イキすぎ注意!気持ちいい「クリの触り方」セルフで感じる愛撫5つ!

kuri-sawarikata

クリで気持ち良くなってみたいのに、触り方がわからない。触ってもあんまり良くない。というアナタ。「私はこういうクリトリスなんだ…」と諦めないでください!

今からご紹介するやり方の中にきっと、気持ちいい!と思える方法があるはずです。“イク”という未知の感覚もすぐそこかもしれませんよ…!

下着の上から触る方法

1.タテにこする

男性よりも皮膚が薄い女性は肌表面からも快感を得ることができます。だから布越しの刺激でも充分気持ち良くなれるんですね。特にクリは多くの神経が集まっていてかなり敏感。下着の上からこするくらいがちょうどいい!と感じる女性も少なくありません。

中指の先で、割れ目~クリトリスまでを何回もタテになぞって刺激してみましょう。ムズムズするような快感がありませんか?じんわり気持ちいいな~と思いながら何回かこすっていると、だんだんクリが勃起してポコンとしてくるはず。

勃起した後のクリは敏感度が増しているので直接触ると痛みを感じる可能性がありますが、布越しなら指先で引っかく…といったちょっと強めの触り方でも大丈夫なはずです。カリカリ…と引っかいたり、優しくさすったり、色んなやり方を混ぜてみてください。

特に、直接触るとクリが痛い、違和感があるだけ…という女性にはこのやり方からのスタートがオススメですよ!

2.横にこする

タテではなく横にこするのも触り方の一つ。好みにもよりますが、タテになぞるやり方よりももう少しソフトな刺激になります。さらに、指1本よりも2本を揃えてこすった方が刺激が弱くなりますよ。

ちなみに、多くの女性のクリは皮を被って奥まった場所に隠れているので、下着越し+横にこする触り方ではピンポイントで刺激できないかもしれません。お股を開き気味にするとちょうどいい感じになるので、調節してみてくださいね。

直接触る方法

1.指の腹で円を描くように捏ねる

直接クリに触った時にタテや真横に擦ると、勃起して硬くなったクリをコリコリッ…と潰すような感じになります。これだと「刺激が強すぎる」と感じる女性が多いので、オススメするのは中指、薬指の腹を使って円を描くようにこねくり回す触り方。

指は1本よりも2本の方がソフトタッチになりますよ。膨らんだクリトリスを指先だけで刺激するのではなく、第二関節くらいまで広く使ってください。ちょっとだけ力を込めて、周りの皮膚(大陰唇や小陰唇)を一緒に捏ねるようにします。

実はクリトリスの神経って上や奥、小陰唇にも伸びているので、周りを一緒に刺激してあげると気持ち良くなりやすいんですね。

ちなみに乾いた状態で触るより、愛液をすくったりローションを使ったりヌルヌルした状態で触ると快感がUPしますよ!直接触ってクルクル捏ねる時は摩擦でヒリつきやすいので、ニュルンッと手が滑るくらいにしてから触ってくださいね。

2.指先を当てたまま振動させる

クリに触ったら、少しずつ指先の位置をずらしながら軽く圧迫して、「どこを」「どれくらいの強さ」で押されると気持ちいいのかを探します。これが意外と奥が深いんですよ。

なぜかと言うと、クリにも上部、真ん中、下部、右側、左側…と場所があって、どこを触るかによって快感が全く違ってくるからです。しかも指先、指の腹…と指のどこで刺激するかでも変わるんですよ。

なんとなく気持ちいいかも?という場所が見つかったら、その位置から指を動かさないまま、押し付けたり引いたりする動きをして振動を送ります。

どれくらいの感覚で揺さぶるとイキやすいかは人によりますが、だいたいの目安は1秒間に2~3回、押す+引くを繰り返すくらいでしょう。女性の場合、お気に入りの触り方で一定のリズム刺激を続けていくと集中が高まるのでイキやすくなりますよ。

3.皮を剥いてトントン…とソフトタッチ

クリを覆っている包皮の状態によっては、どんなに皮の上から刺激してもイマイチ気持ち良くない場合があります。そこでご紹介するのはより刺激が強い触り方。

まずは皮を剥いてクリを露出させます。割れ目の上の方をそれぞれ左右に斜め上に引っ張ると、ポコンとしたピンク色の膨らみが見えるはず。これがクリトリスです。こうやって皮を剥いた状態で触っていきます。

痛みを感じないように、初めは優しくタッチ→離す…を繰り返してみてください。愛液かローションでヌルヌルにしておくのがコツですよ。扱い方がわかってきたら、トントン…と一定のリズムで刺激を送ります。もちろんすでにご紹介した触り方をしてもOKです。

自分の気持ちいい触り方がわかれば一人エッチでイける段階に1歩近付きます。さらに、同じやり方で挿入中にクリを触る事で彼とのエッチでもイける確率UP!色んな触り方を試してお気に入りの方法を見つけ出してくださいね。



おわりに

いかがでしたか?気持ちいい触り方を見つけたら、そのリズムのまま刺激を続けるのがイくコツ。女性がイクためには平均して20分の刺激が必要と言われているんです。

興奮状態を保ちつつ、ひたすら同じリズムで同じ刺激を繰り返してください。「あっなんか来る!」というイク瞬間がフッと訪れるはずですよ。

Pocket