やっぱムリ…性行為が怖い!セックスへの恐怖心を克服する8方法!

性行為って怖いですよね。ふたりの体の一部を合わせるなんて、どんな感覚か想像もしにくいことだと思います。

それに、ちゃんと避妊しなければ妊娠の可能性があったり、性病の危険も怖かったり。

でも、体の関係を求められるのは避けられません。彼に待ってもらったとしても、いつまで待ってくれるのかわかりませんよね…。

今回はそんな性行為が怖いあなたに、恐怖心の克服方法をご紹介します。


1.恐怖心を彼氏に打ち明ける

彼氏に「セックスが怖い」というのは、ガッカリさせて嫌われるんじゃないかと不安になりますよね?

でも彼氏にハッキリ気持ちを打ち明けないと、彼氏は「あなたの心の準備ができるのはもうすぐだ」と期待してしまいます。

彼氏に「今か今か」と待たれている方が、あなたにとってプレッシャーになって、余計恐怖心が大きくなっちゃいますよ

なので素直に性行為への恐怖心を打ち明けた方が、気持ちが楽になるんです。

それに、性行為を「怖い」と感じるのは繊細な証拠。彼氏は、そんな繊細さも含めてあなたのことが好きなはず。

あなたがセックスに恐怖心があると知ったら、彼氏はちょっと驚くかもしれません。でも、あなたを好きなら、絶対責めたりしないはず。

セックスが怖いと思うようになったキッカケがあるなら、それも一緒に打ち明けると、ちゃんと向き合ってくれますよ。

2.彼とキスやハグをたくさんする

あなたは愛情表現の中で、性行為だけが特別で怖いと感じているかもしれませんね。でも、性行為も他の愛情表現の延長線上にあるんですよ。

相手を愛しているから、相手のカラダを触りたいという欲求が湧くんです。それは、キスやハグと同じです。

もちろん女性は、初体験のときに痛みを伴うので、キスやハグより怖いですよね。

でも、カラダが慣れてくると、セックスでしか味わえない快感を得られます。それに、好きな男性を満足させられたら、とても幸せな気持ちになれるんですよ。

でも、キスやハグにもまだドキドキなら、その先のセックスを受け止める自信が湧かないですよね。なので、まずはセックス以外の愛情表現を、彼と自然に交わせるようになりましょう。

キスやハグをたくさんすれば、そのうち慣れて、リラックスしながらできるようになります。そうすれば少しずつ濃厚なキスやハグもできるようになりますよ。

それにも慣れてくれば、「もっと強い愛情表現ができるかも」「セックスもできるかも」という自信があなたについてくるでしょう。



3.かわいい動物の交尾映像を観る

性行為は動物として自然な行為。でも人間は他の動物より頭が良いいせいか、性行為に特別な意味を持たせてしまっているんです…。

特にAVなどのエッチなコンテンツは、いやらしさを追求しすぎ!なので、女性にとっては「怖い!」と感じる描写もたくさんありますよね。そのせいで、セックスのイメージが歪んでしまっていませんか?

でも、本来のセックスはいやらしいものではなく、とてもナチュラルな行為。性欲があることも、動物としての自然現象なんです。

動物の交尾映像を観ると、そんな性行為の自然なイメージを取り戻せますよ。体の一部を合体させるシーンも、冷静な気持ちで眺めることができるんです。

性行為を「怖い」と感じるあなたなら、かわいい動物の映像にすると、もっと受け止めやすいですよ。リス、ウサギ、猫あたりがかわいい(笑)のでオススメです。

一生懸命メスにしがみつく小動物のオス。小さな手や真剣な目が、なんだか愛おしくなるはず。彼氏を重ねて観たら、そんな愛おしさが彼にも湧いてきますよ。

4.R-18の洋画を観る

セックスが怖いあなたは、もしかして性行為についての情報をシャットアウトしてきたのでは?

