに行くのがポイント。彼がいない時間だと、心配をかけられません。心配をかけるのが目的なので、彼にあなたの不在を実感してもらえるようにしましょう。

キレイにオシャレして、女友達とディナー。ひとりで飲みに行くのもアリ。子供は旦那さんや実家に預けたり、ベビーシッターさんや託児所に預けましょう。

独身気分で1人の時間を楽しめば、セックスレス予防に効果大です。

おわりに

夫婦のセックスレス予防には、旦那さんにセックスに対していいイメージを持ってもらうこと、いつまでも恋人気分を忘れないことが大切なんです。

一度セックスレスに突入しちゃうと、元通りセックスする関係に戻すのが大変になります。今のうちに予防を心がけて、今回ご紹介した方法を試してみて下さいね。

Pocket