元彼が忘れられないけど結婚ってアリ?貴女が今考えておくべき事5つ

motokaregawasurerarenai

「結婚しよう」そう言われて嫌な気がする人って、中々いないのではないでしょうか?しかしそう言われたり、お互いがこの先を意識したりし始めた時“忘れられない元彼”がいたらどうでしょう?

その瞬間元彼の顔が頭に浮かんだ経験がある女性は、意外と多いものです。そう!その思いあなただけが思っていることではないのです。

ではその女性達はどうやって、結婚を決めたor止めたのでしょう?今回は元カレが忘れられない時の結婚は、アリかナシか?についてお届けします。

1.自分にとっての結婚、家族とは何か?

まず自分にとっての結婚とは何かを考えてみましょう。あなたの年齢にもよりますが、結婚するパートナーは人生の大半、若しくはそれ以上を一緒に過ごすことになる相手です。

その相手に何を求めるか?この求めるものが、元彼が忘れられないけど結婚ってアリかナシかの基準となってきます。

あなたにとっての人生のパートナーって何ですか?恋人はお互いが良ければいい点が多いですが、家族になるとなれば相手の金銭状況、家事による関心度をはじめ沢山のことが関係してきますよね。

「好き」と言う気持ちだけではできないのが結婚です。人生のパートナーに愛し合う感情を求めるのか?良き父親を求めるのか?安定した生活を求めるのか?

例えば元彼の方が好きだけど、今彼の方がいいお父さんになってくれると思えば、元カレが忘れられないけど結婚はアリということです。あなたにとっての人生のパートナーとは?胸に手を当てて考えてみましょう。

2.旦那への隠し事に罪悪感がないか?

元カレが忘れられない気持ちがあるということは、旦那に1つ“隠し事がある”ということともとらえられます。

ばれた時どうこうではなくて、あなたの心の中での罪悪感はどうでしょうか?あなたが旦那になる相手に話さなければ、ばれることはないでしょう。

しかし、あなたが“元彼のことを忘れられない気持ち”に対する罪悪感を持ち続けるのであれば、今ぼ彼とのことはもう一度考えた方がいいでしょう。

元彼のことが忘れられないけど、それはそれ、これはこれと自分の中で割り切れるのであれば、その結婚に問題はないかと思います。



3.元カレに復縁を迫られた時断れるか?

元彼が憧れの人であれば、今彼と比べた時に割り切れる方も多いと思います。元彼のことは好きだし忘れられないけれど、家族になれる相手ではないと思っていたり、好きだけど一緒にいると、すごく辛い思いをすることが分かっていたりと言う場合です。

こういう場合今後元彼に迫られても、よりを戻すことはないという確信がある方も多いことでしょう。問題なのは復縁を迫られた時、断る自信がないパターンの時です。

復縁を迫られた時、彼に乗りかえてしまうかもしれないそう思っている方は、今は人生のパートナーを決める時期ではないということかもしれませんね。

4.今の彼に元カレに勝る何かがあるか?

今の彼には、元彼に勝る何かがありますか?冒頭でもお話しした話とも繋がりますが、元彼より長けている点がないのに今の彼を人生のパートナーにするということは、完全に妥協です。

人生のパートナーを決めるには、ある程度の妥協も必要です。自分が求めるすべてを叶えてくれる相手なんて、この世の中にいないといっても過言ではありません。

しかしその妥協案がどの位の妥協かはとても重要な話です。妥協しすぎると失敗してしまうことが多いからです。

彼らを比べた時に、今彼の方が優っている点はどのくらいありますか?その勝っているポイントが多かったり、人生のパートナーに欠かせない条件がとても長けていたりするならば、妥協案で結婚するのも悪いことではありません。

5.元カレと同じ様に彼を愛せているか?

妥協案とは言え、今の彼を大切に思う気持ちってどのくらいでしょう?愛の形にはいろいろな形があります。胸がドキドキする愛もありますし、相手からの気持ちを心地よく感じ、それを返そうとする気持ちだって愛です。

どんな形であれ、損得ではなく今の彼を思えているならば、元彼と比べる必要性はないということです。彼へ対する気持ちは“愛”ですか?

今彼に対する気持ちがお金や権力に対するものだったり、愛はないけど結婚しなければならなかったりする場合もあるでしょう。。

しかし、今あなたが自分の意思で選択できるのならば、元彼を忘れられない気持ちと共に、再度自分の気持ちを考えてみましょう。今の彼を思う気持ちが“愛”でないなら人生のパートナーとするべきではないのです。

おわりに

今後の長い人生を決める上で、結婚はとても大きな決断ですよね。あなたが今までの付き合ってきた人と、比べてしまうのも当然のことです。

しかし忘れられない相手がいるとなれば悩みますよね。しかし「どうしたらいいかわからない…」と思っていても大丈夫です。

今あなたが出した答えが正解なのです。間違いはありません。今回の項目を元に、自信をもって決断してくださいね。

Pocket