どこが好き?男性のフェチ!彼らが夢中になる女体パーツ9箇所!

男性ってフェチが多いですよね?女性の肉体に並々ならぬこだわりを持っていたりします。

でも、女性からすると、自分のカラダは当たり前のもの。「なにがそんなにいいの?」って疑問になりますよね?

フェチの男性は女体のどんなところに魅力を感じているのでしょうか?パーツ別にご紹介します。


1.巨乳

男性はおっぱい好きだらけ。ただし、「大きなおっぱいが特に好き」「おっぱいは大きくないとダメ!」とこだわり始めると、フェチの領域に入ります。

男性の大きな手の平にも収まりきらない、溢れるような脂肪のかたまり。その大きくて柔らかい、夢のような触り心地が、巨乳の魅力なんです。

巨乳フェチは、そのかたまりを揉みしだきたい、顔を埋めてブルンブルン揺さぶられたい、と思っているんですよ。

もちろん、「見てるだけで幸せ」という巨乳好きもいます。迫力のある膨らみや、女性が動くたびにプルンと揺れるのを見ると、たまらなくエッチな気持ちになるんですよ。

それがもし、実際に巨乳女子とカラダの関係を持てたら、巨乳フェチは夢心地で昇天してしまう勢いです。

大きなおっぱいの間におちんちんをはさんでパイズリしてもらったり、挿入しているときにダイナミックに揺れるおっぱいを鑑賞したり。

そんな体験をしてしまったら最後、もう巨乳フェチから抜け出せなくなるそうです。

2.Aカップ

男性には巨乳好きが多いもの。でも、意外と「Aカップフェチ」も多かったりします。なぜかというと、「少女好き=ロリコン」が多いから。

胸が小さいと、カラダ全体が少女みたいな印象になります。ロリコン男性からすると、「処女っぽくてたまらない」「自分だけのものにできそう」と思えて、好みなんですよ。

それに、少女っぽいAカップの女性を抱くと、「なんか悪いことをしてるみたい」と男性は錯覚します。それがタブーを犯してるみたいで、Aカップ好きにとっては大興奮なんですよ。



3.お尻

プリッと上を向いている真ん丸のお尻は、若々しいエロさでいっぱい。お尻フェチの男性にとっては、むしゃぶりつきたくなっちゃうくらい魅力的なんですよ。

お尻の形は、男女で全然違います。女性のお尻は男性と比べて、大きくて丸いんです。カラダの中でも、女性らしさが出やすい部分なんですね。

お尻フェチにとってお尻は、女性の性的魅力が詰まったパーツ。おっぱいと同じくらい興奮するパーツなんですよ。

なでなでして丸みを確認したり、モミモミして弾力を堪能したり、いくら触っても飽きないんです。お尻を眺めていると、お尻に向かって掴みかかりたくなるくらいなんですよ。

4.脚

脚は、美しさに差が出るパーツ。顔と同じくらい、人によって違うんです。

そんな脚にこだわりのある男性は、面食いと同じ心理で脚を見ているんですよ。彼らが脚に求めるのは、「理想的な美しさ」なんです。

スラリと長い脚、細いのにマッチョ感がない脚、シルエットがパーフェクトな脚線美。モデルさんのように美脚だと、現実感がないくらいキレイに感じたり。

脚フェチは、そんな「理想の女神」みたいな脚が好きなんです。

女性の脚なので、男性ならもちろん触りたい気持ちもあります。でも脚好きとしては、どちらかと言うと眺めたい方が強いんですよ。理想的な美しさを舐めるように見て、感動のため息をつきたいんですね。

それに、美脚美女を自分のものにして、人に羨ましがられたい気持ちも大きいんですよ。女性の美脚には、男にとって勝利の証くらいの価値がある、と考えているんです。

5.足

足は、いつもは靴やソックスで隠しているので、お手入れを忘れがちなパーツ。それに、地面に接しているので、汚れやすいパーツでもあります。

油断しやすいところなので、女性の素の部分が見られるんですよ。足フェチの男性は、そこがたまらないんですね。

角質があったり、皮が剥けていたり、爪に汚れが溜まっていたり。ナチュラルな状態を見ると、彼らは興奮してしまうんです。

そんなキレイとは言えない足に顔を近づけたり、ニオイを嗅いだり、舐めたりすると、もっと大興奮。そんなふうにされて慌てる女性の反応も快感なんです。嫌がったり恥ずかしがったりされるのがたまらないんですね。

足フェチが進行すると、女性に顔を踏まれたい、足でペニスをしごいてほしい、という願望まで抱くんですよ。なので、ちょっとMっ気のある男性に多いんです。

6.手

手は、性別の違いが表れやすいパーツ。手フェチの男性は、女性の手が自分とは違ってとても女性らしいことに、ウットリするんですよ。

でも、手の女性らしさは、人それぞれで表れ方が違うんです。一言で「手フェチ」といっても、どんな手が好きかは男性によって違うんですよ。

ほっそりした手の魅力は、男が思わず「守ってあげたい」と思ってしまうか弱さはかなげな手つきが色っぽくて、ドキッとしてしまうんです。

ふっくらした手の魅力は、優しさがにじみ出ている柔らかさ。モチモチした手を触っているだけで、ほっこりできるんですよ。

7.二の腕

女性は筋肉が付きにくいので、細身の女性の二の腕は、とっても華奢。二の腕フェチの男は、そんな弱々しい二の腕が大好きなんです。

頼りなさそうな細い二の腕を見ると、「オレが守ってあげなきゃ」と思って、心を鷲掴みにされちゃうんですよ。

そんなとき二の腕フェチは、女性の二の腕を後ろから掴んで、自分の方に抱き寄せたい衝動に駆られるんです。

8.わき

わきは、フェチの男性にとって、性的なパーツ。なんとなく他人が見てはいけない部分のように感じて、興奮してしまうんですよ。

わきは、真夏やスポーツのときなど、限られたシチュエーションでしか、他人に見せないものです。それに放っておくと毛が生えるし、シワシワしてるので、できれば見られたくない部分だったり。

だからこそ、わきフェチは、余計見たくなるんです。見れたときには、特別感を感じてドキドキするんですよ。

わきが好きな人は、閉じているわきでも興奮できます。彼らにとっては、閉じたわきのシワが、女性の股間に見えてしまうんですよ。

そして、わき好きが進行すると、わき毛フェチになってしまう男性もいるんです。ムダ毛を処理する女性が多い中、あえてボーボーに毛を生やしたわき。そんなワイルドなわきが、陰毛の生えた性器のようにエッチな部分に見えて大興奮なんですよ。

9.へそ

へそはシワシワの穴。へそ好きの男性が見ると、それはとっても性的に見えちゃうんですよ。

へそフェチにとっては、へそは女性器に似ているんです。確かに、女性器も穴だし、シワシワですよね。

それに、へそは他人に触られるとくすぐったいから、あまり触らせない部分です。お手入れを忘れるとゴマがたまったりするので、夏場以外は人に見せない部分でもあります。

そんな特別感も、へそフェチにとってはたまらないんですよ。へそに指を突っ込んだり、舌先で舐めたりすると、とてもエッチな気分になるんです。

おわりに

男は、女性らしさを感じるパーツや、性的な想像をしてしまうパーツに、フェティシズムを感じるんですね。

女性も、男性のカラダの男らしさに、キュンとすることはありますよね?セクシーさを感じて、思わずエッチな妄想をしてしまったり。

男もそれと同じなんですよ。なので、女性のパーツに騒いでいる男子がいても、温かい目で見てあげましょう。

Pocket