ひとりエッチはローターばかり!使いすぎることのデメリット5個!

一度ひとりエッチでローターを使うようになると、やみつきになってしまいますよね。

あの振動が気持ちいいし、バイブよりもお手軽だし…気付けば毎回ひとりエッチで使っちゃってる!

そんな時、気になるのが使いすぎって良くないのかな?ということ。この記事では、ひとりエッチでローターを使いすぎることのデメリットをご紹介します。

このデメリットをふまえて、今後の使い方を考えてみて下さい!

1.感度が鈍る

ローターを使いすぎると、クリが感じにくくなってしまいます。一度あの振動に慣れてしまうと、感覚がマヒしてきます。

最初は気持ちいいのですが、次第にそれ以上の振動でないと感じなくなってしまうんです。

だんだんと振動を強くしていって、最後には一番強い振動にしないと感じない!とまでなってしまうかもしれません。

それだけでは満足できなくなって、電マにも手を出してしまう可能性もあります。

また、あの振動はすごく気持ちいいですが、指では決して出せないものです。

ですので、いざ指でひとりエッチをしようとしたら、全然気持ちよくない…ということにもなってしまいます。

感覚を戻すには、一度ひとりエッチでローターを使うのをやめて、指に戻していく必要があります。

指で感じるようになったらローターと併用してもいいですが、感覚が鈍るのが嫌!と思うのなら、くれぐれも使いすぎないようにして下さい。

2.中イキできなくなる

ひとりエッチでクリばかり刺激していると、中イキができなくなってしまいます。

ローターは指以上にクリを刺激するので、余計に中が感じない…ということになってしまうかもしれません。

中でイクには日頃からひとりエッチで中を刺激することも重要です。

元々女性で中イキできる人はほんの一握りです。

しかし中イキができるようになるとクリでイクよりも何倍もの快感を得ることができます。

中でイけるようになると、男性とのエッチもより楽しいものになります。

最初はローターで刺激しながら中に指を入れてみて、慣れてきたら指だけにしてみるなどして、中でも感じるようにトレーニングしてみて下さい。

3.男性とのエッチが不満になる

やはり使いすぎると、いざ男性とエッチするときに満足しなくなってしまいます

そもそも勝手がわかっているぶん、彼氏に触られるより自分の指で触ったほうが気持ちいいことが多いですよね。

ですので自分の指以上に気持ちいい刺激に慣れてしまうと、彼氏に触られても全く気持ちよくない…となる可能性があるのです。

彼の指よりローターの方がいいな…なんてエッチ中に思いたくありませんよね。

気持ちのよくないエッチはあなたにとっても苦痛ですし、それが原因で彼氏との関係が上手くいかなくなったら嫌ですよね。

彼氏がエッチでローターを使うのが好きな人であればいいかもしれませんが、やっぱり男性としては普段は自分の手で気持ちよくなってほしいというのが本音です。

4.ひとりエッチが作業になる

お手軽な分、使いすぎるとひとりエッチが作業となってしまいます。

ひとりエッチの時は、ただスイッチを押して、クリに当てるだけでいいので楽ですよね。

しかも指でするよりも短い時間でイケるので、エッチな想像をしなくてもイケてしまうかもしれません。

また、寝る前にひとりエッチをするとぐっすり眠れることが多いので、寝る前にちょっと…と習慣化していまう可能性があります。

そうすると、今日はあんまり気分が乗らないな、という時でもクセでひとりエッチをしてしまうようになります。

ひとりエッチの回数が多いことは問題ないのですが、エッチな気分でもないのにローターを当ててしまうようになると、もはや依存のようになってしまいます。

5.周りにバレる

家族や友人にバレる可能性があります。たくさん使っていると、取り出しやすいところに置きたくなっちゃいませんか?

最初はベッドの下の箱の中のそのまた箱の中…と厳重に保管しているのですが、だんだん取り出すのが面倒になってきて、隠し場所が甘くなってくるんです。

また、使いすぎて慣れてくると、少し気を抜いてしまって見えるところに置きっぱなしにしてしまうこともあるかもしれません。

そうすると、家族が部屋に入ってきたり、友人が遊びに来た時に、何気なく引き出しを開けられたらそこにはローターが…!と考えるとゾっとしますよね。

彼氏ができた時も、女の子がおもちゃを使うのは引く…みたいなタイプかもしれないことを考えると、なるべく最初は隠していたいものです。

おわりに

いかがでしたか?以上がローターを使いすぎることのデメリットです。

ローターを使って一人エッチすることは全く悪いことではありませんが、何事も使いすぎるとよくないことが出てきます。

これらのデメリットがあることもふまえて、今後の使い方を考えてみて下さい。

そして、もし使いすぎなのを直したいけど、もう戻れないかも…と思わないで下さい!

時間はかかりますが、根気強く続ければ、必ず指の刺激だけでも気持ちよくなれる体になれますよ。

セックス

(ライター/田岡 実歩)