性行為の知識が全然なく、イメージも定まっていないと、怖いのも当然。いきなり自分が主役になって、セックスに挑むのはもっと怖いはず。

なので、まずは映像でセックスシーンを観て、セックスを具体的にイメージするといいですよ。「セックスってこんなものか」と、慣れることもできるんです。

でも、AVは現実ではありえないプレイばかり。余計ひどいものだと勘違いしてしまいます。

R-18の映画なら、セックスシーンのある作品がたくさん見つかります。洋画を選べば、セックスシーンもオシャレでロマンチックな雰囲気に感じますよ。

日本映画だと、自分と同じ人種なので、リアルに感じすぎちゃうかも…。なのでまずは洋画にしましょう。舞台が外国で登場人物も外国人なので、自分とは切り離して観やすいんです。

純愛ものを選ぶのもポイント。性欲処理的なセックスではなく、愛情表現としてのセックスを描いていることが多いですよ。

それでも抵抗を感じるあなたは、R-15の映画から始めてみましょう。

5.彼氏に性病検査を受けてもらう

男性のカラダを受け入れるのって、かなり勇気が要ること。「そんなことして、ホントに大丈夫なの!?」「汚くないのかな…」って怖いですよね?

でも、性器や手を清潔にすれば、全然大丈夫。性行為の前にちゃんとお風呂で洗えばOKです。

それでも、「もし彼氏が性病にかかっていたら」「彼氏は経験者だから」って不安になって、性行為に踏み切れないなんてもこともあるでしょう。

そんな場合は、彼氏に事情を話して、性病検査を受けてもらいましょう。彼氏のカラダが健康で清潔だとお墨付きをもらったら、彼氏のカラダに対する抵抗も小さくなりますよ。

ただそのことを単刀直入に言ってしまうと、「汚いモノ」扱いしてるみたいでちょっと失礼かも。なので、理由を彼に丁寧に説明してくださいね。

それをすることであなたの恐怖心が小さくなるとわかったら、ちゃんと協力してくれるはずです。

最近は、自分で調べられる検査キットも売っていますよ。ネットで購入して、検体を郵送するタイプなので、気軽に検査できるものなのでオススメです。

6.アフターピルを処方してもらえる病院を探しておく

性行為が怖い理由が「妊娠の可能性があるから」というあなたには、避妊の方法がたくさんあることを知ってほしいです。

まず、生理周期を確認すると、だいたいの安全日がわかります。もっと正確に知りたいなら、基礎体温を毎日計るのがオススメ。男性にコンドームをつけてもらうのは、代表的な避妊ですよね。

それでも「コンドームが破れるかも…」「安全日の予想が外れるかも…」と不安なあなたには、アフターピルをおすすめします。

アフターピルは、避妊に失敗したときに、後から服用して妊娠を回避するもの。72時間以内に飲むと効果があるものがメジャーです。

万が一避妊に失敗したときでも対処法があると知っていたら、性行為に対する恐怖心が和らぎますよ。近所にアフターピルを処方してくれる病院を探しておくと、安心できます。

そうすれば「セックスしてもいいかな?」と恐怖心が薄れるかもしれません。

7.彼氏との関係を見直す

「性行為が怖い」と思っていても、もしかすると怖いのは性行為そのものではないかもしれません。相手が今の彼氏だから、抵抗を感じている可能性もあるんです。

相手が変わったら、意外と性行為への恐怖心がなくなるかもしれませんよ。今の彼氏のことを本当に愛しているか、男性として見られるか…、改めて考えてみましょう。

「セックスは怖いけど、男性がやりたがるから仕方なくやるもの」。そんなふうに思っていた女性でも、本当に好きな人と出会って処女を捧げたら、「意外とセックスって悪くない♡」と感じる人も多いんです。

8.セクシュアリティを見直す

性行為に恐怖心があるあなたは、怖いのは性行為そのものではなく、「男性とのセックスが怖い」という場合もあります。

もしかすると、女性とのセックスには全く抵抗を感じない=レズビアンかもしれませんよ。

彼氏とのセックスが怖くてどうしても踏み切れなかった…ということから、自分がレズビアンだったことに気づいた人もいるんですよ。

それに、恋愛関係にセックスを求めない「ノンセクシャル」の可能性だってあります。

「恋愛は異性とするもの」「恋人とはセックスするもの」という先入観を捨てて、一度自分のセクシュアリティを確かめるといいかも。

おわりに

性行為への恐怖心を克服するには、セックスへの悪いイメージを描きかえること、不安要素を取り除くことが大切です。

それに、あなた自身の気持ちに正直になることも大事ですよ。「怖い!」と感じているのに無理に彼氏に合わせようとすると、苦手意識が大きくなってしまうかも。

「やってみてもいいかも」と自然に思えるまで、ゆっくり心の準備をしましょう。

Pocket